こんにちは、ふっさんです。

 

先日、僕のメルマガ読者さんで
Twitterを駆使して25万円稼ぎました!
と言ってくれた人に会いました。

 

Twitterって、SNSで有名なあのTwitterです。

 

大学生のころめっちゃ触ってました。

 

気になる人のツイートをチェックしたり、
いいねが増えるとちょっと嬉しかったり、
気軽に人と繋がれるのはSNSの良いところです。

 

そんなTwitterというツールで25万稼いでるから、
ノウハウを共有したいので会いたい、
という話でした。

 

 

で、カフェで会ってみたらめちゃくちゃ温和な人で、
その人は24歳の社会人なのですが、
ブラック居酒屋チェーンの社員をやっています。

 

さすがに飲食店はこのまま続けたくないから
副業でお小遣い稼ぎをしようと思って
Twitterのマーケティングをやってみたところ、
わずか3ヶ月ほどで月収25万になったみたいです。

 

どんなことをやってるのかを聞いたら、
僕もひとむかし前にやったことのある方法でした。

 

 

それは、少し高額なアフィリエイトの案件を
Twitterで紹介するだけの方法です。
(と言っても全然ホワイトな案件です)

 

やることはシンプルで、
Twitterでフォロワーを増やして
そのアカウントでたまにつぶやくだけ。

 

で、そのつぶやきに興味を持ってくれた人が
アフィリエイトの案件を登録したら、
それでお金が入ってくるっていう仕組みです。

 

アフィリエイトの報酬が1件4000円ほどなので、
それを1日2人が登録してくれるだけで
月収25万円にはなります。

 

僕も、自分の空き時間を使って
ぽちぽちするだけで1時間で8000円ほど稼げました。
(飽きてすぐにやめましたが)

 

彼はその方法をガッツリとやっていて、
移動中や待ち時間に
Twitterをぽちぽちしまくって
会社の給料以上のお金を稼いでいたのです。

 

 

僕は、それをなんかもったいないと思っていて、
なぜかというと、彼はTwitterをやることで
「労働」をしているからなんですね。

 

ずっとポチポチやる作業なので、
労働をしている限りは
25万の収入が増えることはありません。

 

毎月毎月、同じ仕事をして
Twitterをいじり続けないといけない。

 

そりゃ、自分の小遣いが増えるのは嬉しいけど、
ずっとTwitterをいじり続けるのも空虚な生活だと思うのです。

 

 

だから、僕は彼に「自動化」を教えました。

 

簡単にいうと、
Twitterの運用を人とシステムに任せて、
一切働いちゃダメですよ、
というもの。

 

この、「絶対に働かない」というのがミソです。

 

収入を伸ばしたいなら働いてはいけないのです。

 

すぐにビジネスを自動化して、
その空いた時間で別のビジネスを探すか、
さらに資産を大きく成長させていく必要があります。

 

これまで自分が手動でいじっていたTwitterを
いきなりやめろと言われて
ちょっとだけ抵抗があったみたいですが、

 

僕が自動化を教えたことによって
彼の労働時間はゼロになりました。

 

でも、すでにTwitterで結果がでているんだから
きっとすぐに収入が増えますよ、
というアドバイスをしました。

 

 

 

すると、その2ヶ月後。

 

いきなりLINEがきて、
六本木にいるので飲みましょうと誘われました。
なんでそんなところにと思って行ってみたら、
屋外の豪華な店にその人がいました。

 

 

会って早々、彼は

 

「おかげさまで今月は収入が58万になりました。。
自動化まじで最高っす!」

 

と言ってくれました。

 

(そのときの写真。にやけ顔を我慢しきれてないみたいです)

 

しかもネットだけで食えるようになったから、
飲食店の社員を辞めて
本業でビジネスをやっていくそうです。

 

本気になった人間は一気に伸びていくので、
これからの活躍が楽しみですね。

 

 

で、今回伝えたかったことは、
Twitterでもちゃんと独立して稼げるレベルまで
成長させられるってことです。

 

Twitterをいじるだけで有名になって
本を出版している人もいるし、
そうじゃなくてもTwitterでビジネスをして
年間2000万以上稼いでいる人もいます。

 

SNSというツールも、
人が集まる以上はビジネスになるのです。

 

 

ただ、もちろんそれくらいいくのですが、
なにかのツールを使うにしても
やっぱり自動化を意識しないと限界がきます。

 

自分が働いてお金を稼いでいるうちは、
いつまで経っても労働をし続けないといけません。

 

そうじゃなくて、自分が一切働かなくても
収入が生まれ続ける資産を作っていく、
ということが大切です。

 

働く時間が減ることで収入が上がるし、
自分が働かなくてもいいから
別のことに時間を使うことができます。

 

ビジネスをやる以上は経営者なので、
ほかの人でもできる作業はさっさと自動化して、
あいた時間を勉強にかけたり、
人脈を開拓することに使ったり
ビジネスの戦略を考えることに労力を割きます。

 

これを繰り返していくことによって、
どんどん富が増え続けていくんです。

 

今回会ったメルマガ読者の人も、
Twitterという小さなビジネスで
自動化に取り組んだだけで収入が倍になりました。

 

ビジネスは「収益を出す」→「自動化」の繰り返しです。

 

自動化を学ぶことによって
働く時間が減り、収入が伸びるので
ぜひ自分のために使ってみてくださいね。

 

P.S.自動化の方法は2つ

 

ちょっとここから具体的な話をしますね。

 

自動化の方法はたった2つ。

 

・人かシステムに任せること
・コンテンツで資産を積み上げること

 

です。

 

いま自力でやっている作業があるなら、
自分は一切の作業をしてはいけないので
外注さんやツールに任せてしまいましょう。

 

例えばTwitterには「bot機能」というものがあって、
あらかじめ投稿を決めておくことで
自動的につぶやいてくれるシステムがあります。
(「twittbot」で検索をしてみてください)

 

加えて、外注サービスを使って
人を雇うことができるので、
指示を出してTwitterで色んな人を
フォローしていってもらいます。

 

人を雇うと言っても、1日100円とか
それくらいの金額でもやってくれる人がいます。
(クラウドワークスやランサーズなどが使えます)

 

すると、
「自動でつぶやき」
「自動で人をフォローする」
というアカウントができあがるので、
もうそれで自動化は完了なのです。

 

 

そしてもう一つが、
コンテンツで資産を積み上げること。

 

僕がやっているのはこっちの方法ですが、
ブログ記事やYoutube動画などは
資産として積み上がっていきます。

 

Youtubeとか、そうなんですけど、
あれは一回喋っただけで
ずっとネット上に残しておくことができます。

 

すると、その動画を観た人が
僕の存在を知ってくれて、
興味を持ってブログを読んでくれたりするのです。

 

このように、コンテンツは作った瞬間から
自動化が完了している優秀な資産になります。

 

資産としてどんどん積み上がっていくので、
やればやるほど収入が伸びていきます。

 

その収入は青天井に上がっていくので、
コンテンツビジネスをちゃんとやってる人は
年収1億(しかも自動)とか平気で突破してきます。

 

僕も入ってくる収入は
外資系のサラリーマンよりはもらってますが、
ほとんどが自動で生まれる収入です。

 

でも、もっと上に行きたいので、
これからもどんどん資産を作っていきたいですね。

 

ではでは!

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)