こんにちは、ふっさんです。

 

 

めちゃくちゃ勉強になる漫画を見つけたので共有します。

 

それが「かくかくしかじか」という漫画。

 

 

この漫画かなり良くて、
まじで読み方によっては教材にしてもいいんじゃないか?

 

ってレベルだし、めちゃくちゃ泣けます。心が潤います。

 

かくかくしかじかはノンフィクションの漫画で、
漫画家の自伝みたいなものなので、
忙しい毎日で疲弊している人は勇気がもらえる作品です。

 

「甘えてんじゃねーよ」
となるのでおすすめです。

 

 

あと、一番学べると思ったのが、
教育の本質が詰まっているということ。

 

僕は教育にはすごく関心があって、
というのも最初は
「とにかくお金を稼ぎたい!」
と思って起業をしたんですけど、

 

月100万を超えてそこから先に進むためには
「マーケティングを人に教える」
という大事な仕事が待っています。

 

マーケティングを人に教えて、その人が商品を売れるようになって、儲かって、さらに仲間が増える。

 

仲間が増えると、マンパワーを使えるので
より自分のビジネスの規模が大きくしやすくなる、
といった流れです。

 

僕のところにも教え子は何人かいて
それぞれ結果を出していますが、
この漫画を読んでまた自分のやり方を固めるきっかけになりました。

 

このかくかくしかじかというのは
「絵の先生」
と「美大に通いたい女子」
の話なのですが、

 

その先生が、とにかく厳しいんですね。

 

女の子に教えるのに竹刀を持ってビシバシ叩いたり、
ひたすらティッシュの箱をずっと書かせたり、
命令口調で無理やり行動させられたり。

 

かなりむかしの体育会系的な考え方で
生徒に絵を教えているんです。

 

 

で、そのときに教えているのが
「ひたすら描け」
というもの。

 

何も考えず、目の前に置いてあるものを
何度も何度も模写するところから
絵の訓練がスタートしています。

 

 

この「ひたすら描け」というのは
かくかくしかじかのベースに流れている問題解決方法です。

 

これは絵以外のことでも同じで、
新しいものに挑戦しようと思ったら
難しいことを考えずにとにかくやりまくればいいと思うんですよ。

 

僕は文章を使って仕事をしていますが、
文章を上達させるためには
まずは量をこなすことが大事です。

 

ひたすらコピーライティングの本を読んだり
文章のテクニックを学んでも
文章力はあまり上がらなくて、

 

それよりも最初のうちは量をこなして
ひたすら上手い人の文章を真似したほうが
圧倒的に早く上達していきます。

 

 

僕もそうだったんですけど、
最初は文章をマスターするために
ひたすら「写経」をやりました。

 

うまい人の文章を画面の左側に並べて、
メモ帳を開いてひたすらタイピングする、というものです。

 

それはもうガムシャラにやったし、
その文章にどんな狙いがあるか?
どんな感情が込められているか?
などを考えながら何万文字も書いたのを覚えてます。

 

だからまったく初心者だったにも関わらず
一流のコピーライターからも褒められたし、
早い段階で商品が売れて結果が出るようになったんですね。

 

もういまは文章だけで大型の仕事が決まったり、
レベルの高い人を組んで事業をすることができています。

 

 

そういった意味で、
かくかくしかじかに出てくる先生は
教育の本質を押さえていると思います。

 

この先生はめちゃくちゃ厳しいんですけど、
厳しいからこそ記憶に残るものがあるんですよね。

 

自分の学生時代を思い出してみても、
優しい先生って誰の記憶にも残らないし
また会いに行こうとも思わないはずです。

 

それよりも、本当に自分のためを思って
怒鳴られたり蹴られたり
ぶん殴られたりした先生のほうが
また会いに行こうかなと思うんですよね。

 

 

師匠と弟子の構図がある以上、
弟子が間違うことって必ず出てくるじゃないですか。

 

僕も10年以上空手をやっていたので、
師匠からぶっ飛ばされたことは何回もあります。

 

そのとき厳しく怒られたからこそ
いまの自分があるわけで、
厳しいのは嫌だったけど師匠のことは大好きになりましたね。

 

弟子が間違ったときに厳しく叱ってあげられるのが
本当の優しさというもので、
僕はこの漫画を読んでそういう先生になりたいと思いました。

 

 

とにかく、かくかくしかじか、めちゃくちゃ名作なので
ぜひ読んでみてください。

 

5巻で完結するのでサクッと読めます。

 

それでいて心洗われる感覚になるし、
教育について学べることもたくさんあるし、
ストーリーもコンテンツの勉強としては最高です。

 

名作漫画の紹介でした。では!

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)