プロダクトローンチ 月収

プロダクトローンチとは??

 

ダイレクトレスポンスマーケティングを応用して、

プロダクトローンチという手法が確立されました。

 

 

プロダクトローンチとは、

プロダクト(製品やサービス)をローンチ(発進)することです。

 

 

よく、新しい事業をローンチする

なんて言い方をしますよね。そのローンチです。

 

 

ネットビジネスでいうプロダクトローンチとは、

簡潔に言うとセールスの成約率を圧倒的に高める方法です。

 

 

この手法は、一回のセールス(販売)で、

個人で1億~2億、最大20億円を稼ぐ手法です。

 

 

それを初心者が応用した場合、

ほとんど実績がなく、拙いものだったとしても

一回のセールスで20万以上を稼ぐことが可能です。

 

 

ちなみに僕が最初に収益を上げたのもこの手法で、

まったくの初心者で実績がないにも関わらず15万以上を稼げました。

 

 

また、そのプロダクトローンチの仕組みを自動化し、

毎日勝手に報酬が発生し続けています。

 

 

非常に強力ゆえに取り扱いが難しいですが、

プロダクトローンチを使いこなすことで

初心者でも莫大な金額を稼ぐことが可能です。

 

 

ここでは、プロダクトローンチの基本的な考え方を解説していきたいと思います。

 

 

リストとは?

 

 

プロダクトローンチにおいて最も重要なことは、

「リスト」という概念です。

 

 

リストとは、メルマガに登録した読者さんのメールアドレスのことです。

 

 

現代において、このリストの価値は

1リストあたり@4000円~あると言われています。

 

 

1人の読者さんがメールマガジンに登録したら、

約4000円の収益が見込める計算です。

 

 

ちなみに、僕はいまやっているメルマガ以外にも仕組みを持っていますが、

そこでは毎日10人ほどがメルマガに登録してくれています。

 

risuto 

 

この仕組みはほとんど自動でまわしているので1リストあたり2000円~ほどですが

それでも10リスト入るので毎日2万円以上の価値が発生していることになります。

(もちろん、日によってバラつきがあります)

 

 

このリストという概念はプロダクトローンチだけに限らず、

ネットビジネスをするなら必ず持っておかなければならない考え方です。

 

 

リストを取ることができていれば、

お金を稼いで自由になるのは簡単です。

 

 

なぜなら、圧倒的にレバレッジがかかるからです。

ネットビジネスでは、1人にメールを送るのも1000人にメールを送るのも同じ労力です。

 

 

例えば、リストが1000リスト溜まっていたとして、

100人に1人が買ってくれる5万円の教材があるとすると、

1000人にメールを送れば50000×10=50万円の利益です。

 

 

1通のメールで50万円の利益です。

 

 

これが1万円の教材だったら、

10人に1人が購入してくれます。

 

すると、1回のメールでどれくらい稼げるでしょう?

 

 

色々とシミュレーションしてみると面白いですよ。

 

 

1000人って途方もない数字のように思えますが、

1日3リストでも集めることができていれば、

およそ1年間で集められてしまうほどの量です。

 

 

1日3リスト集めるのは、そう難しいことじゃないです。

Twitterを使ってもいいし、Facebookを使ってもいい。

Youtubeも使ってSEOを使ってもいいので、

それらをフルに活用すればあっという間に集められます。

 

 

リストさえ持っていれば、食いっぱぐれる心配はありません。

 

 

お金の価値はどんどん変わっていきますが、

リストの価値は一定です。「金(Gold)」と一緒です。

 

 

時代によって高くなったり安くなったりすることはほとんどありません。

 

 

月に数百億円を稼ぐ起業家の人は、

「寝ても覚めてもリスト取り」

という言葉を座右の銘にしていました。

 

 

僕もビジネスが軌道に乗るまでは、

この言葉をiPhoneの壁紙にしてがんばっていたものです。

 

 

それくらい大切な考え方なので、

リストの重要性についてはもう一度このコラムを読んで理解してみてください。

 

 

プロダクトローンチの方法

 

 

そして、プロダクトローンチは

集まったリストに対して行っていきます。

 

 

プロダクトローンチは、爆発的に商品を売る方法です。

 

 

それこそ個人でも数百・数千の商品を売ることができます。

インターネットを駆使すればなおさらで、

さらにリアルビジネスや営業でも応用できる手法です。

 

 

この魅力的なプロダクトローンチのやり方を解説していきます。

 

 

プロダクトローンチとは、

期待感を極限まで高めた状態で商品を販売する手法です。

 

 

1.時間をかけてセールスする

2.回数をわけてセールスする

 

 

という2つの手順があります。

 

 

営業マンで例えるとわかりやすいのですが

例えば「塾」に入らせたい家庭があったとして

 

 

1日目=はじめまして。私は子供の点数を30点あげることを目的に、今度塾を開こうと思っているものですが、売り込みとかではなく、子供について色々と意見を聞きたいのでとりあえずお話したいです。

 

 

2日目=以前お会いした○○です。この前、色々と調査したところ、子供の点数が上がらない原因が少しわかってきました。その原因をお話したいと思うので、もしよかったらお時間取れますか?

 

 

3日目=こんにちは、今日も少しお話しましょう。僕がなぜ塾を開こうと思ったかというと、○○して○○して○○だったんです。だから塾を開こうと思ったんですね。あなたの話も聞かせてください。

 

 

4日目=子供の成績が上がらないんですね。。そうなんですか。やっぱり、子供が2人以上いると面倒を見れる時間も分散して、家事をしながら勉強を見てあげるのも難しいですよね・・・。ちょっと、その問題を解決するための方法を考えてみます。

 

 

5日目=問題の解決法を考えてみて、子供の成績を上げる方法をまとめましたので、無料でお渡しします。よかったら受け取ってください。

 

 

6日目=正直、ここまで深い話をしたのはお宅だけですよ。もともと子供の面倒を見る時間があって、お金も十分にある家庭ではなく、共働きでお金がない家庭の子供たちの成績を上げたいと思って始めようと思った塾でしたから。。

 

 

7日目=ようやく、塾を開けそうです。もしよかったら、お宅のお子さんを僕のところで成長させてもらえませんか?○○して○○して○○をして、成績を上げさせてみせます。

 

 

8日目=それではいよいよ開講です。

 

 

・・・こんな具合に、

何度か回数をわけて期待値を高めた上で商品を販売します。

 

 

すると、会ったばかりの人に売るより

はるかに高い確率で商品を売ることができます。

 

 

それこそ、爆発的に商品が売れます。

この仕組みを応用すれば、ヒット作を生み出すことも可能です。

 

 

最近、プロダクトローンチがうまいなーと感じたのは

「ポケモンGO」でした。

 

 

あのアプリはなんどもなんども発売時期を延期し、

情報を小出しにしながらお客さんの期待を高めていました。

 

 

そして一番ダウンロードが伸びる

夏休みの入り口に合わせてリリースし、

本拠地の日本で爆発的なヒットを記録しました。

 

 

プロダクトローンチがうまくいきすぎて、

一種の社会現象を起こしたくらいです。

 

 

ポケモンGOを出したのはアメリカの会社ですが、

さすが本場のプロダクトローンチをやっているだけあると思います。

 

 

ああいった感じで、

情報を小出しにしながら期待感を上げていくのがプロダクトローンチです。

 

 

なんとなく感覚が掴めたでしょうか?

日常生活でも応用してみると面白いですよ。

 

 

ネットビジネスでは、このプロダクトローンチを

文章を使って構成していきます。

 

 

ちなみに、プロダクトローンチはほとんど雛形(テンプレート)というものが存在し、

それをあなたが提供するサービス・製品に合わせて当てはめていき、完成させます。

 

 

雛形に当てはめるだけなので、そんなに時間は要らないです。

(もちろん、ある程度本質を理解することは必要です)

 

 

一度完成させたら何度でも使うことができるし、

お客さんの反応を見て進化・改善もできます。

 

 

また、自動化することもできます。

 

 

あらかじめ決められた日時にメールを送るように設定していれば、

メールを登録してから数日にわけてメールが自動的に送られ、

自動的に商品が発生しお金が入金されていきます。

 

 

まさにインターネット上に設置する自動販売機のようなものですね。

 

 

勝手にお客さんが集まってきて、

勝手に期待感を高めて

勝手に商品が売れる・・・。

 

 

最も大きく稼げて、自動化できる。

 

 

まさに魔法のようなやり方ですが、

中身を見てみるとそんなに複雑ではないことがわかります。

 

 

このコーナーでは、プロダクトローンチの全体像を掴めれば良しとします。

 

 

本格的に実践したい人は、メルマガに登録するか

必要に応じて推奨教材を購入し、実践してみてください。

 

 

また、この次は「経済的自立という状態」についても解説しています。

初心者コーナーは、次でラストになります。

 

========================================

20090816_1097060-225x300

 

ネットビジネス初心者の方へ

 

20090816_1097060-225x300

 

ビジネスの学び方

 

20090816_1097060-225x300

 

成功するためのマインド

 

20090816_1097060-225x300

 

ダイレクトレスポンスマーケティング入門

 

20090816_1097060-225x300

 

プロダクトローンチとは?

 

20090816_1097060-225x300

 

経済的自立という状態

 

=======================================

book

 

優良教材一覧

 

=======================================