こんにちは、ふっさんです。

 

最近、「Youtube集客」に目を向けていて、

本格的に参入することを決めました。

 

アウトプットも兼ねて、Youtube集客のメリットを話していきます。

迷っている人は何かの参考にしていただければと思います^^。

 

ちなみに、僕のYoutubeチャンネルはコチラです。

もしよかったらチャンネル登録しておいてください^^。

Youtubeでは主にネットビジネスと

ライフハックの情報発信をしていきます。

Youtube集客のメリット

まずは必要性を感じてもらわなければならないので、

「Youtube集客のメリット」をお話ししていきます。

 

 

メリットを知っていることで、十分な動力源になります。

ビジネスに限らず、メリットを常に念頭に置いて、

「なぜそれをするのか?」を明確にした上で仕事を進めていってください。

 

 

Youtube集客のメリットは、以下の通りです。

 

 

・価値を提供しやすい

・生産時間が短い

・資産家できる

・集客力が高い

・他人のシェアを奪える

 

 

以上がYoutube集客のメリットです。

ひとつひとつ丁寧に見ていきましょう。

価値を提供しやすい

ひとつ目は、価値を提供しやすいという点です。

 

 

僕が解説しているYoutubeの動画の形態は

「何かを写しながら喋る」

というものなので、あなたの声を録音していきます。

 

 

ビジネスの基本は「文章」ですが、

文章で書くスピードと音声を録音するスピードでは、

最終的に作られるコンテンツ量がケタ違いです。

 

 

平均的に、1時間かけて作成した文章は

「1300文字~3000文字」程度です。

 

文字の装飾や投稿するまでの中身を含めると、

1時間かけて世の中に打てるコンテンツ量は少ないでしょう。

 

 

しかし、これが音声だったらコンテンツ量は数倍になります。

 

 

1300文字~3000文字程度の内容だったら、

わずか5分程度で作成可能です。

 

文章でかかる1時間をすべて音声の録音にまわしたら、

それだけで3万~4万文字のコンテンツを作ることができるでしょう。

 

 

「価値を提供した分だけ稼げる」

というのはビジネスの原理原則ですが、

動画を使えば、文章とは比にならない価値を提供することができます。

 

 

つまり、Youtubeは価値提供に最適な手段と言えるのです。

 

ワンコンテンツマルチユースに繋げられる

 

これは別の記事でも詳しくお話ししましたが、

動画はワンコンテンツマルチユースに非常に有効です。

 

数分で何千文字ものコンテンツを作ることができますから、

書き起こしをすればそれだけで膨大なコンテンツになります。

 

書き起こしは何もあなたがやる必要はなく、

外注さんを雇って書いてもらっても大丈夫です。

 

 

10分の動画を撮る→Youtube動画を上げる→書き起こしてコンテンツにする

 

 

こうすることで、Youtubeとブログの両方からの

アクセスを獲得することができます。

 

10分の動画×6を作れば、

それだけで長文コンテンツを6個作成することができますね。

 

コンテンツを量産できる

 

画面を開いて音声を録音するだけなので、

コンテンツを簡単に量産することができます。

 

 

パソコンの前に張り付いて、

考えている内容をガンガン喋っていくことで、

何万文字のもの濃密なコンテンツを量産することができます。

 

 

・人との対談

・インタビュー

・流行についての考察

・思い出話

・体験レビュー

 

 

など、アイデアは無限に沸いてくるので、

ネタに困ることもありません。

 

 

日常生活で動画を撮る機会はたくさんありますが、

それらの動画をYoutubeに上げるだけでもコンテンツになるのです。

 

 

コンテンツを量産できるので、ある意味では

最もハードルが低い媒体と言えるでしょう。

 

 

すでにYoutube集客を実践している人は少数いますが、

その中には1日で100動画以上をアップロードしている人もいます。

 

100動画挙げれば、あとはワンコンテンツマルチユースで

メガメディアを作成することができますね。

 

 

「これから本気でビジネスをやる!」

という人は、この量産型マーケティングを仕掛けても

十分威力があるのではないでしょうか。

(その戦略についても別の章で詳しくお話します)

Youtubeはストックビジネス

これはYoutubeの最大のメリット

と言っても差し支えないと思いますが、

動画は「資産」になります。

 

 

資産というのは、作成してしまえば

自動でお金を発生させてくれるものです。

 

「ストックビジネス」という言い方もできます。

 

 

ストックビジネスとは、流動性のある収益モデル

(メルマガやTwitter、Facebook)とは違って、

未来に向かってコンテンツを重ねていき、

積み重ねることで長期にわたって収益をもたらしてくれるものです。

(参考記事→ストックビジネスとフロービジネスのLTV比較)

 

 

僕は別チャンネルを含めると

すでに100動画ほどYoutubeにアップロードしていますが、

いまだに自動でアクセスが集まり続けています。

 

 

1年前に投稿した動画からアクセスが集まってきたり、

なんとなく投稿した動画が意外に再生回数伸びていったり

 

 

投稿した動画は長い間アクセスを集め続けてくれる

「資産」になるので、投稿すればするほど

右肩上がりに収益が伸びていくでしょう。

 

 

「やればやるほど稼げる」という、夢のような媒体がYoutubeです。

動画内でセールスが可能

また、動画内でセールスすることが可能です。

 

 

特殊な商材を取り扱っている場合、

動画内で「教育」を完了させることができれば、

それだけで商材に必要性を感じてもらい、

商品を販売することができます。

 

 

僕も試しに、「Twitter」に関する動画を撮影し、

その中で商材を欲しくなる教育をしたところ、

その動画の下に貼っていた説明欄から商品が売れていきました。

 

 

先ほども言った通り、動画は資産になるので、

これを繰り返すことで自動で商品が売れ続ける資産を重ねることができます。

 

 

1ヵ月に1個商材が売れる動画を作れたらどうでしょう?

 

そういった動画を30個作成することができたら、

それだけで月30万の不労所得になります。

 

 

この方法は色んなテーマで行うことが可能です。

 

 

そこでダイエットについての商材を勧めてもいいし、

勉強に関する商材を勧めてもいいです。

 

 

商材が売れる感覚を掴むのは難しいですが、

挑戦してみる価値は十分にあると思います。

最高のリスト取り場所になる

音声という性質を持つ以上、

動画を開いた人は話し手に強烈な興味を持ちます。

(もちろん、価値のあるコンテンツを提供しているという前提付きです)
ですので、あなたの音声が入った動画を

アップロードし続けていけば、

自然とそれらの動画がリストを集めてくれるようになります。

 

 

「リスト取り動画」

通称、「LV(ランディングビデオ)」と読んでいますが、

リストがザクザク取れる動画を量産することができるのです。

 

 

例えば、あなたがフェラーリに乗って

街を滑走している動画を撮ったとしましょう。

 

その動画の下に、「僕がインターネットビジネスで稼いでいる方法→URL」

という形でランディングページのリンクを載せていたらどうですか?

 

 

おそらく、フェラーリを欲しいと思っている人からの

メルマガ登録がわんさかやってくるでしょう。

 

これは非常にストレートなやり方ですが、

例えば「美味しいものを食べた」という動画だったり、

カラオケの映像の下に入れているだけでもリストが取れたりします。

 

 

このように、Youtubeは最高のリスト取り場所になります。

 

 

本講座の主題となる部分ですが、ぜひこの感覚を使って、

最終的にはメルマガビジネスに繋げるようにしてください。

 

 

以上、Youtube集客のメリットについての解説でした。

次の記事も楽しみにしていてください^^。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は大学生の頃から月収で170万ほど稼いでいます

怪しいし、信じがたいし、
才能があったんじゃないかとも言われます。


でも、家庭環境は最悪だったし、
バイトでは仕事ができない人間だったし、
大学の成績も下から2番目の落ちこぼれでした。


そんな人間でも、ビジネスに出会って
ちょっとの間だけ真剣に取り組んでみたら
あっさりと人生逆転できました。


僕がいま使っているものでよければ
ビジネスの戦略をメルマガでお渡ししているので、
ぜひ楽しみながら読んでみてください。


〆特別ギフト付きメールストーリーを読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓↓このページをシェアして、明日の会話のネタにしてくれたら嬉しいです↓↓