どうも、ふっさんです。

 

 

僕はボタニストというシャンプーを
3年以上前から愛用しています。

 

↓これです。見たことある人も多いかなーと

 

 

 

デザインがシンプルでオシャレだし
なんとなく髪に合うので好きなのですが、

 

このまえ
ボタニストの会社が上場した
というニュースを見ました。

 

 

それでいろいろと会社を調べてみたところ、
ボタニストを販売している
I-NE(アイエヌイー)という会社は元々、
SEOコンサルティングの会社だったそうです。

 

 

もともとウェブマーケの会社が
シャンプーを開発して大ヒットし
結果上場したという意味でかなり勉強になるので、

 

今回はボタニストについて
マーケの戦略を分析していきますね。

 

 

BOTANISTのブランディング戦略

 

BOTANISTは普通のシャンプーと比べて
数百円ほど割高で販売されてます。

 

それでも愛用しているリピーターが多く、
ネット通販から全国に卸したときには
品切れを多発したくらい人気でした。

 

 

なんで高いのに売れるのか?というと、
その鍵はブランディングにあります。

 

 

ブランディングってめちゃくちゃ大事で、
ブランディングをすることによって

 

・高単価でも売れる
・交渉がしやすくなる
・口コミで広がりやすくなる

 

などの良い効果が得られます。

 

 

だからボタニストは、
まずは楽天市場で徹底的にシャンプーを売りました。

 

「徹底的に」っていうのは、
商品の質はもちろん販売ページを
何度もテストしまくって
商品が売れて良い評価が得られる土台を作ったんです。

 

そしたら楽天でじわじわ売れるようになり、
その評価を使って
次はインスタグラムを攻めていきました。

 

 

インスタグラムではシャンプーを
インフルエンサーに無償で渡したり、

 

あるいは広告費を支払って
じわじわと認知を高めていったそうです。

 

 

 

で、これはインフルエンサーマーケをするなら
ぜひ覚えておいて欲しいんですけど、

 

特定のジャンルのインフルエンサーが
まとめて同じものを使っていると
ブランドの価値が一気に上がります。

 

 

 

同じような事例でいうと、
たとえばいま情報発信者のあいだでは
「LSTEP」が人気なんですけど、

 

LINEを自動で配信するツールは
LSTEP以外にもたくさんあるのに、
なぜか多くの人がLSTEPを使っているんですよね。

 

それは、情報発信のインフルエンサーのなかで
LSTEPを使ってる人が多いからです。

 

 

この状態まで持っていくことができれば、
かなりブランディングとしては有利に立てます。

 

ブランディングを利用して全国展開

 

そしてある程度のブランディングが高まった状態では、
非常に交渉をしやすくなります。

 

シャンプーを全国展開するとなったら、
シャンプーをお店に置かせて欲しい、
と交渉する必要があるのですが、

 

 

ほとんどのお店は
どこの馬の骨ともわからないシャンプーを
自分のお店に並べたくないわけで、

 

それよりも熱狂的なファンがいる
良質なシャンプーをおきたいと思うのです。

 

 

ですが、すでに販売実績を持っているボタニストは
あらかじめブランドが揃っていたので、
すんなりと全国の店舗に受け入れられていきました。

 

なんなら、お店側が立派な棚を用意して
ぜひウチでボタニストを置かせて欲しい!
と言ってきたこともあるそうです。

 

 

 

同じような事例でいうと、
スターバックスでどの地域でも
めちゃくちゃ良い場所に店舗がありますよね。

 

なんでこんな一等地に店舗出せんの!?

 

と疑問に思ってたのですが、
あれって実は、テナント側がぜひスタバに来て欲しい
ということで逆オファーをするそうです。

 

スタバがあるだけで
そのショッピングモール全体の集客力が
グンと上昇するからだそう。

 

 

たしかにもしも自分が
ショッピングモールの経営者だったら、
スタバが入ってくれたら心強いです。

 

 

ブランディングコントロール

 

こんな風に、ブランディングを高めていくと
ビジネスの追い風が吹くようになります。

 

 

ビジネスはブランディングを
ちゃんとコントロールする必要があって、
ブランディングをコントロールをするコツは

 

「自分が調整できる範囲で広告を打つ」

 

ことです。

 

 

それでいうと、僕は先月、
1つのビジネスで月に180万ほど
打っていた広告費を540万に跳ね上げました。

 

単純に前月の約3倍の広告費にしています。
3倍界王拳です笑

 

 

これで売上が伸びるかな?
と思ったのですが、実は結果は芳しくなかったです。

 

 

むしろ広告費を無理やり上げたことによって
ちょっと変な人たちが集まってしまい、
逆に利益はそんなに伸びないという結果に終わりました。

 

 

ビジネスはテストの繰り返しで
どんどん洗練されていくんですけど、
良い学びになったと思います。

 

ここで得た学びは、

 

「必要としてる人にしか売らない」

 

っていうことです。

 

 

シャンプーを売るにしても、
ボタニストはあまりテレビCMを打たずに
しっかりとコントロールしたんだと思います。

 

 

それでいうと、僕の知り合いの経営者も
Amazonでシャンプーを販売していて、
99%の販売経路をインターネットだけで完結しています。

 

テレビCMはほとんど打たないし、
広告費を爆発的に上げることもない。

 

だから口コミの評価も高いし、
安定して長期的に売れるような
ロングセラーの商品になっているんですね。

 

 

ライフスタイルを売る

 

ちょっとふわっとした話に聞こえるかもしれませんが、
いまの時代は「ライフスタイルを売る時代」です。

 

これまでは、ターゲットを決めて、
予算を決めて、商品を狙い撃ちで売っていく
という計算され尽くしたマーケティングが通用していました。

 

 

ですが、多くの業者がパターンに当てはめた
堅いマーケティングを使うので、
販売者もお客も疲れてしまっているんですね。

 

そうなると結局、お客もリピートしないし
販売者も価格競争で疲れて
商品を売らなくなってしまうんです。

 

 

それに対して、ボタニストは
シンプルで洗練されたデザインで
「ライフスタイル」
を売りました。

 

 

どんなライフスタイルかっていうと、

 

植物や環境に優しい商品と一緒に暮らす、

 

というライフスタイルです。

 

画像検索したときの雰囲気で
どんな欲求を刺激してるかわかりますね。

 

↓↓

 

 

 

いまはいろんな電化製品や
文字がうるさい商品がたくさんありますから、
ボタニストのようなシンプルで優しく
高級感のあるデザインがウケたのだと思います。

 

 

これはネットビジネスの業界でも
同じような流れが見られて、
むかしは文字が派手でビッシリ詰まった
ランディングページがたくさん流れていました。

 

でもいまは、シンプルで高級感のある
クリアなランディングページが増えています。

 

 

企業も、セールスページで
ゴリゴリのオファーをするのではなく、

 

ブランディングやコミュニティを通して
どう商品が愛されるか?
を考えるようになってます。

 

いわゆるD2C(Direct to Customer)というもので、
お客と長い関係を作りながら
世界観やライフスタイルを売っていくスタイルが流行ってます。

 

 

元々SEOコンサルの会社だった

 

で、今回のタイトルに話を戻しますと、
ボタニストはむかしSEOのコンサルティングが専門の会社でした。

 

むかしっていうのは10年ほど前で、
当時はノウハウが確立されてなかったので
最先端のウェブマーケを走っていたのだと思います。

 

 

このように、ウェブマーケティングが得意な会社なので、
そこに良質な商品を乗せることで
爆発的な大ヒットを生み出すことができてます。

 

 

ウェブマーケティングのノウハウを溜める→商品を開発してノウハウを活かして販売する

 

というのはよくある鉄板のパターン。

 

 

僕の仲の良い経営者たちも、

 

ハンドメイドの商品を売ったり、
サプリメントを売ったり、
学習塾を販売していたり、
プログラミングスクールを売ったり、
化粧品を売ったり
農家の果物を売ったり・・・

 

ウェブマーケ×独自商品開発で
商品をヒットさせまくってる人が
知ってるだけでもたくさんいます。

 

 

僕自身もタピオカ屋を開業して
ウェブマーケを駆使して行列を作りましたし、

 

→タピオカ屋をオープンしてみた結果・・・

 

 

あと、今年中にパーソナルジムを都内にオープンして
月額制で売っていこうと動いてます。

 

 

 

こんな感じで、

 

「ネットで商品を売る」

 

というスキルがあれば、
ビジネスチャンスは無限大です。

 

 

良い商品を作って(借りて)、
インターネット上で商品を売る。

 

 

このシンプルな方法の繰り返しで
安定した収益の柱を作ることができます。

 

 

これだ!というアイデアが出るまでは、
他社の商品を売ってもいいですし、
僕みたいにフランチャイズで店舗を構えてもいいです。

 

 

SEOがウェブマーケのすべてではありませんが、
元々ボタニストの会社がウェブ屋さんだったのは希望が湧きます。

 

 

ウェブマーケは奥が深くて面白いですし、
一度学べばずっと使える資産です。

 

ぜひ学んでみてくださいね。

 

 

P.S.

 

世界観について学ぶなら、
東京のお台場にある大江戸温泉ってところが面白いです。

 

大江戸温泉は一度入場したら、
お祭りに紛れ込んだかのような雰囲気に圧倒されます。

 

 

外に足湯があって浸かりながらのんびりできたり

 

 

夜は良い雰囲気になるのでカップルだらけです笑

 

 

全員浴衣で過ごしていて、
お酒を飲んだりご飯を食べたり
射的とかで遊ぶことができますよ。

 

世界観作りですごい勉強になるので、
ぜひ東京に寄ったら行ってみてくださいね。

 

では!

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


▼メルマガの登録はコチラから▼



< 学べる内容 >

✔️ほったらかしでも月500万以上儲かる「自動化」の技術とは?

✔️半年以内に独立・起業し、かつ裕福に暮らすために必要な考え方とは?

✔️月2100万を達成したプロモーションの全貌とは?

✔️1日30人以上の新規リストがザクザク集まる集客戦略とは?

✔️ウェブマーケティングを飲食店やイベント集客にフル活用する方法とは?
etc・・・



もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)