「今から起業したいけど、もう40代になっちゃった」
「起業なんてリスク大きいよな」

今あなたは、起業をしたいと考えているが自分の周りの環境のことを考えてしまったりと、諦めるか挑戦しようか迷っているのではないでしょうか。

40代で起業するという人は確かにあまり多くありません。しかしタイトルにもある通り、起業というものは「いつでも・誰でも」できることなのです。今の日本には中学生起業家だっていますし、60歳で起業した人さえもいます。

そこでこの記事では、現在40代の方が起業するための指針になるよう、「40代の起業」について深く入り込んで徹底的に解説していきます。

頭の片隅に少しでも「起業してみたい」ということがあるあなたは、この記事を読むことで起業に対する考え方が変わると思いますので、是非最後まで読み進めてくださいね。

40代での起業が遅いということは全くない

「起業してみたいって若い頃は思ってたけど結局できなくてもう40代だ」
「今から起業なんてしたら家族や今の会社に迷惑がかかってしまいそうだ」

近年は、マコなり社長や竹花貴騎さんのような「若い起業家」が目立ってきており、「学生起業家」という存在も続々と現れてきていています。そういったこともあってか、起業というものは若いうちにするものと考えている人が多い気がします。だから40代になった今、起業を「リスク」と考えてしまっているのだと思います。

しかし考え方を変えてみれば、こう捉えることもできます。自分は人生で八十歳まで生きると考えると、あと40年もある。まだ人生の半分程度しかあんたは生きていないのです。確かに起業は生活のリスクなどを考えれば、早ければ早いに越したことはないかもしれない。しかし現実には、40から起業して億万長者になったり、億万長者にならなくても悠々自適に暮らして素敵なワークライフバランスを実現している人はたくさんいます。

こうしたことを考えると、40代という年齢が起業するのを遅いと考えるのは、少し勿体ないことなのではないでしょうか。あなたはまだまだチャレンジできると言えます。

40代で起業することのメリット

先ほども軽く触れた通り、世間一般的に起業と言うと、勢いのある若者がするイメージがあるかもしれません。しかし、40代で起業することならではのメリットもあるのです。

・長年の仕事の経験があるため、起業する際にその経験を活かすことができること
・これまでに資金を貯めていれば、起業する際の資金に回すことができること
・これまで仕事をしてきたことで培った人脈を起業の際に活かすことができること

他にもありますが、これらはかなり大きなメリットと言えます。「経験」というものは、他の新しいことに挑戦する際、何にも変えがたい財産となるのです。学生起業家や若い起業家たちにないものをあなたは既に手にしているのです。

これらを考えてみると、40代で起業する方が有利であると思いませんか?今まで社会人として培ってきたものを自分のビジネスにできる思うとワクワクしてくると思います。

それではこれからは実際に起業する際のイメージをしてみましょう!

40代で起業する例

40代から起業するには、大きく分けて2つのスタイルがあります。

一つは、自分の本業や趣味などで培った専門スキルで独立するスタイル。
二つ目は、フランチャイズで開業するスタイル。

それではここを詳しく解説していきます。

専門スキルで独立して起業する

まずは専門スキルで独立するスタイルです。

そもそも起業するということは、自分自身何かやりたいことがあったり、そもそも自分が今携わっている仕事を個人でやろうと考えてするものです。そのため、何もスキルがないよりもちろん独立がしやすいです。なので、この起業例が一番イメージしやすいと思います。

先ほどのメリットでもお話ししたように、40代からの起業には「資金」、「人脈」そして「経験」の面で圧倒的なアドバンテージがあります。それを一番生かせる起業のスタイルがこの専門スキルで独立するものだと言えます。

ただ、ここで大変になってくるのが「集客」です。自分でお客さんを見つける力が必要になってきます。

フランチャイズで開業し起業する

そして二つ目のフランチャイズスタイルです。

フランチャイズは自分で起業をするよりも資金が必要になりますが、40代だと自分の貯金も若い人よりもあると思いますし、借り入れるにしても信用が取りやすいので、資金を用意しやすいです。そのため、資金面での問題はあまり少ないかと思われますので、より始めやすい起業のスタイルだと思います。

しかし、いくらフランチャイズとはいってもうまくいかず家庭が崩壊したケースもあるのでデメリットはあります。

起業には準備が必要不可欠で、準備にやりすぎということはありません。

そして最後に、40代起業に際し私がオススメする方法を紹介します。

40代で起業するならDRMが圧倒的におすすめ

あなたはDRMという単語を聞いたことがありますか?

DRM(通称:ダイレクトレスポンスマーケティング)とはそのときの顧客によって、自分の売る商品を変えるという方法です。簡単に言えば、お客様に合わせた商品を売る方法です。

40代で起業するなら他のどのような方法よりも圧倒的にDRMがおすすめです。そもそもの社会人経験を生かしてターゲティングができますし、顧客の心理を読むということができるからです。

さらにDRMにはメリットもあります。それは、初期資本が少なくリスクは低く、かつ成功したときに年収1億を狙えるレベルで青天井に稼げるということです。利益を出すには確実に適した方法なのでかなりオススメをします。

当サイトではDRMについて解説しているので読んでみてください。

(あわせて読みたい)

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とは?集客、教育、販売の3ステップを解説

まとめ:40代で起業は成功できる

ここまで、40代の起業について解説していきましたがいかがでしたでしょうか。

40代での起業は「遅い」とか「リスクが大きい」と思われることが多いかもしれませんが、実はメリットが多く、成功する可能性が高いということがこの記事を読んだことでよく理解していただいたと思います。

起業はその気があれば誰でもできます。年齢にも性別にも制限などありません。自分のビジネスを思い描き、それをカタチにして成功させる思いさえあれば絶対に成功できます。

そんなやる気のあるあなたの挑戦に、この記事が役に立つことを願っています。

ここまで読んでくださりありがとうございました。