どうも、ふっさんです。

 

 

行動力がなくて悩んでいる人へ、ちょっとした話をしたいんですけど

 

結論から言うと、行動力っていうのは「痛み」と「快感」からもたらされます。

 

人間って、例外なく「快へ向かい、不快から遠ざかる」という性質を持っているので、行動力を高めたいなら、この根本的な欲求を刺激してあげればいいんです。

 

 

行動力の源泉「痛み」と「理想」

 

行動力のない人間ってこの世に存在しないんですよね。なぜかっていうと眠ったり、ご飯を食べたり、風呂に入ったりするからです。

 

それは、ご飯を食べなかったらお腹が空いて不快感が生じるし、眠ったら気持ち良いと感じるからです。

 

だから、生きている以上は、誰しも行動力が眠っています。

 

快へ向かう習性を利用した方法

 

でも、なぜ、夢に向かって行動を起こせないか。なりたい自分があるはずなのに、行動することができないかっていうと

 

・やりたいことがない

 

からなんですね。

 

これがしっかりと定まっていないから、なんとなくやりたくもないことをダラダラ続けていってしまいます。

 

 

逆に、やりたいことがガツンと定まっていると、毎日がめちゃくちゃ楽しくなると思うんです。

 

これが、「人間は快に向かう(楽しいことに向かう)」という欲求を利用したやり方です。

 

やりたいことを見つける方法

 

じゃあ、やりたいことを見つけるためにはどうしたらいいか?というと、とにかく勉強するか、出会う、しかないんですね。

 

机に座ってウンウン考えていても、やりたいことは見つからないので、できるだけ色んな経験をして、色んな勉強をしてみると良いです。

 

 

別にやりたいことがなくても、色んな経験に手を出してみるというのはできると思います。

 

そのために大学4年間という期間があるし、社会に出てからも余暇や休日を使ってやりたいことを探すのが人生の宿題とも言えると思います。

 

やりたいことを他人と比べない

 

そして大切なのは、やりたいことを他人と比べないことです。

 

例えば、自分はゲームをして人生を過ごしたいという欲求があっても、周りの目を気にして就職してしまったり、

本当は友達とのんびり過ごすのが好きなのに周りの目を気にして収入をあげようと必死になったり

 

やりたいことが見つかると、確実にその未来を手に入れるための具体的な行動を起こす必要があります。

 

一日中ゲームをして過ごしたいなら、たった1年でいいから真剣にビジネスに取り組んで自由になる、とか。

 

そう考えて理想を見つけることができると、ビジネスにも本気になれるのかなと思います。

 

なりたくないものを見つける

 

そして、これが結構大事なんですけど、「なりたくないことを見つける」というのも行動力を上げる良い方法です。

 

例えば、僕は「かっこ悪いおっさんにはなりたくない」というネガティブな感情があります。

 

お風呂とか行くと強く思うんですけど、禿げてたり、太っていたり、清潔感がなかったり、あるいは若者に対して偉そうに武勇伝を語るようなおっさんには絶対になりたくないです。

 

だから、「暇」というのは僕にとってなりたいものじゃないんですね。

 

だから、若いうちはできるだけ努力して、ビジネスで成功して上の世界に行きたいと考えています。

 

なりたくないものを見つけると行動力が上がる理由

 

人間は、「不快から遠ざかる」という性質を持っているので、なりたくないものを想像すると行動力が上がります。

 

なかには、バリバリ働いて疲れ切っているサラリーマンが嫌いな人もいるだろうし、働いたあとのビールだけが楽しみのつまらない人間になりたくないと思う人もいるかもしれないです。

 

だったら、その未来にならないための具体的な行動を起こすことができるようになります。

 

 

ちなみになんですけど、いまあなたがチラッと想像した”なりたくないもの”は、いまの現状のまま進み続けると高確率で実現するものです。

 

女性だったら、さっき僕が書いたようなことは想像しないですよね?

 

未来を想像するということは現状の先にある物事を見つけるということなんで、このままほったらかしにしていると高確率でやってきてしまいます。

 

だから、そこから逃れるために必死に行動する。それだけでも行動力は爆発的に上がります。

 

まとめ:人間が行動を起こす瞬間

 

行動を起こすときっていうのは、快へ向かって、不快から遠ざかりたいと思ったときです。

 

つまり、やりたいことを見つけて、やりたくないことを知ったとき、初めて爆発的な行動力が生まれてきます。

 

 

僕自身、もともとまったく行動できない人間でした。

 

いつか大成功してやる!とか思いながら自己啓発書を買い漁っていたし、成功者になりたいのに家で同じ漫画を読んでばっかりいました。

 

でも、そんな人間でも、まさかの起業して、いまでは色んな事業を持つことができています。

 

それは、かっこ悪いおっさんになりたくなかったのと、かっこ良くて周りに好かれる人間になりたかったっていう、2つの欲求が同時に発生したからです。

 

あと、行動することができたのは、その未来を叶えるための手段に出会えたことだと思います。

 

ネットビジネスっていうものが最適解だったかどうかはわからないけど、当時の自分としては最高の手段に巡り合えたと思ってます。

 

そこからが、速かったですね。周りの目も一切気にせず、ベンチャー企業顔負けのようなスケジュールで日々ビジネスに向き合ってました。

 

だから、やりたいことを見つけて、なりたくない自分を考えること。

 

それをぜひやってみてくださいね。今日はこんな感じです。それでは!

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)