どうも、ふっさんです。

 

先日、ニュースを見ていたら
将棋の藤井聡太6段が
50万円のパソコンを買った、と話題になってました。

 

 

藤井聡太6段は中学生の頃にプロ入り、
高校生で最多の連勝記録を作るほどの棋士です。

 

 

なんでこんなに強いのか?
と思って考えてみると、
藤井聡太6段は

 

“テクノロジーの力”

 

をうまく使っていることがわかります。

 

 

テクノロジーっていうと難しく感じるかもしれませんが、
ようするにパソコンを使って
将棋を研究し尽くしているのが強さの原因です。

 

これって成長の本質についても
すごく重要な考え方になってくるので、
それについて今日は書いていきます。

 

 

人間が絶対に勝てないもの

 

藤井聡太5段が50万のパソコンを買ったのは、
将棋のシミュレーションをするためです。

 

シミュレーション自体はこれまでも
いろんな棋士がやってきたのですが、
藤井聡太5段はハイスペックパソコンを使って
練習試合の精度を劇的に高めました。

 

 

つまり、コンピュータを使って
「名人級の達人」
と何度でも対戦することができるということです。

 

コンピュータを使えば効率よくプロ、
もしくはプロより強い棋士と対戦できるので、
1日で10回も20回もプロと戦えるようなものです。

 

 

すると「経験値」の量がケタ違いになる。

 

毎回のようにアポを取って
試合をしなければならない人と比べると
成長するスピードが速くなるんですね。

 

 

同じような事例でいうと、
デスノートの作者が小説を漫画にした
All you need is killという作品があります。

 

 

この漫画は、軍人が戦争で死んでも
生まれ変わることができる能力を身につけて
戦争で圧勝できるようになるのですが、

 

将棋のシミュレーションを何度もできるのは、
All you need is killの

 

「リセットしながら敵と何度でも戦って成長できる構造」

 

と同じだと思うのです。

 

 

あ、All you need is killは
普通に面白いんで読んでみてくださいね。

 

2巻完結なのでサクッと読めるかと!

 

短期間で急成長できる秘密

 

で、話が逸れたのですが、
ようするに短期間でガンガンテストできるのは
急激に成長するひとつの秘訣です。

 

たとえば
「人前でプレゼンするのが苦手だ!」
という人でも、
100回プレゼンすれば大抵喋れるようになるといいます。

 

 

でも、100回プレゼンするのは難しいので、
そこでテクノロジーを使えないかどうかを考えてみる。

 

VRを買って装着して、
ステージ上の臨場感を体感できるソフトとかあれば
プレゼンの上達速度が急激に上がるんですよね。

 

 

とかたとえば、
Youtubeに動画をアップロードするのもひとつの手です。

 

僕はもともとフリートーク苦手だったんですけど、
Youtubeで集客したい!
と思って何本も動画を作っていたら
どんどんアドリブでの喋りが上達していきました。

 

 

いまではなにも台本をみずに
1時間~2時間は余裕で喋れます。

 

 

ちなみにフリートークをしているときは
「過集中」といって、
集中力が極限まで研ぎ澄まされている状態になります。

 

次から次へとアイデアを出さないと
フリートークってできないので、
そのために頭が急速で回転しているのです。

 

で、この過集中の状態を繰り返していると
思考力がグンと伸びていきますし、
集中力の基準値も上がっていくんですね。

 

自慢じゃないですが
クライアントと一緒に作業をしたりしていると、
ふっさんは集中力が高い、
と言ってもらえたりします。

 

ひたすら黙々とライティングをしたり
本を一度開いたら読み終わるまで閉じれないのです。

 

 

でもそれらの能力は、後天的に身に付けました。

 

小さい頃はよく集中力散漫だって言われましたし
なにをしても続かない人間でしたが、

 

過集中を繰り返すことで
後天的に集中力が上がったのだと思います。

 

ウェブマーケはテストし放題

 

最近はいろんなビジネスモデルを研究するなかで、
ウェブマーケの世界をより客観的に見れるようになりました。

 

 

で、ウェブマーケティングの魅力って、
PDCAの速さにあると思うんです。

 

なにかを試して、データを取って、改善する。

 

このスピードを1日単位で繰り返せるのが
ウェブマーケティングの素晴らしさです。

 

 

たとえばこれが医薬品を売るとなったら、
開発に時間がかかったり認可を取ったり
工場と交渉をしたりで、

 

1つの商品をテストするのに
最低でも3年以上はかかると言われてます。

 

 

3年かけて準備して、
たくさん時間とお金と労力を使ったのに
こけたらもっかいやり直しなんですね。

 

 

まあそのぶんやる人もいないので、
当たったらライバル不在で儲かるのですが
最初からこういったビジネスをやるのはハードルが高いのです。

 

 

それに対して、ウェブマーケティングは
検証してデータが取れるまで
“最短1日”でできます。

 

パパッとページを作ってみて、
ちょろっと広告をまわせば
すぐにデータが取れるんですね。

 

 

だから一週間もあれば
それなりにまとまったデータを取れます。

 

あとはデータを改善しながら
少しずつクオリティを高めていけば
儲かる資産を作ることだってできるんですね。

 

自己成長とテクノロジー

 

藤井聡太5段のように
テクノロジーの力をバンバン使えるようになると、
正直ほかのライバルが相手にならないくらい強くなれます。

 

 

いまの時代はスポーツでもテクノロジーが使われてますね。

 

サッカーやバレーの試合でも
シミュレーションが使われていますし、

 

そのうちテクノロジーを使う人が
プロとして乱立するようになるのかなと。

 

 

 

僕はテコンドーで全国1位を取れましたが、
ある意味ではテクノロジーを使ったから取れたのかもしれません。

 

とはいっても大げさな話ではなく、
YouTubeでプロの動きを徹底的に完コピしただけです。

 

プロの動きを100回でも200回でも映像で観れるので、
むかしみたいにわざわざ上手な人に会って
「見て盗む」
必要がなくなったのです。

 

そのおかげで急激に成長しました。

 

 

テクノロジーっていうと
とても難しく感じるかもしれませんが、

 

「インターネットで調べる」

 

というのもテクノロジーのひとつです。

 

 

たとえばですが、
わからない単語に出会ったときに
検索エンジンで調べると思うのですが、

 

むかしのやり方にこだわって
辞書がいいんだ、、みたいなことを言ってると
亀の歩みのようにしか学べません。

 

 

その時間差の積み重ねが1年経つと
そりゃもう何倍もの大きな差になるんですね。

 

 

あとたとえば、勉強するときも
人に会って話を聞くのって
僕は時代遅れだと思ってます。

 

連絡をして、
日程を合わせて、
お世辞を交わして
やっと本題に入る。

 

 

そのコミュニケーションを繰り返して得られる情報も
たしかに密度が高いと思いますが、

 

経済的に自立するレベルであれば
何度も何度も音声を聴くだけで十分です。

 

 

この人いいなと思った人の音声を開いて
それを2倍速で何回も聴けば、
すごいスピードで知識が身につきます。

 

そもそも”2倍速で音声を聴ける”というのもテクノロジーです。
通常の速度で聴く人の2倍は速く成長できるんです。

 

 

無料の音声でもある程度は鍛えられますが、
必要であれば有料のコンテンツを買ってもいいですね。

 

 

僕は累計1000万以上は情報に投資してますが、

 

「課金」×「音声学習」×「2倍速」

 

というテクノロジーを駆使したので、
凡人からでも急激に成長できたんだと思います。

 

 

まさに知の高速道路に乗ってるイメージです。

 

みんな下道を歩いたりのんびり走ってますが、
高速道路をお金を払って突っ走ってるイメージです。

 

人間はテクノロジーに勝てない

 

こういった話は主にメルマガで書いてますけど、
人はテクノロジーに絶対に勝てないんですね。

 

 

たとえばYoutube動画にしたって、
動画が1万回再生されたってことは
1万人に影響を与えたってことです。

 

これをテクノロジーを使わずにやろうとすると、
同じ話を1万回やらないといけないわけです。

 

 

労力としては1万倍の差があります。

 

この1万倍の差は、
どうあがいても埋めることができないんですね。

 

 

そういった「人が絶対に勝てないもの」を知っているので、
僕はテクノロジーを使いこなそうと決意しました。

 

 

とはいっても難しい話じゃなくて、
スマホとパソコンを使いこなすくらいでいいのです。

 

自分でスマホをパソコンを開発したわけじゃないですが、
歴史の偉人たちが数兆円と
莫大な時間をかけて開発してくれたので、
テクノロジーに乗っかれるのはラッキーなことなのです。

 

 

あとよく、

 

「プログラミングは勉強したんですか?」

 

って聞かれるのですが、
こっちの記事でも書いたけど
ぶっちゃけプログラミングはほとんどできません。

 

だから、すでにあるテクノロジーをを上手に使う、
くらいの認識でも十分に成長できます。

 

 

おばあちゃんでもスマホを使って
孫とZOOMをする時代です。

 

使えるものはガンガン使って、
飛び級で成長していきましょう!

 

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


▼メルマガの登録はコチラから▼



< 学べる内容 >

✔️ほったらかしでも月500万以上儲かる「自動化」の技術とは?

✔️半年以内に独立・起業し、かつ裕福に暮らすために必要な考え方とは?

✔️月2100万を達成したプロモーションの全貌とは?

✔️1日30人以上の新規リストがザクザク集まる集客戦略とは?

✔️ウェブマーケティングを飲食店やイベント集客にフル活用する方法とは?
etc・・・



もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)