僕がビジネスをやっていく途中で出会った、

 

とある埼玉大学生の話をします。

 

 

この人は本当に頭がぶっ飛んでいて、
僕を含め周りの人全員に
『頭おかしいんじゃないの?』
と言われた人でした。

 

でも、その人は何か底知れないエネルギーを
持っていて、いつの日か大きく成功することができると
思うので、このブログで紹介したいと思います。

 

その人は本名を出すと嫌がるので、
K君と名付けます。

 

K君は、僕と出会ったとき、埼玉大学の4年生でした。

 

2015年2月に出会い、
お互いビジネスをやっていたということもあって
すぐに意気投合することができました。

 

将来はビジネスで食っていくつもりで、
そのためにやるべきことは全部やる

 

と、僕に自慢げに話してくれました。

 

『へぇー』
と、そのときは気にも留めなかったです。

 

この手のセリフは、ビジネスをしている大学生なら
平気で口に出してしまう言葉です。

 

社会の厳しさをわかっていない、
お金を稼ぐことの大変さを実感していない
大学生ならではの発言だ・・・

 

と、そのときは思っていました。

(すごい偉そうな目線だけど、、)

 

 

 

その数日後、
再び彼に会ったとき、僕は身体の芯が熱くなるほどの衝撃を受けました。

 

 

 

『おれ、大学やめたんだ』

 

出会ってから一口目、彼はそう言いました。

 

 

『え・・・』

 

 

拍子を抜かれている僕に、
続けざまに彼は言いました

 

 

『大卒なんて肩書き、邪魔でしょ』

 

 

K君はなんと、卒業まで残り1ヶ月という時期に、
大学を中退したのです。

 

 

・・・それから、色んな話を聞きました。

 

断捨離するために
業者を家に呼んで家具を全部持っていってもらったこと

 

ビジネスに専念するためにシェアハウスに引っ越したこと。

 

ビジネス仲間以外の友人全てと関係を断ち切ったこと。

 

 

この人は一体、どれだけの覚悟を持っているのでしょう。

 

 

大学を中退して、大卒という肩書きを捨てて

 

友人も捨てて、環境を全部作り変えて。

 

その全てをビジネスにまわす。

 

 

すごい、覚悟だなと思いました。

 

 

『将来は就職しなくても済むようになるといいなー』

くらいに考えていた僕の覚悟と比べると、
とんでもない覚悟の量だと思います。

 

 

正直、K君を馬鹿だなと思う節もありました。

 

親のお金を使って大学に通わせてもらっていることを
痛烈に批判したくなりました。

 

でも、同時に素晴らしいとも思いました。

 

それくらい、ビジネスには全てをかける覚悟がある。

 

人生を変えるほどの力を持っていると、
信じたのでしょう。

 

実際、そのとおりだと思います。

 

でも、そうは思っていても
なかなか行動に移すことはできません。

 

『ビジネスは人生を変えてくれる』

 

それを信じて、全てをかなぐり捨て

全身全霊でビジネスをやっていく彼には
もう、誰も太刀打ちできないと思います。

 

 

安定を捨てた彼は、無敵です。

 

ほとんどの人が真剣にやっていないビジネスの世界で、

これだけの覚悟の量を見た瞬間に、

K君は、必ず成功する、と思いました。

 

僕も、

『就職を捨てる』

という覚悟をそろそろ決めようかな。
と思った出来事でした。

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)