こんにちは、ふっさんです。

 

 

哲学って、人生において

とてつもなく重要なヒントを与えてくれます。

 

僕はビジネスをやっていて、どちらかというと

目の前のことに注目することが多いけど、

時には哲学を使って広い視点から物事を見ます。

 

 

広い視点から見ることができれば、

それだけ色んな角度で戦略を立てることができるからです。

 

 

「富士山の頂上まで登ろう!」

と考えた時に、いきなり樹海に突っ込んで

行方不明になる人もいれば、

地図を広げて最短ルートを模索する人もいます。

 

地図って、空から見た全体の縮図です。

 

広い視点とは、頭の中で「地図」を広げて、

その上で最短ルートを探すのに必要なものなんです。

 

 

で、「人生」を良いものにしたいと感じたら、

それこそ「高い視点」が必要になります。

 

80年単位で戦略を立てるわけなので、

富士山に行くよりはるかに抽象度を上げる必要があります。

 

 

今回するお話は、「時間の配分」という点で、

めちゃめちゃ重要な視点を与えてくれます。

 

前置きが長くなりましたが、

「マヨネーズの瓶と二杯のコーヒー」のお話です。

 

毎日忙しく人生を過ごしている人は、

この話を思い出して正しい行動を取ってみてください。

 

 

マヨネーズの瓶と二杯のコーヒー

 

哲学の授業で、教授があるものを持って教団に立った。

 

授業が始まると、彼は非常に大きな空のマヨネーズ瓶を手に取り、

その中にゴルフボールを瓶いっぱいに詰め込んだ。

 

教授は生徒に「この瓶はいっぱいか?」と聞いた。

生徒たちは「いっぱいだ」と答えた。

 

すると教授は、「小石」の入った箱を出し、

それを瓶いっぱいに詰め込んだ

 

彼はまだ生徒に「この瓶はいっぱいか?」と聞いた。

生徒たちは「いっぱいだ」と答えた

 

次に教授は砂を取り出し、瓶へ注ぎ込んだ。

 

小石とゴルフボールの中に砂が入り込み、

瓶がいっぱいになっていった。

 

彼は再び「この瓶はいっぱいですか?」と聞いた。

生徒は笑いながら「いっぱいです」と答えた

 

教授もにやりと笑って、テーブルの下から

コーヒーを取り出し、瓶の中に注ぎ込んだ。

 

生徒たちはより大きく笑い、

いよいよ教授は喋り始めました・・・

 

・・・さて、このあと教授は良い話をするのですが、

ここからは僕が代弁していきます。

 

 

この話って、人生の優先順位の話なんです。

 

ゴルフボール⇒人生で最も大切なこと(家族、生きがい、趣味、情熱)

小石⇒人生で次に大切なもの(仕事、家、車)

砂⇒人生でその次に大切なもの(小さな悩み、掃除など)

コーヒー⇒どんなに忙しくてもコーヒーを飲むくらいの時間はできる

 

最初に小石や砂を入れていって瓶の中を満たしてしまうと、

人生で本当に大切なこと(ゴルフボール)に時間を割くことはできないから、

 

まずはゴルフボールを入れてから、

その他の人生で必要な小さなもので満たしていき、

 

そして、どんなに忙しい人生の中でも、

友達とコーヒーを飲む楽しむ時間はいつもあるので、

人生をめいいっぱい楽しみましょうってお話でした。

 

 

で、ここからが本題なんですけど

 

この話を普通に解釈してしまえば、

「ゴルフボールを最初に詰め込もう」

と思うかもしれませんが、

僕はもう一歩先の解釈をしてみたいと思います。

 

それは、「ゴルフボールは捨てることができる」という選択肢です。

 

進撃の巨人のアルミンから学ぶ成功法則でもお話しましたが、

「大事なものを捨てることができる人」は、

人生において大きな成功を収めることができます。

 

今回の件だと「大事なもの」=「ゴルフボール」ですが、

ゴルフボールを何個か抜いたら大きなボールが入るかもしれません。

 

ゴルフボールは人生において大切なものかもしれないけど、

抜くことができれば多くの時間と労力を得ることができます。

 

 

その代わり、ゴルフボールを抜いたぶん、

より大きなボール(普通の人が成しえないようなこと)が入るようになるんです。

 

大事なものを捨てれば、その分大きな物を手に入れることができる。

これがこの話の一歩踏み込んだ解釈です。

 

 

「時間がない」という言い訳をする人が多いですが、

一杯になった瓶の中にも「コーヒー」は入るし、

うまく将来に活かせるものにすれば

ゴルフボールを超える大きな財産になるんです。

 

また、小石や砂を抜けば十分なスペースが手に入るはずです。

 

 

 

一番いいのは、ゴルフボールを何個か抜いて、

その空いたスペースに大切な時間を入れることです。

 

 

僕がおすすめするのは、お金の勉強です。

 

砂や小石になるのはほとんどが「お金」からくる問題で、

お金がたくさんあれば、砂や小石を取り除くことができるからです。

 

例えば、この話では砂を「小さな悩み」や「掃除」と言ってしますが、

お金があればこれらはすべて解消されるし、

その空いたスペースにゴルフボールを入れることができます。

 

そして、スペースが空いた余裕のある瓶の中に、

極上の豆でできた良い香りのコーヒーを

たくさん注ぐことができるはずです。

 

 

この話を受けて、ぜひもう一度

「本当の優先すべきことは何か?」

を考えてみると、何かヒントが得られるかもしれないです。

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)