ネットビジネスに取り組んでいると、ブログ記事の文字数は何文字以上必要かという問題に直面します。

 

結論から先にいうと何文字書けばOKというほど単純な話ではなく、必要な文字数に明確な答えはありません。

 

記事のテーマ次第で必要な文字数が違ってくる上に、競合サイトの状況によっても記事の文字数が左右されてくるからです。

 

SEO(検索上位表示)とブログ記事の文字数の相関について

 

文字数に関するGoogleの見解

検索順位を決めるGoogleのアルゴリズムは非公開のため推測するしかありませんが、文字数に関する公式的な見解は公表されています。

 

Google社のジョン・ミューラー氏によると、Googleには単純な文字数で順位を決めるようなアルゴリズムはありません。

 

Googleが高く評価するのは他の記事よりどれだけ優れているかという一点で、その判断基準はユーザーの検索意図に合致しているかどうかによります。

 

SEOとブログの文字数は間接的に影響する

 

ブログ記事の文字数で検索順位を決めるようなアルゴリズムは存在しないとは言え、文字数が検索結果にまったく無関係というわけではありません。

 

特定のジャンルについて解説した記事を書こうとする場合、情報量を増やそうとすればするほど文字数が多くなりがちです。

 

情報量の多い記事はユーザーのニーズを満たせる可能性が高いだけに、検索順位も結果的に上がりやすくなります。

 

そういう意味でブログ記事の文字数は、SEOに間接的な影響を及ぼしているのです。

 

検索上位にいる記事は文字数が長い

 

この問題に関してはネットビジネスに取り組んでいる人の多くが強い関心を抱いているだけに、文字数と検索順位の関係を検証した記事も書かれています。

 

そうした検証記事によると、実際にGoogleで検索上位に表示された記事ほど文字数が多いという明確な傾向が見られました。

 

1位から10位までを表示した1ページ目の平均文字数は、11位以下を表示した2ページ目以降の平均より多いという結果が出ています。

 

ブログ記事に必要な文字数の具体的な目安

 

ネットビジネスのように検索ユーザーが熱心に読んでくれるような分野で上位表示されているブログ記事は、平均8000文字前後を費やしているのが現状です。

 

一般にSEO効果の期待できる文字数の目安は4000文字とも言われていますが、2000文字以上であれば十分という意見もあります。

 

実際に検索ユーザーのニーズを満たした記事を書くには、最低でも1500文字以上が必要です。

 

1000文字以内の記事は検索順位がつきにくい

 

以前は1000文字以内の短い記事でも外部SEOなどの対策で上位表示が可能でしたが、検索アルゴリズムが変更された現在では難しくなってきています。

 

近年のGoogleは絶対的な情報量を重視する傾向を強めているだけに、情報を多く盛り込めない1000文字以下の記事は評価が得られず検索順位も上がりにくいのです。

 

そうした一方でライバルが少ない分野の記事や企業の公式サイトなどは、1000文字以内でも上位表示されています。

 

ジャンルによっては長文の説明が不要な分野もありますが、全般の傾向として1000文字以内だと上位表示が難しいのは確かです。

 

キーワードによって必要な文字数は違う

 

このように検索結果で上位表示されるのに必要な文字数は、ユーザーが検索してくるキーワード次第で大きく変わってきます。

 

高い売上につながるキーワードはライバルがひしめく激戦区のため、情報量を増やした副産物として文字数を多くしないと上位表示ができません。

 

特定のキーワードに関する記事で必要な文字数を知るのは、実際にそのキーワードで検索してみて上位に表示された記事の文字数をカウントすれば一目瞭然です。

 

Googleが評価する網羅性と文字数の関係

 

Googleの検索アルゴリズムを解析した結果によると、情報の網羅性が高評価につながると推測されます。

 

ユーザーの疑問点に答える情報が網羅的に書かれてある記事は検索ニーズを満たせるため、検索結果で上位表示されやすい傾向が見られるのです。

 

そうした情報を網羅的に書こうとするとブログ記事の文字数がどうしても多くなることから、文字数の多い記事ほど検索結果で上位表示されるようになります。

 

上位表示のためにブログの文字数よりも大切なポイント

検索者が求めることを過不足なく提供できている

 

以上のようにブログ記事を評価するアルゴリズムは極めて複雑で、単純に文字数だけで検索順位が決まる仕組みにはなっていません。

 

ユーザーがどのような情報を求めて検索しているのかという点を把握することが、上位表示の重要な鍵となってきます。

 

提供する情報に過不足がないよう検索ニーズに応えられる情報をしっかり盛り込んだ上で、余計な情報が含まれないように記事の分量を調節することも必要です。

 

読みやすい言葉で文章を書く

 

長文の記事の方が多くの情報量を盛り込めるため上位表示に有利とは言え、文章が長くなると記事を読む検索ユーザーの負担も大きくなってしまうというジレンマがあります。

 

ブログ記事の文章が読みにくいようでは、ユーザーが最後まで読まずに離脱しかねません。

 

長文の記事でも視覚的に把握しやすく工夫することで格段に読みやすくなりますので、見出しや図表をうまく活用するのが記事を読みやすくするコツです。

 

売上につながるキーワードでの上位表示が大切

 

ネットビジネスでブログ記事の検索上位を狙うのは単なる順位競争ではなく、PVを増やすことによって売上アップにつなげるのが真の目的です。

 

検索エンジン経由でアクセスしてきたユーザーをコンバージョンへと効率的に誘導するには、売上と直結したキーワードで検索上位を勝ち取る必要が出てきます。

 

効果的な売上アップが期待できるビッグワードほどライバルが多くひしめく激戦区となっているだけに、10000文字前後の記事でないと上位表示が困難です。

 

需要の多いキーワードにもとづいて記事を書く重要性

 

検索需要の低い分野ならライバルも少ないため文字数が少ない記事でも上位表示が可能ですが、売上アップにつながらないようでは意味がありません。

 

あくまでもネットビジネスの成果を目的とするのであれば、検索ユーザーの需要が多いキーワードを選ぶ必要があります。

 

需要が多いキーワードに関する記事はどうしても長文になる傾向も見られますが、入念な取材にもとづいて内容の充実したわかりやすい記事を書けば、見返りもそれだけ大きくなるのです。

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


▼メルマガの登録はコチラから▼



< 学べる内容 >

✔️ほったらかしでも月500万以上儲かる「自動化」の技術とは?

✔️半年以内に独立・起業し、かつ裕福に暮らすために必要な考え方とは?

✔️月2100万を達成したプロモーションの全貌とは?

✔️1日30人以上の新規リストがザクザク集まる集客戦略とは?

✔️ウェブマーケティングを飲食店やイベント集客にフル活用する方法とは?
etc・・・



もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)