「0円起業って見かけるけど、本当にできるの?」
「脱サラして、起業してみたいけど、不安だ」
「資金はないけど起業したい、でもリスクも知っておきたい」

 

あなたは今、そんなことを考えていませんか?

 

「0円起業」は、文字通り0円で起業することです。
ネット上だけでなく、本屋の書籍でも見かけられる言葉になりました。

 

資金がなくても起業ができる、という魅力的な言葉ではあるものの、不安から手を出せずにいる方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

もし「0円起業」について知らずにいると、あなたは、得られたはずの大きな収入を逃すことになってしまうかもしれません。

 

そこでこの記事では、0円起業のメリット、デメリット、種類などについて紹介します。

 

収入はどれくらい得られるのか、リスクはないのか、そもそも、本当に0円で起業できるのか、など、知りたくはないですか。

 

この記事さえ読めば、0円起業については完全にわかります。
この記事が、あなたのお役に立ちましたら幸いです。

 

0円起業なんてできるの?

 

「起業って0円でできるの?」
「起業って、お金がかかるものなんじゃないの?」

 

そんなふうに思っていませんか?
確かに、店舗を構える場合、土地、建物、内装などにお金がかかります。

 

一等地などに店をかまえるとなると、場所によっては1億円以上の資金が必要となる場合もあります。

 

ところが、0円でも工夫次第で起業は可能なのです。

 

 

例えば、フリーのカメラマンがiPhoneを使って仕事をするとします。

 

このとき、実質、開業の費用は0円です。

 

また、自宅をオフィスにして、元々持っていたパソコンなどを使って起業すれば、事務所を構えてもほぼ0円で起業ができます。

 

0円起業自体は、特別なことではありません。

 

0円起業のメリット

 

0円で起業することには、様々なメリットがあります。

 

一つは、自分で起業し、独立するため、全ての仕事が自分の収入につながることです。

 

努力しただけ、収益を得ることができるのです。
収入は青天井、限りがありません。
資金的リスクが少ないのも、メリットです。

 

例えば、レストランを開くのであれば、最初に何前万という借入が必要になります。
0円起業なら、その必要はありません。

 

ネットショップなどで起業すれば、家賃も人件費も必要ないからです。

 

 

場所や時間も自分で自由に決められるので、自分のペースで好きなだけ働くことができます。

 

ネットを通じたビジネスであれば、カフェでも自宅でも、旅行先でも好きな場所で仕事ができます。

 

また、場所の縛りがない分顧客の幅も自由です。

 

日本中の人をお客さんに相手取ることもできます。
時間の縛りもないので、24時間、好きなように営業を行えます。

 

0円企業を行えば、収入の上限なし、資金的リスクが低い、場所と時間の自由、など手に入れることができるのです。

 

0円起業のデメリット

 

0円起業には、デメリットも存在します。

 

例えば、収入の不安定さです。
サラリーマンとして働いていれば、労働時間に対して、安定した賃金が支払われます。

 

ところが、自分で起業した場合、労働時間に見合った賃金が支払われる保証はありません。どんなに努力して働いても、収入が全く得られない、ということも当然ありえます。

 

しかも、一度会社をやめると再就職が難しいので、起業を始めるのなら、一定の覚悟が必要となります。

 

会社で受けられていたあらゆるサポートも、受けられなくなります。厚生年金、社会保障費、福利厚生、労災保険、一時給付金。

 

これらのサポートから外れてしまいます。

 

終身保険や生命保険は自分で加入しなくてはならないですし、老後の年金も、サラリーマンよりは少なくなってしまいます。

 

計画性を持ち、自分で貯蓄する必要があるのです。

 

0円起業の例

 

0円企業と聞いても、具体的にイメージするのは難しいでしょう。

 

ここでは、0円起業の例をいくつか紹介します。ネットショップによる0円起業は、服・飲食・雑貨にかかわらず、誰でも0円でお店を出すことができます。

 

資金が足りないけど、お店を開いてみたい、という方におすすめの0円起業です。家事代行や買い物代行、謝罪代行などの代行ビジネスは、固定のサイトを利用して起業することができます。

 

代行サービスを売り出せるサイトを利用すれば、アイデア次第で稼ぐことができます。

 

依頼を受けて動画を編集したり、自分で動画を制作するユーチューバーのような仕事も、0円起業で始めることができます。

 

Webライターであれば、「Crowd Works」を含むクラウドソーシングサイトを使って単発の仕事を請け負うこともできます。

 

メルカリで不用品を出品し、身の周りにある商品を整理して、出品する、これだけでもそれなりの収入を得ることが可能です。

 

上級者ともなると、メルカリで高く売れそうなものを、中古屋で安く仕入れて稼ぐ、という方法もあります。

 

ただし、いずれの場合も0円起業は資金が少ないため、起業方法にはある程度制限がついてしまいます。

 

 

【あわせて読むと、理解が深まる記事】

ネット起業で“本当に稼げる”10のビジネスモデルを大公開

 

0円起業で最もおすすめなものはDRM

 

様々な0円起業を紹介してきましたが、中でも唯一、大きく稼ぐことができる、と言われているものがあります。

 

それが、「DRM」と呼ばれるものです。

 

「DRM」は、「ダイレクト・レスポンス・マーケティング」の略です。

 

ブログ記事を通してファンを作り、メルマガに登録してもらって、ファンごとに異なる商品を販売して顧客にしていく、というマーケティングの一つです。

 

個人でも大きな金額を稼げる他、実績がなくても商品を売る能力が身に付く、好きなことで稼げる、ということで注目を集めています。

 

個人でも年商20億までは稼げるポテンシャルすら秘めています。

 

赤字リスクがほとんどゼロなのに、個人で始められるのも嬉しいポイントです。

 

詳しくは、当サイトで詳しく解説していますので、学んでみてください。「DRM」は、他のあらゆる0円起業よりも、圧倒的におすすめできる0円起業です。

 

【あわせて読むと、より理解が深まる記事】

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とは?集客、教育、販売の3ステップを解説

 

0円起業まとめ

 

0円起業は、始めようと思えばすぐにでも始められる手軽なものも、数多く存在します。

 

この記事を通して、0円起業がより身近なものに感じられたのではないでしょうか。他にも、アイデア次第で様々な0円起業を行うことができます。

 

温めているアイデアはありませんか。
やってみたい仕事はありませんか。
自分が本当にやりたいことで、稼いでみませんか。

 

是非、0円起業に挑戦してみてください。
この記事が、少しでも、みなさまの助けとなりますように。

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


▼メルマガの登録はコチラから▼



< 学べる内容 >

✔️ほったらかしでも月500万以上儲かる「自動化」の技術とは?

✔️半年以内に独立・起業し、かつ裕福に暮らすために必要な考え方とは?

✔️月2100万を達成したプロモーションの全貌とは?

✔️1日30人以上の新規リストがザクザク集まる集客戦略とは?

✔️ウェブマーケティングを飲食店やイベント集客にフル活用する方法とは?
etc・・・



もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)