うも、ふっさんです。

 

 

今日は壁紙を利用して

作業効率を上げようということで、お話していきます。

 

 

私たちって、普段何気なく壁紙を利用していると思うんですよ。

 

 

で、その『壁紙』を見ている頻度って

人生の中でかなり高い割合を占めると思うんです。

 

 

生活していて、ましてやパソコンで作業をしているなら

何回だってデスクトップの画面を見るし

 

 

スマホの画面を開くたびに壁紙を見るわけです。

 

 

その数、1日数百回です。

 

 

もし、その壁紙を最大限利用して

“本質”を”勉強”することができたら

 

 

すごい良い勉強になると思いません?

 

 

今日は、その壁紙を利用した

勉強法について書いていきます!

 

 

 

【壁紙を利用した勉強法】

 

 

“私たちは意識しなくても、

何度も何度も壁紙を見るので

  

そこに『本質』が書かれた壁紙を設定することで

本質を存分に学ぶことができる”

 

 

・・・と、ここまでの発想をする人は普通にいて、

さらに壁紙を変えるという行動まで取るという

優れた人間もいますが

 

 

 

実は、勉強するのに向かない壁紙

 

 

というものがあります。

 

 

それはなにかというと

『長い名言が書かれた壁紙』

です。

 

 

例えばどういうものかというと、

こういう壁紙です

 

25362114_220x220

 

 

有名なアノ人の壁紙ですね。

 

 

こういう系の壁紙は、

確かに勉強になります。

 

 

ただ、実際に設定してみたらわかるとおり

 

 

“読みきれない”

です。

 

 

壁紙を見る時間は3秒~10秒。

 

 

それも、次やるべきことを考えながら見るので

文字自体に意識がいくことはまったくないのです。

 

 

だから、こんなに長い文章だと頭に入ってくることがないんですね

(ましてや上記の例だと、理解するのに少し時間がかかります)

 

 

僕も実際に3ヶ月ほどこの壁紙を設定していましたが

 

 

結局、マザーテレサのこの名言を

暗唱することすらできるようになりませんでした。

 

 

まったくもって非効率です。

 

 

 

じゃあ、どういう壁紙を設定すればいいのか?

というと

 

 

f9d33a7dc6f2f230f1ca3a5b03ae0fe6

 

↑こういう壁紙です。

 

 

かなりインパクトのある画像ですが。笑

 

 

これはコピーライティングの基本テクニック

『3つのNOT+α』です。

 

 

これをちゃんと何度も見ることで、

“開かれる、読まれる、信じてもらえる、行動してもらえる”

そんな文章を書くことができます。

 

 

ちなみに、この壁紙は年商3億のコピーライターも設定していました。笑

 

 

この壁紙、何がいいかって

すんなりと情報が入ってくることです。

 

 

要は、壁紙で勉強をしようと思ったら、

勉強する言葉はシンプルじゃなくてはいけないです。

 

 

何度も何度も繰り返し見ることで、

潜在意識にその言葉が染み込んでいき

だんだんとその言葉が常識に変わっていきます。

 

 

もし、3つのNOT+αを理解している人と

理解していない人が文章を書いたら

 

 

圧倒的に前者のほうが

素晴らしい文章を書くことができるわけですよね。

 

 

本質を学ぶことができたら、

お金を稼ぐことは簡単です。

 

 

そのために、壁紙を使った勉強法を実践していきましょう!

 

 

 

P.S.

 

 

ちなみに、いまの僕の壁紙はこれです。笑

 

jidouka

 

 

自分で作りました。

 

 

おかげさまで目先の利益に捉われなくなれましたね^^

 

 

いいと思ったらすぐ行動していきましょう!

 

明日からの壁紙を変えるだけで

だいぶ成果が変わると思いますよー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は大学生の頃から月収で170万ほど稼いでいます

怪しいし、信じがたいし、
才能があったんじゃないかとも言われます。


でも、家庭環境は最悪だったし、
バイトでは仕事ができない人間だったし、
大学の成績も下から2番目の落ちこぼれでした。


そんな人間でも、ビジネスに出会って
ちょっとの間だけ真剣に取り組んでみたら
あっさりと人生逆転できました。


僕がいま使っているものでよければ
ビジネスの戦略をメルマガでお渡ししているので、
ぜひ楽しみながら読んでみてください。


〆特別ギフト付きメールストーリーを読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓↓このページをシェアして、明日の会話のネタにしてくれたら嬉しいです↓↓