こんにちは、ふっさんです。

 

この前、ミニマリストになることの楽しさについて記事を書きました。(参考:ぼくたちにもうモノは必要ない)

 

で、その記事の中で、モノを減らすことによって「モノにエネルギー吸われる」と言ったふんわりした考え方を書きましたが、

 

あれは、モノがたくさんあることによってモチベーションが下がる現象を、原理がわからなかったので抽象的な言葉で表現したものです。しかし、最近Twitterで以下の画像を発見して、その「モチベーションが下がる現象」の謎が解けました。

 

気力ゲージの話

 

発見した画像は、以下のようなものです。

気力ゲージ,やるき

 

気力ゲージ,やる気,モチベーション

(引用元:http://twitter.com/Manga_Materials)

 

この画像が何を表しているか大体わかると思いますが(絵を描いた人の表現力が素晴らしい)、これは「気力ゲージ」を表した画像です。

 

人間って、気力を絞りながら行動をするんですけど、要するに、即断即決する人は気力が減らずに済みますよって話です。

選択をすると気力が削がれていく

 

人間の気力は、「選択」をするときに著しく現象していきます。

 

・朝起きるか・起きないか

・どの服を着ていくか

・朝ごはんは何を食べるか

 

もっと細かく見てみれば、家を出るときの最初の一歩にどっちの足を出すかってところまで選択しているわけで、人間は1日のうちにこういった細かい選択を9000回もしているそうです。

 

9000回も選択をしているってことは、それだけ気力が削がれ続けていってるってことです。

 

もちろん、選択によって削がれる気力ゲージには大小があって、無意識に行っている選択に関しては気力はほとんどそがれませんが、「どっちにしようかな」と頭で感じる物事は、大きく気力が削がれています。

 

例えば、「どの服にしようかな」。これはかなり気力ゲージを削がれるもので、どの服にしようか悩んでいるうちにどんどん元気がなくなっていく感覚は誰しもあると思います。

服をどれにするか迷って、気力ゲージが削がれていくうちに「出勤(通学)までの時間が無くなってきたどうしよう」という選択肢も追加されるので、どんどん気力ゲージが持ってかれます。

気力ゲージを減らさない方法

 

もし、原因不明のやる気不足に襲われていたり、元気が出ないと考えているなら、できるだけこの気力ゲージが削がれるのを少なくする必要があります。つまり「選択」の機会を無くすことです。

 

あらかじめ選択肢を「一個」にしてしまえば、迷う必要もなくなります。先ほどの服を選ぶという行動に関しても、勝負服を一着しか持っていなかったら迷わずその服を選び、すぐに準備を完了することができます。

 

モノを減らすことって、選択肢を減らす最も良い方法なんですよ。むしろ、モノがあることによって余計な選択肢が生まれています。

 

例えば、「靴を履く」という行為に関しても、靴が何個もある状態と一個だけある状態では、

 

靴が何個もある状態:出かけよう⇒靴下を選ぶ⇒靴下を履く⇒どの靴にしようかな⇒靴箱を空ける⇒靴ひもを結ぶ⇒靴を履く⇒出かける

靴が一個だけ:出かけよう⇒靴下を履く⇒靴を履く⇒出かける

 

これくらい選択肢が少なくて済みます。究極系は「靴を履かない」状態ですが

 

靴が無い場合:出かけよう⇒出かける

 

という状態になります(極論ですが、サンダルでも同じ状態になります)。

 

成功者はモノが少ない?

 

だから、成功者って同じ靴を何足も持っているとか、サンダルで過ごすとかよく聞く話ですが、こういうところに起因しているのかもしれません。できるだけ選択肢を減らして、気力が削がれるのを防いでいるんですね。

 

だから、モノはガンガン捨てていきましょう。エネルギーを保つ!とか怪しいことは言わないです。「選択肢を減らしてすぐ決断できるようにする」ためにモノを捨てるんです。

 

そう考えるとミニマリストってすごく合理的ですよね。

 

選択肢を減らすための工夫

 

で、仕事中に色んな選択肢がやってきて僕の気力を削いていくので、選択肢はできるだけ工夫して減らしていかないといけません。

 

僕は記事の途中にフリー素材を挿入しているのですが、そのフリー素材を取得してくるためのお気に入りサイト集がこんな感じになっていました。

 

 

選択肢が多い・・・・。どれにしようかなって迷ってるうちに数十秒のロスになるし、気力ゲージも持っていかれます。

 

いっそのこと、バッサリ切ってしまいましょう。

 

かなりシンプルになりましたね。これで、「フリー素材を挿入しよう!」と思い立ったら数秒以内に行動に移せそうです。

 

モチベーションがそのまま成果に繋がる仕事をしている以上、気力ゲージはかなり重要な要素になってくるので、この部分はきちんと管理するようにしましょう。選択肢を減らせば即断即決できるようになり、快適に過ごせるようになるはずです^^。

 

以上、気力ゲージと選択肢を減らすことの重要さでした。最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)