どうも、ふっさんです。

 

僕はウェブマーケの会社を経営していて
ひとりの会社で1億以上稼いでいるのですが、

 

個人でやっているのもあって、
弱いビジネスが強くなったりとか、
小さなビジネスが大きくなる瞬間が好きです。

 

 

それでいうと、
今回はすごく良い事例を見つけたので
シェアしたいと思います。

 

それがこの動画

 

↓↓↓

 

 

↑↑↑

 

誰が作ったPVなのか・・・
嫉妬してしまうくらい素晴らしいPVです。

 

 

動画の中身は、ただのオタクで冴えない男が
サーフィンを続けていくなかで
どんどん海が似合っていくようになる

 

というシンプルなストーリーです。

 

 

シンプルですが、ストーリーの威力って強烈で、
人は「過程」を見せられると
テンションが上がってくるんですね。

 

 

で、テンションが上がって、
その瞬間に商品がオファーされると
感情に任せて商品を買おうかな?となるのです。

 

 

このPVでは、サーフィンが超楽しそうに見せていて、
しかも冴えないオタクがみるみるかっこよくなるので

 

「自分もサーフィンやったらかっこよくなれるかも?」

 

という印象を与えることができます。

 

このPR動画を通して
宮崎県を訪れた人が何十名かいるかもしれません。

 

 

 

このように、マーケティングをするなら
ストーリーの力を使っていくと強いです。

 

 

僕も、自分の辛かった過去を話したり
起業するなかで努力した経験を書いていますが、

 

あれは別に書きたいわけじゃなくて
そのストーリーを読んでくれた人の
テンションを上げたいからです。

 

ストーリーでテンションが上がれば
どんどん起業しようって思う人が増えるので、
僕は文章のなかにストーリーをたくさん入れています。

 

 

 

それでいうと、最近はベンチャー企業をリサーチしていて
週に10件以上はベンチャー企業の
プレゼンを観ているのですが、

 

 

やっぱり資金調達ができるプレゼンは
ストーリーがしっかり組み込まれています。

 

そのストーリーを応援したくなるから
投資家はお金を出したくなるのです。
(もちろん、ロジックも大事です)

 

 

 

あと、先日はアイドルのクラウドファンディングの
ページを作っていたのですが、
そこにもストーリーを盛り込みました。

 

 

どういう過去があって、
いまアイドル活動をしているのか?

 

をちょっと盛り込んだんですね。

 

ほんとそれだけで人の感情は動きますし、
クラウドファンディングが成功する可能性も上がります。

 

 

AKB48にあれだけ多くのファンがついたのは、
アイドルが努力してる過程を
コンテンツを通して送ったからです。

 

ストーリーがあるからこそファンが増え、
ライブステージに立った姿は
ストーリーも一緒に消化できるという価値提供になります。

 

 

 

コンテンツは一度作ってしまえば
日向夏のPVのように自動で集客ができるので、
少し力を入れて作ってもいいくらいでしょう。

 

いまはスマホでも撮影ができますし、
プロが使うようなカメラじゃなくても
クオリティの高い動画を作れます。

 

編集もフリーのアプリを使えば
動画を切り貼りするだけで作れてしまうし、

 

それこそ文章を使って表現すれば
無限のパターンのストーリーが作れます。

 

ストーリーを作るハードルは非常に軽くなっているんですね。

 

 

これをあらゆるサービスで展開すれば、
もっと産業が盛り上がると思ってます。

 

 

それこそ、地方に良い商品があれば、
今回のサーフィンのPVみたいにストーリーを作って公開して
予算が許す範囲で広告をまわすでも商品が売れていきます。

 

いまは全国に配送するコストが下がっているので、
地方にいながらウェブマーケを駆使すれば
ネットを通して商品が飛ぶように売れる状態を作れます。

 

そうやって商品が売れるようになったら
地方にとって非常に良いPRになるんですね。

 

 

それこそ、山口県の獺祭という日本酒は
いま日本中で飲まれているブランドなのですが、
実際に地方をすごく盛り上げてると思います。

 

地方が発信して商品が有名になれば
ファンが観光客として訪れるし、
地方で儲けて納税すれば地域の活性化にもなるでしょう。

 

 

それでいうとレッドブルという会社は
オーストリアのザルツブルグに本社があるのですが、

レッドブルが何千億を納税しているので
小さな街が急激に進化していったそうです。

 

(レッドブルについてはこっちでも書きました
レッドブルが世界で75億缶売れるマーケから学べること)

 

 

このように、ストーリーを作って、
商品を売って儲けることができれば
良い循環が起こっていきます。

 

そのためにはストーリーが大事なので、
ぜひ勉強してみてくださいね。

 

では!

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


▼メルマガの登録はコチラから▼



< 学べる内容 >

✔️ほったらかしでも月500万以上儲かる「自動化」の技術とは?

✔️半年以内に独立・起業し、かつ裕福に暮らすために必要な考え方とは?

✔️月2100万を達成したプロモーションの全貌とは?

✔️1日30人以上の新規リストがザクザク集まる集客戦略とは?

✔️ウェブマーケティングを飲食店やイベント集客にフル活用する方法とは?
etc・・・



もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)