今日は、インバルブメント効果について解説していきたいと思います。

 

 

インバルブメント(involvement)とは、

『巻き込む』

という意味で

 

 

ネットビジネスにおいて

読者さんに行動を起こしてもらい、

商品の成約率を上げるためのテクニックです。

 

 

少し難しい概念ですが、

このテクニックをコピーライティングに盛り込むことで

成約率が数%上昇するといわれています。

 

 

成約率がちょっとでも上がるだけで、

月の売り上げが数十万円変わってきます。

 

 

読者が100人いたら5~6万円変わるし、

1000人いたら50万~60万変わります。

 

インバルブメント効果をわかりやすく解説

 

一言で説明すると

 

 

インバルブメント=参加したものに人は愛着を覚える

 

 

です。

 

 

 

人間は、自分が参加したコミュニティや企画には、

愛着を覚えるようにできています。

 

 

この心理を利用したテクニックが

『インバルブメント効果』

です。

 

 

日々のメールマガジンやブログなどで、

読み手を無意識のうちに何かしらの企画に参加させます。

 

 

かなり高度な技になってきますが、

使いこなすだけで成約率が上がるので、使わないだけ損ですよね?

 

 

そんな難しいテクニックですが、

使い方があります。

 

 

①巻き込んだ前提で話をする

ex:玄関に鏡を置いたら運気が下がるという

話がありますけど、もう玄関から鏡を取り除きましたよね?

 

 

付加疑問文で話しかけるようにします。

 

 

~ですよね?

~したいからこのページを開いたんですよね?

 

 

このようにして書くことで、

読者は頭の中で無意識に『うん、うん』と

相槌を打っていきます。

 

 

すると最終的に

この商品を買いますよね?

と言われたら

『うん』

と答えてしまうのです。

 

 

②第三者にツッコミを入れる形で使う

 

例えば

 

『この商品は、7万円です。』

『高いと思いましたよね?でも、~~』

 

 

というように続けていきます。

 

 

読者さんの気持ちを先読みしていき、

ツッコミを入れていきます。

 

 

こうすることによって、

『そう、そう』

と、更に相槌を手に入れることができます。

 

 

まとめ:成約率を1%でも上げよう

 

以上で、インバルブメントの使い方の解説は終わりです。

 

 

テクニックは付け焼刃で使ってもあまり意味はありませんが、

セールスレターの流れや

ターゲットのリサーチをしっかりとしていると

 

 

爆発的に効果を発揮することがあります。

 

 

ターゲットの心理を汲み取って、

その上でインバルブメント効果を積極的にいきましょう。

 

 

成約率が1%でも上がっていただけたら嬉しいです。

 

 

ありがとうございました。

 

ふっさん

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)