こんにちは、ふっさんです。

 

僕は学生の頃からビジネスをやっていて、
いまは自由に暮らすことができています。

 

満員電車に乗ることも、
ウザい上司に怒鳴られることもありません。

 

いまは社会人が経験するようなストレスを
一切感じることなく生活しています。

 

こういった経験がないのは
少し寂しい感じもするけど、
この前実際に満員電車に乗ってみて、
逃げといて良かったなと思ってます。

 

まじで、あれは地獄でした。

 

腕一本動かせないほどギュウギュウだし、
おっさんの顔が目の前にあって気持ち悪いし、
暑くて汗もかいて嫌な気持ちになります。

 

これを毎日やるとなると、
たぶん1ヶ月でノイローゼになる自信があります。

 

というか、満員電車で疲弊した上に、
そこから1日中仕事があると思うと、
絶対に生き残れる自信がありません。

 

僕はいまでこ満員電車と無縁の生活ですが、
偶然そうなったのではなく、
学生の頃から本気でこういった未来から
逃げるために動いたからなんです。

 

 

もともと、激務耐性がまったくない人間でした。

 

社会人の仕事と比べると楽なはずの
居酒屋バイトですらたった6時間やっただけで
顔が青ざめるくらいヘトヘトになっていたし、

 

いまやっている仕事も、
何時間も連続でやると頭がぼーっとして
仕事に手がつかない状態です。

 

だから、例えば本気で
資本主義の上を目指そうとして
外資系のリーマンや
激務のコンサルタントになっていたら、

 

たぶん最初の1ヶ月で
過労で体調を崩すと思います。

 

 

あと、メンタル的にもひ弱です。

 

ウザい上司にこっぴどく叱られると、
もう立ち直れないくらい落ち込むでしょう。

 

反骨精神がくるよりも先に、
自分を責めて精神的に凹んでしまうのです。

 

この前も、ちょっと怒られることがあって、
丸一日何も手につかないほど凹みました。

 

友人に相談すると、
「そんなことで」
と言われることだったんだけど、
それでも再起できないくらい凹みます。

 

僕はサラリーマンのように、
満員電車に揺られたりウザい上司に晒されるのは、
絶対に耐えられないことなのです。

 

 

だからこそ、逃げました。

 

 

大人になったら、週5で働かなければ
ご飯を食べることができないとわかっていたし、

 

うざい上司がいることも、
後輩の面倒を見て挟み撃ちになることも
ある程度は想定することができていたからです。

 

実際、大学の先輩が大人になって、
社会人にボコボコにされる様子を見ていて、
心底恐怖したというのが大きいです。

 

恐怖したからこそ、
全力で逃げるために、
ネットビジネスに取り組んだのです。

 

 

その結果、無事に経済的に自立することができて、
いまは就職活動自体をやったことがないし、
会社で働く経験など皆無です。

 

たぶん、大人の意見としては、
そういうの経験しといたほうが
将来何かあったときに役立つよ、
と言ってくれるのかもしれませんが、

 

別に経験をしなくたって、
家でパソコンを触るだけで稼げれば
生活していくことはできるのです。

 

 

僕は思うんですけど、
本当にヤバいときっていうのは、
「理不尽なことが当たり前になったとき」
だと思うのです。

 

満員電車に揺られるのが当たり前、
うざい上司に怒られるのが当たり前、
自由に生活できなくて当たり前、
給料が安くても当たり前、

 

こういう状態になってしまったら、
目が死んでゾンビみたいに
電車に揺られるおっさんが完成してしまいます。

 

もう取り返しがつかないし、
脳みそが麻痺しているから
何をしようにも逃げることができない状態です。

 

だからこそいつも思うのが、
もし今の現状がやばいと感じているのであれば、
それは正常な判断だということです。

 

本当にヤバい状態っていうのは、
頭が麻痺してなにも
判断することができない状態のことです。

 

毎日疲れ果てて家に帰って、
生ビールを飲んで寝るだけの生活になるし、
貴重な時間をだらだらと浪費して
自分がやりたいことをやらない人生になります。

 

 

でも、それが嫌で、
まだ自由になる未来が想像できる、
そして本気でこの現状をなんとかしたい、

というのであれば、
いまのうちに行動すれば間に合うかもしれません。

 

急がねばなりません。

 

僕はもう社会人2年目になりましたが、
すでに時の流れが早すぎると感じています。

 

このまま何もしない状態が続いても、
いまの現状がそのまま未来になるだけです。

 

僕は、学生の頃から
本気でこの地獄だけは避けたい、
と思って行動をしてきたので、
いまは自由に生活できています。

 

働いたこともないのに偉そうに、
と思うかもしれないですけど、
僕は本気で朝から晩まで働く
サラリーマンを本気ですごいと思ってます。

 

だからこそ、もったいないと思うし、
その能力があったらビジネスをやれば
一気に成果が出てくると思うのです。

 

僕は激務耐性がないけど成功できたし、
毎日働かなかったけど資産を作れました。

 

講義も部活もバイトもあった状態で、
スキマを縫って資産を組み立てて、
100万以上の報酬を得ることができたんです。

 

学生の活動を社会人と一緒にすんじゃねぇ!
と思うかもしれないけど、

 

周りの友達と話していても、
我慢しながら働くことに幸せってあるのかな?
と思わざるおえません。

 

僕より優秀で、がんばっている人が、
少ない給料で激務を耐え忍んでいるのは、
ちょっと良くわからない光景に見えるんです。

 

 

だから、僕が言えることは、
ちゃんと勉強して、正しい方向に進めば、
経済的に自立することができるということです。

 

学生の頭脳で成功できたんだから、
すでに仕事の経験があるなら
もっと早く成功することだってできるはずです。

 

だから安心してビジネスに挑戦してもらいたい、
という気持ちで今日は書きました。

 

なにか響くことがあったら嬉しいです。
ではでは

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)