こんにちは。ふっさんです。

 

 

今から居酒屋で働こうと考えている

大学生やフリーターの方たちのために、

 

 

僕が1年半働いてきた居酒屋での体験談を踏まえて

実際の環境やブラック度について書いていきたいと思います。

 

※2017年04月更新:もしバイトつまんねー!って人は見てみてください。↓↓

居酒屋バイトの評判・・・

 

 居酒屋 男

居酒屋のバイトと聞くと、『体育会系』とか『仕事が大変』

といったイメージを持つと思います。

 

 

このイメージは基本的に間違っていないと思います。

 

 

確かにバイトに入っているときは大きな声で何度も叫んだり、

掛け声があったり、ミスしたら怒鳴られたりします。

 

 

大きな声を出せなかったり、恥ずかしがり屋の人は最初はきついと思います。

 

 

汚れた手で皿を触ったら、

『なにやってんだおるぁあああ!!』

と怒鳴られて飛び蹴りを喰らったこともあります。

 

 

眠そうにしていたらビンタされたこともあります。

 

 

そのうえ仕事も大変で、料理とドリンク(10kgくらい)を

運んでいる最中にお客さんから呼び出し(ピンポン)がかかり、

番号をチェックしようとしたらお客さんに話しかけられ、

同時にインカム(耳につける無線のようなもの)で指示を出されたり

 

 

忙しい時間帯にはやることが5つも6つも重なったります。

 

 

効率よく動かなかったり、

体力が切れてくるとすぐにパンクして倒れそうになります。

 

 

そしてちょっとでもミスをすると

店長やバイトリーダーが飛んできて怒鳴られます。

 

仕事が大変なだけに温かい職場でもある

居酒屋 バイト 

 

そんな体育会系な居酒屋バイトですが、

『温かい職場』

でもあります。

 

 

仕事が終わったらみんなでまかないを作って

たくさん食べたり、仕事終わりにみんなで

アイスを買いに行ったり、飲みに行って騒いだり

 

 

良いところもたくさんあります。

 

 

バイト先にうまく馴染むことができたら、

かなり楽しい職場になるでしょう。

 

 

仕事ができるかできないかで居酒屋バイトの立ち位置は決まる

 

居酒屋 仕事できる 

 

そして、そのバイト先に馴染めるか馴染めないかの判断基準は

『仕事ができるかできないか』

で決まってきます。

 

 

仕事ができる人は性格が悪くても好かれるし、

できない人は例え性格がよくても邪魔者扱いされます。

 

 

居酒屋のバイトでは、実力がすべてだからです。

 

 

僕も仕事ができないときは除け者にされていましたが、

慣れて仕事ができるようになってくると遊びに誘われたり、

仕事でも頼りにされたりするようになりました。

 

 

自分の仕事効率と体力に自信がある人は、

居酒屋バイトに向いていると思います。

 

 

もちろん、バイトの中にはポジションがあります。

 

 

居酒屋バイトは役割によってまったく仕事内容が違ってくる

 

 居酒屋 キッチン

能力毎に役割が分担されることもあります。

 

 

キッチンとホールでは、そもそも仕事内容がまったく違います。

 

 

キッチンではひたすら料理を作り、机の上に出す。

ホールは出された料理をお客さんのもとに運んだり、

お客さんに対してサービスをしたりします。

 

 

また、キッチンの中でも

ジェット・刺し場・焼き場・サラダ場・洗い場

など分かれています。

 

 

仕事ができない人は洗い場に飛ばされます。

 

 

また、ホールもレセプション(受付)や

ランナー(料理を運ぶ人)、デシャップ(指示を出す人)、

サービスマン(お客さんの呼び出しを処理する人)

販促(販売促進:呼び込み営業をする人)

などに分かれます。

 

 

洗い場なんかはやったことがある人は分かると思いますが、地獄です

 

 

暑いし手は荒れるし、汚いものを触るし

やけどもするし、腰は痛くなるし

全力で動かないと減らないし

 

 

とにかく、地獄です。

仕事ができない人は洗い場に左遷されるので、

みんなの士気にも繋がってきます。

 

 

留学生で仕事ができない男の子がいましたが、

万年洗い場でした。

 

 

逆に、仕事ができる人は指示を出すだけの仕事をすることができます。

 

 仕事社会の原理原則

仕事 原則

 

仕事の基本中の基本ですが、

仕事ができる人は頭を使う楽な仕事ができて

仕事ができない人はきつい肉体労働をさせられます

 

 

この仕事の原理原則を学ぶことができたのが

一番の収穫だったと思っています。

 

 

やっぱり、しっかりと勉強して知識をつけて、

頭を使う仕事をしないと、ずっと辛い仕事のままですね。

 

 

バイトを始めたら、まずは仕事ができるようになって

上の地位を目指していきましょう。

 

 

最初のうちから手を抜いて仕事をすると、

あとあときつくなります。

 

 

信頼関係を築いて、大切な役割を任せられる人間を目指しましょう。

 

 

居酒屋バイトの特徴:時給が高い

 居酒屋 求人

 

基本的に、居酒屋バイトは時給が高いです。

田舎の居酒屋でも、時給950からスタートし、

金曜日土曜日は忙しいため、時給100円アップです。

 

 

さらに、夜中の10時以降は時給が25%アップで、

8時間以上連続して働いた場合、9時間目以降さらに25%アップします。

 

 

また、7連勤以上したら7連勤目からさらに25%アップ

 

 

つまり、マックスで2000円ほどの時給になります。

 

 

この給料システムは、労働基準法に則って定められています。

時間外労働や、深夜時間帯、休日労働など

給料がアップする法律になっています。

 

 

僕も初任給で14万円以上も稼ぎましたし、

16万を超えた月もありました。

 

 

バイトリーダーなんかは最高で30万を稼いだことがあるそうです。

 

 

この給料システムをしっかりと取り入れているバイト先は優良だと言えます。

ひどいバイト先だと、ずっと固定給で働かされます。

 

 

給料システムをしっかり吟味した上でバイト先を選択しましょう。

 

 

 

 

居酒屋バイトで手に入るスキル

 

 居酒屋バイト

 

居酒屋でバイトをすると、対人コミュニケーションが得意になります。

常にお客さんを相手にし、バイト仲間と連絡を取り合って

仕事を進めていくので、必然的にコミュニケーション能力が付いてきます。

 

 

仕事がきつい分、スタッフ同士の仲間意識が強くなるので、

スタッフ同士で話しをすることも増えてきます。

 

 

体育会系の人が多いので、

基本的に明るくて話せる人が多いです。

 

 

だから、その人たちと話すことによって

コミュニケーション能力が鍛えられていきます。

 

 

 

 

居酒屋バイトを1年半続けてきましたが、

やっぱりきついことのほうが多かったです。

 

 

週末は基本的に出勤なので、金土日は遊べないし、

仕事が嫌で嫌で仕方ありませんでした。

 

 

でもその分、バイト仲間達と思い出も作ることができます。

バイト先はしっかりと選んで、最高の思い出にしていきましょう。

 

 

僕はもう、ネットビジネスで稼げるようになったので

バイトはやりません笑

 (詳しくはコチラ)

 

以上で、居酒屋バイトの紹介を終わります。

ありがとうございました!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は大学生の頃から月収で170万ほど稼いでいます

怪しいし、信じがたいし、
才能があったんじゃないかとも言われます。


でも、家庭環境は最悪だったし、
バイトでは仕事ができない人間だったし、
大学の成績も下から2番目の落ちこぼれでした。


そんな人間でも、ビジネスに出会って
ちょっとの間だけ真剣に取り組んでみたら
あっさりと人生逆転できました。


僕がいま使っているものでよければ
ビジネスの戦略をメルマガでお渡ししているので、
ぜひ楽しみながら読んでみてください。


〆特別ギフト付きメールストーリーを読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓↓このページをシェアして、明日の会話のネタにしてくれたら嬉しいです↓↓