ダイレクトレスポンスマーケティングとは

ダイレクトレスポンスマーケティングとは、広告やランディングページなどの読み手や見込み客に対して、電話をかけさせたりメールに返信させるなどの行動を促すマーケティングの手法になります。その頭文字を取って「DRM」とも呼ばれています。

 

ダイレクトレスポンスマーケティングでは、反応のあった見込み客に絞って直接商品を販売することで、信頼関係を築きながら売上を構築することができます。

 

具体例を挙げると「続きは Web で!」「まずは無料サンプルのお申込みを」 といった文言はダイレクトレスポンスマーケティングの手法を用いたキャッチコピーとしてよく知られています。

 

ダイレクトレスポンスマーケティングは本で学ぶのがよい理由

体系的に学習ができる

 

ダイレクトレスポンスマーケティングを学ぶためにはインターネット上で無料で見つかる情報だけでも一通りの知識を学ぶことはできます。

 

ただし無造作にネットの情報を探すだけだと、体系的にまとまっている情報を見つけることは難しいです。

 

そこでダイレクトレスポンスマーケティングに関する書籍があれば効率的に知識やノウハウを吸収することができます。

 

良質な本が多い

 

ダイレクトレスポンスマーケティングを学ぶ手段として本を選ぶべき理由としてもう1つ挙げられるのは、内容が充実した良書が揃っているという点です。

 

インターネット上の無料で読める情報の中にも良質なコンテンツが含まれる場合はありますが、情報の質はサイトによって差も見られます。

 

マーケティングの分野で実績を持つ著者の多くは誰でも手軽に情報発信できるインターネットではなく、出版に一定のコストがかかる書籍の形で有益なノウハウを提供するのが一般的です。

 

そのため関連書籍の中にはダイレクトレスポンスマーケティングのバイブルと呼ばれるような良書が多く、玉石混交の状態となっているインターネットと比べて情報の信頼度も高くなってきます。

 

ダイレクトレスポンスマーケティングを学べるおすすめの本

「ダイレクト・レスポンス広告」を使って高額商品をバンバン売る法

 

辻壮慈氏が出版した『「ダイレクト・レスポンス広告」を使って高額商品をバンバン売る法』は、Amazonのレビュー評価が非常に高い点で注目の良書です。

 

この本にはダイレクトレスポンスマーケティングを応用した広告戦略のノウハウについて懇切丁寧に書かれおり、新たな営業手法を模索している営業マンの中にも愛読者は少なくありません。

 

本書では「アイキャッチ」「ヘッドコピー」「ボディコピー」「オファー」「アクセス」という、ダイレクトレスポンス広告で使われる5つの型が紹介されています。

 

ダイレクトレスポンスマーケティングの基本的な知識についてある程度理解していて、広告戦略や営業への応用方法について学びたいという人におすすめの一冊です。

 

シュガーマンのマーケティング30の法則 お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは

 

ダイレクトレスポンスマーケティングはアメリカ発の先進的マーケティング手法だけに、本場のアメリカでは関連する解説本の良書が少なくありません。

 

そうした1冊として挙げられるのが、ダイレクトレスポンスマーケティングの第一人者とも言われるシュガーマン氏が書いた『シュガーマンのマーケティング30の法則 お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは』です。

 

シュガーマン氏は画期的なダイレクトマーケティング手法で通販業界に革命をもたらし、全米の通販業者がこぞって手本とするほどの大成功を収めてきました。

 

この本では売上を左右するための文章表現技法など、ダイレクトレスポンスマーケティングのノウハウを30のポイントに絞ってわかりやすく解説しています。

 

メンタリストとして知られるDaiGo氏も、「10倍の値段で買って損をしない本」として推薦している良書です。

 

不変のマーケティング

『不変のマーケティング』は著名な経営コンサルタント・作家の神田昌典氏が書いたマーケティングの教科書です。

 

ビジネス書の分野で数々のベストセラーを生み出してきた神田昌典氏は、ダイレクトレスポンスマーケティングを日本に広めた人物としても知られています。

 

そんな神田昌典氏が10年以上前に書いた幻の原稿を書籍化した『不変のマーケティング』は、「マーケティングの7原則」など現在でも通用するマーケティングの原則について書かれた良書です。

 

ダイレクトレスポンスマーケティングのノウハウを身につけるには、マーケティングの基本理論からしっかりと理解している必要があります。

 

『不変のマーケティング』はマーケティングについて基礎から学びなおしたいという人にもおすすめです。

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


▼メルマガの登録はコチラから▼



< 学べる内容 >

✔️ほったらかしでも月500万以上儲かる「自動化」の技術とは?

✔️半年以内に独立・起業し、かつ裕福に暮らすために必要な考え方とは?

✔️月2100万を達成したプロモーションの全貌とは?

✔️1日30人以上の新規リストがザクザク集まる集客戦略とは?

✔️ウェブマーケティングを飲食店やイベント集客にフル活用する方法とは?
etc・・・



もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)