こんにちは、ふっさんです。

 

僕の友人にミスターストイックと呼ばれる

(僕が勝手に呼んでいる)やつがいるのですが、

その友人の家には常に

ウィルキンソンっていう炭酸水が置いてあったんですね。

 

↑こんなやつです。

 

飲んだことあると思うんですけど、

最初はおいしくないんですが、

何度も繰り返し飲むようにすると、

だんだんクセになって美味しくなってきます。笑

 

で、僕もほとんど家で仕事することが多いので、

ミスターストイックの真似をして

この炭酸水を段ボールで箱買いしてみました。

 

Amazonでコスパよく買えるのでおすすめです。

(500ml×24本で1900円)

 

で、このウィルキンソンが家にやってきたんですけど、

飲み始めたらめっちゃ時間が増えました。

 

 

まず、炭酸が強めなんで一気に目が覚めます。

 

炭酸水って飲んだら、

ぷはーーってなるじゃないですか。

 

朝起きたときとか眠いときとか

グビッと炭酸水を飲むんですけど

飲み終わったらすぐに爽快な気持ちで活動できます。

 

さわやかになれば行動力が上がるんで、

作業効率も上がるし作業能率も上がる。

 

机の横に冷えたウィルキンソンを置いておくんですけど、

何か作業中に行き詰まったりしたらすぐに飲んで、

目を覚まして次の活動に向かいます。

(なんか、麻薬みたいですけど笑)

 

不思議と、爽やかな気持ちになれば

アイデアも沸いてくるんですね。

 

 

あと、炭酸水だからお腹に溜まります。

 

僕は机の横にハリボーとか

チョコとか置いてるんですけど

作業しながらつまんだり、

ウィルキンソンを飲んだりすると

 

昼ごはんとか食べなくても

余裕で動き続けることができます。

 

さすがにお腹が減ったら食べたりしますけど、

ウィルキンソンがきてから1日1食で十分だったりします。

 

 

1日1食だったら、

ご飯を作る(食べにいく)時間×2が

ガッツリと減っていくので、

そのまま時間が増えていきます。

 

本当に叶えたい目標があったら、

ご飯食べてる時間ももったいなく感じるんですね。

 

いくら短く食べようと思っても、

準備して料理して食べて片付けして

ってなれば1時間は使うじゃないですか。

 

それでお腹いっぱい食べてしまうと

酵素で消化するのに脳に血がまわらなくなるし

そのせいで生産性が落ちたりするんです。

 

ストイック日本代表のGACKTも

1日1食を貫いてるらしいですからね。

 

 

 

ご飯食べなくなれば、食費も浮きます。

 

日本人の生産性が低いって言われてるのは、

単純に食べ過ぎだからみたいです。

 

日本は豊かになったけど、

そのおかげで安くたくさん食べれるようになった。

 

あと、「残しちゃいけない」

っていう常識があるので、

お腹いっぱいになるまで食べてしまう。

 

そのせいで危機感が薄れ、

お腹いっぱいになるから集中力がなくなり、

食べる時間も増えて勉強の時間がなくなる。

 

結果、生産性が落ちるってわけです。

 

 

だから本気でなにか成し遂げたいんだったら、

どこかで「食」は制限しないといけないです。

 

少なくとも、ガッツリ仕事する日は制限して、

バリバリ仕事して成功して、入ってくるお金が増えたら

何もない休みの日に好きなものを食べればいいと思います。

 

 

 

話がだいぶ逸れましたが、

ご飯を食べないとお腹が減るけど、

その対策としてウィルキンソンはおすすめです。

まじで腹減らないです。笑

 

ウィルキンソンは生産性上げてくれます。

 

アイデアももたらしてくれるし、

お腹減らなくなるし、

食費も浮かしてくれるし

ガッツリ痩せることできるし、

行動力も伸ばしてくれるし、

 

結果、収入伸びて幸せになる

最高のアイテムです。定期購入決定ですね。

 

 

P.S.

 

あと、時間作ってくれるって意味では

似たような効果をもたらしてくれる

「ハリボー」っていう商品があります。

 

ハリボー(HARIBO)のグミをバケツ買いしたらマッチョになれるかもしれない話

 

併せて家に置いておくと仕事がアホみたいに捗ります。

 

 

P.P.S.

 

ちなみに、やる気と行動力についてなんですけど、

流すだけで行動力が上がる再生リストを

用意してるので良かったら見てみてください。

 

見るだけでモチベーションを管理できる再生リスト

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)