どうも、ふっさんです。

 

たまに懇親会などで人に会うと、
「自分のやってることなんて大したことないですよ〜」
と言ってる人を見かけます。

 

でもそういう人こそ、情報発信をしていたり
人に教えている立場の人だったりします。

 

 

僕はその発言を見て、
それって考え方としてヤバくない?
と思ってます。

 

ようするにそれって、
自分が大したことないと思ってることを
発信をしているということで、

 

それを見て真似をする人がいたり、
情報を信じて行動する人もいるわけなので

 

価値提供をする側としては
めちゃくちゃ危険な考え方なんじゃない?
と思うわけです。

 

 

これは情報発信だけじゃなくて、
転売にも投資にも通じることですが、
「大したことをやってない」というのは
つまり「お金儲け」が先行しているということです。

 

それは非常に危なくて、
ビジネスの原理原則上、
お金だけを求める事業は失敗します。

 

当たり前だけど、社会に価値を提供したぶんだけ稼げるからです。

 

もちろん、自分を謙遜するつもりで
そのようなことを言ってるパターンもありますが、

 

僕はたとえ圧倒的な格上が出てきたとしても
自分のやってるビジネスの自信を持って接しています。

 

だって、ウェブマーケティングという領域においては
かなり知識と情報を蓄えているし、
実際に文章だけで商品を売っているので、

 

その点に関してはプロだと思ってやっているからです。

 

 

あと、家族や恋人、友達にも
自信持ってブログを見せています。

 

教材を欲しいからちょうだいって言われても、
定価で買ってくれと言ってます。
(直接会った人で買ってくれた人は何人もいます)

 

 

だって成長するコンテンツを詰め込んでるんだもん。

 

そのコンテンツを見ることで物事がうまくいって、
迷わずサクサクと進めるようになって、
経済的に楽になってくれると信じてるのです。

 

 

だからよく、身内には
「おれの教材?買わなくていいよ!タダであげるし」
と言ってる人もたまにいるのですが、
僕はその感覚が信じられません。

 

タダであげていいような内容を売ってるの?
という気持ちになります。

 

そんな気持ちでお金をもらっているわけなので、
そりゃいろいろと不具合がでてくるよね、と思うのです。

 

 

 

あと、情報発信ビジネスは
無形の商品を人に教えて儲ける、
という活動なので
一般的に見るとおかしいように見えますけど、

 

実際に商品を買った人が成長して
成功していく様子を見ているので、
大きな社会貢献をしているという気持ちでやることができます。

 

 

だって実際、日本人の一人一人が
マーケティングを学んで強くなれば、
日本ってもっと豊かになると思うんですよね。

 

全体の生産性が上がっていって、
ひとりひとりが自分の頭で考えるようになり
面白いコンテンツや新しい事業が生まれてくる。

 

就職している人も、起業している人も、
僕を通して活力を手に入れてくれれば
その先で大きな価値を生み出すようになると思うのです。

 

日本を変える、というと大げさ過ぎますが、
少しでも日本が強くなるように
もっと影響力を高めていきたいと思ってます。

 

 

 

だから話を戻しますけど、
「いまやってることなんて大したことないよ」
という発言はあまりしないほうがいいと思ってます。

 

その発言の裏側には、
自分の活動に確信を持てていないことがあります。

 

ビジネスって自分の心の状態がモロに反映されるので、
確信を持てていない以上は力も入らないし、
本気でやれないし、良い影響は出てこないんですよね。

 

 

気持ちはわかります。

 

僕も初期の頃は就職して大きな事業に関わってる人を見て
羨ましいなー、、おれなんて、、
とか思っていました。

 

僕はブログやメルマガを淡々と書いているだけなので、
自分のビジネスなんて虚業だ・・・・
と虚しくなったときもあります。

 

 

でもそんなことなくて、
それってただの隣の芝生は青い現象だったんです。

 

 

発信を続けていくと、読んでくれた人から
「役に立ちました!」「やる気出ました!」「ありがとうございます!」
というメールが届くたびに勇気をもらえました。

 

いまはもう毎日メールが届くので、
モチベーションもドパドパ出ています。

 

そしてもっとビジネスを拡大しようと思えるのです。

 

 

冷静に考えたら、いまの時代は
情報に価値がどんどん集まっています。

 

となると、「虚業」と呼ばれている事業こそ
最も大きな威力を発揮するわけで、
インターネットがある時代においては
影響力が非常に高いビジネスだと思うのです。

 

 

だから、いまやってることに
自信を持ってやって欲しいと思ってます。

 

そういえばその話に関連すると、
先日カラオケに行って
Mr.childrenの「彩り」って曲を歌いました。

 

その歌詞のなかで

なんてことのない作業がこの世界を回り回って
どこの誰かも知らない人の笑い顔を作っていく

という歌詞があります。

 

これ超好きなんですよね。

 

 

“自分の作業が誰かの役に立っている”

 

常にこのマインドでやってやろう、
という気持ちで作業をしています。

 

そんな感じで、ブログを書いたり、
コンテンツを作っていく作業は
ひたすらに地味なものなんですけど

 

でも、ちゃんとやればかなりの影響力になるし、
その影響力を浴びて成功する人も出てくるので、
ぜひやりがいを持って続けてみてください。

 

 

もしなかなか確信を得られないなら、
本腰をいれて勉強してみるといいです。

 

本気で自分のビジネスのことを調べてみたら、
かなり社会貢献になってることに気づけるはずです。

 

もし勉強だけじゃまだ確信が得られない!というのであれば、
実践をしてみれば実感を得られます。

 

 

そうやって、
「正しい意味でのプライド」
は持つべきだと思ってます。

 

つまり自分は本気で社会に価値を与えるつもりでやってる、
というプライドですね。

 

 

自分は大したことやってないっす、、
って言うんじゃなくて、
地味だからこそ人の役に立つ仕事なんです。

 

それを自覚してビジネスをするだけでも、
かなり前に進みやすくなるのかなーと。

 

今日はそんな感じです。

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)