どうも、ふっさんです。

 

ちょうど大学を卒業してから1年が経ち、
東京に引っ越してきてから1年が経過しました。

 

収入も月200万とか安定してきてます。
最初は東京に行って飯食えなくなったらどうしよう、
とか考えまくっていましたが、
むしろめちゃくちゃ楽しく暮らせています。

 

最近は仕事の関係で
六本木とか恵比寿あたりに
週の半分以上いる生活です。

 

東京に引っ越してきた理由

 

東京に引っ越した理由で一番大きかったのが
「なんとなくたくさんチャンスがありそうだから」
というもの。

 

もともと大学の頃から稼いでいて、
ぶっちゃけ住む場所はどこでも良かったです。

 

沖縄に引っ越してのんびり過ごしても、
北海道に行って美味しいものを食べながら
夜遊びをする生活でも良かった。

 

せっかくPC一台で成功できたなら、
田舎でのんびりしながら
自由に暮らす生活でも良かったです。

 

でも、それをせずに東京を選んだのは、
単純に成長したいと強く思ったからです。

 

若い時間をめいいっぱい使って、
できるだけ上の世界に行きたいと思ったし、
なんとなく東京には成功者がたくさんいて、
そこで行動していればチャンスが転がってくる。

 

そんな淡い期待があったから
東京に移動しました。

 

結局、その当て勘は正解で、
東京にはチャンスがゴロゴロ転がっていたんです。

 

年収1億プレイヤーがゴロゴロいる

 

まず、出会う人間のレベルがケタ違いです。

 

田舎(といっても静岡の浜松というちょっと大きい街)
だったら、1億を超えて稼いでいる人は皆無で、
色違いのポケモンレベルに希少な存在です。

 

でも、東京に来てからいろんな集まりに行って、
1億円プレイヤーがポッポくらいの頻度で
次々と出てくるようになりました。

 

あなたも1億、あの人も1億、そちらの方も1億。
え、おまえは億いってないの?

 

くらいのレベルで絡まれます。

 

 

六本木とか恵比寿とかで飲んでると、
大企業の社長が普通にいます。

 

会社名を聞いてみると、
僕あなたの会社の商品持ってますけど、、
この前CMを打ちまくってましたよね?

 

という企業の社長が
隣に座って普通にウィスキーを飲んでます。

 

そりゃもう、基準値が爆上がりです。

 

夜の帝王のレベルが違った

 

僕は一時期、「夜の帝王」に憧れていました。

 

夜の帝王って、お金を使いまくって
夜の街(キャバクラとか)で豪遊する人のことで、
お金を使って遊びまくってる人をそう呼びます。

 

僕は静岡にいたときから、
「夜の帝王」
と呼ばれる人とお酒を飲んでいました。

 

その人は年収で数千万あって、
高級車を何台か乗り回しています。

 

で、キャバクラに入り浸って
数万円のボトルを開けまくっている。

 

1回の会計学で10万とかいくんです。

 

それを隣で見ていた学生の僕は
「夜の帝王ってすげー」
とか思っていました。

 

 

ただ、東京に引っ越してきてから、
「本物の夜の帝王」の姿を
間近で見たんですよね。

 

聞いた話によると、
その人は20代前半のころから
銀座や六本木で毎月2000万くらい使うし

 

誰もが知っているような会社の社長を
“裏で”操作している人だったりします。

 

あー、あの社長はおれが育てたよー
とか、
あのプロジェクトは一緒にやったよね
とか話していたりします。

 

年収は100億以上です。

 

100億とかもう意味不明ですけど、
それくらい稼いで使いまくるから
「夜の帝王」
と呼ばれています。

 

一回飲んだときの会計額も、
平気で300万とか吹き飛びます。

 

サラリーマンの年収を
たった1晩で飛ばしまくるとか異常です。

 

そういう話しを聞くと、
上には上がいるんだなーと思わざるおえません。

 

基準が上がれば行動が変わる。

 

僕が静岡で飲んでいた社長さんは
もちろんすごい人なんだけど、
東京だと相手にされないんですよね。

 

夜の帝王どころか普通の人です。

 

「あー、そこそこがんばってるんだね」
で済まされる領域の話。

 

そう考えると、僕なんかミジンコなわけです。

 

いまは小動物くらいになれたけど、
やっぱりもっとでかくなりたいと強く思う。

 

 

年収2000万とかいってもせいぜい小金持ちか、
そこそこうまくいっている社長止まりです。

 

僕は、そんな小さな世界で過ごしていたので、
ある程度満足してしまっていたのですが、
いかに自分が井の中の蛙だったかがわかります。

 

 

小さい世界で過ごしていると、
どうしても自分の行動がそこで制限されてしまう。

 

制限されるから、行動量も少ないし、
やってやるぞーという情熱も少なくなってくる。

 

でも、本当に成功している世界を見てしまうと、
自分の実力なんてアリンコレベルでしかないと
素直に思ってしまうわけです。

 

ゲームでいうと、最初の街をでて
レベル10のモンスターを倒して満足していたら、
いきなりラスボスが現れてビビるみたいな。

 

 

そんな世界を見ると、
頭のネジが吹っ飛びます。

 

本物の成功者が考えていることがわかると
自分の行動が根本から変わるんです。

 

単純に、年収1000万を目指している人と
年収100億を目指している人とでは
やっていることがまったく違います。

 

勉強もするし、

思考するし、

行動もするし、

努力もする。

 

賢いし、魅力的だし、かっこいいんですよね。

 

上を目指すなら都会のほうがいい

 

僕は、田舎で悠々自適に生活することを、
わりと憧れている人間でもありました。

 

東京なんて狭くてむさ苦しくて、
みんなストレスを抱えながら生きている、
という偏見があったんです。

 

でも、ある程度のレベルより
さらに先の世界に進むためには、
田舎にいるよりも都会に移ったほうが
チャンスの量が多いです。

 

 

この前も、北海道に住んでいる起業家の学生で
ずっと実家にいながらパソコンを叩いている人を見つけて、
東京においでよと言ったら1ヶ月後に引っ越してきました。

 

で、僕もその子に起業家仲間を紹介したりして
仲間をどんどん増やしていったってのと、
あと自分でも足を動かして色んな人に会いに行ったそうです。

 

すると、東京で刺激を受けながらビジネスをやると
目指す場所がグンと上のほうに修正されて、
月収20万ほどだったのが月収300万になったそうです。

 

基準値が上がるのが大きいんですよね。

 

億を超えるお金がバンバン動いているので、
100万や1000万を稼ぐことに抵抗が少なくなるんです。

 

そういった意味で、
どっちが成長するかっていったら、
間違いなく都会のほうが成長します。

 

便利だし、刺激的だし、楽しいし、
なにより成長します。

 

もちろん、こっちの記事でも話したとおり、
ある程度のレベルまでなら田舎も都会も変わりません。

 

でも、ある程度のレベルまで行ってるのに
若いころから田舎でダラダラしているとか
つまらなくない?と思います。

 

それよりもレベルの高いところに行って、
広い世界で暴れまわったほうが
人間的に成熟するし、成功する。

 

そして、もうお金を使っても使っても
絶対に減らないような資産を築いたあとに
悠々自適に遊べばいいと思うのです。

 

P.S.料理も旨い

 

東京は料理がめちゃくちゃ旨いです。

 

名店がゴロゴロある感じ。
どの店に入っても割とうまいので
舌が肥えてるかもしれません。。

 

 

40秒以内に食べろと言われた串。

 

肉汁が凝縮されているらしいです。
口に入れた瞬間に爆発しました。

 

こんなに美味しい串焼きが
これまであっただろうか・・・

 

 

牡蠣。これだけあって900円とかでした。
ワインと飲むとめちゃくちゃ美味しいです。

 

 

近所にある居酒屋にて。
手前の白い刺身があぶらぼうずという魚。

 

あぶらぼうずは食べ過ぎるとお腹壊すらしいです。

 

めちゃくちゃジューシーな刺身だったので、
食べすぎ注意ですね。

 

 

ふらっと入った店がお肉の高級店でした。

 

食べるのがもったいないくらい美味しかったです。
また行きたいな。

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)