どうも、ふっさんです。

 

 

最近、僕の周りの広告が

『就活』

に支配されてきました。

 

 

Youtubeで動画を見ようと思っても、

焼肉を焼いているよくわからないリ○ナビのCMが流れるし

 

 

家にはガンガンに就活系の資料が送られてくるし・・・

 

 

なんなら、僕が情報収集用に使っている

メールにもそういう類のメールが来るようになりました。

 

 

まじでどうやって僕の個人情報を抜いているのか

まったくわからないです。

 

 

Googleばかり使っているからかな・・・

 

 

でもa

そういう広告を見るたびに

『やばい、ビジネスやらなきゃ!』

と言ってやる気になれるので、

 

 

割といい環境にいるのかもしれません。

 

 

心理学用語でザイオンス効果っていうのがあるんですけど

 

 

その効果によると、同じ物に接する回数が増えるほど、

その対象に対して好印象を持つようになるようです。

 

 

周りの広告をジャックされ、

『就職しろ、就職しろ・・・』

と暗示をかけられているのは

 

 

このザイオンス効果を狙っているのでしょうか。

 

 

その心理効果のせいか、この前友達と話していて

 

 

「入るなら大手っしょ!」

という話しをしていて

 

 

『いい企業に就職するのもアリかな』

 

 

と思ってしまった自分もいました。

 

 

本当に、イカンと思います。

 

 

大学生は、いくら就職をしない道を選ぼうと思っても

企業ぐるみの戦略に巻き込まれて、

結局は周りと同じような道を進まされるのだなと思いました。

 

 

『フリーランスで活躍するんだ!』

『就職なんてしないで自分の力で生きてやる!』

『起業して資本主義を駆け上る!』

 

 

なんて言おうものなら、

徹底的に叩き潰されます。

 

 

これ、僕はこれまで経験してきましたが

本当に徹底的に潰されます。

 

 

友達からは変な目で見られ、馬鹿にされ、

親からはヤメロと言われるし

 

 

周りの大人は、とにかく徹底的に

自由への道を遮断しようとします。

 

 

その説得が、自分が痛い目に遭って

その経験によるものならいいんですが

 

 

ほとんどが『想像』だけで喋っていますからね。

 

 

自分が経験したこともないのに、

その道を遮断しようとしてきます。

 

 

日本に起業家が少ないのは

絶対にその思想が原因になっていると思います。

 

 

周りにいるドリームキラーの言うことは

気にしないようにしましょう。

 

 

大切なのは、自分を曲げないこと。

 

 

やるといったことは最後までやり通すことが大事です。

 

 

最後までというのは、

『自分が決めた目標を達成するまで』

です。

 

 

誰しも、一度は目標を立てたことがあります。

 

 

月収100万にしても、

月収10万にしても

 

 

目標の大きさは人によって違いますが

 

 

その目標を叶える前に辞めてしまうのは、

自分に負けたことになります。

 

 

欲に負けそうになっても、

くじけそうになっても

 

 

グッと拳を握り締めて続ければ、

そのうち目標は叶います。

 

 

がんばっていきましょう。

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)