大学で友達を作って全力で楽しむ方法

 

 

んにちは、ふっさんです。

 

 

大学生活を楽しめるか楽しめないかは、いかに

『一緒にいて楽しい友達を作るか』

に懸かっています。

 

 

大学は人生に一度の夏休みと言われているほど、

楽しい時期です。

 

 

この時期を楽しめない人は、

人生をいくらがんばっても楽しめるわけがありません。

 

 

心を許せる楽しい友達がいるだけで、

大学生活は何倍も何十倍も楽しくなります。

 

 

また、大学でできた友達は

一生を通しての友達になる可能性が高いです。

 

 

ここでは、僕の体験談と共に

『どうやって最高の大学生活を過ごす友達を作るのか』

についてお話していきたいと思います。

 

 

大学で友達を作るメリット

 

 

まず、友達を作ろう!

と思う前に、大学で友達を作るメリットを紹介します。

 

 

これを知っているだけでも

友達を作るモチベーションが上がってブロックが外れていくので、

一字一句飛ばさずに読んでくださいね。

 

 

・授業が楽に進むようになる

 

 

僕は結構サボり癖があって、

授業もあまり行かなかったりするのですが

 

 

そのときに友達に

『プリント取っといて!』

と頼んだり、

 

 

代わりに出席を取ってもらったりしています。

(代弁と呼ばれる行為で本当はダメですが)

 

 

また、テスト前など一緒にみんなで勉強するので、

知識を共有したりわからないところを

教えてもらったりできます。

 

 

大学のテストはなかなか難しくて、

留年もかかっている重いテストが多かったりするので

 

 

友達がいるorいないでは、

卒業できる確率が大きく変わってきます

 

 

また、一緒にレポートをこなしたりすることで

楽しく勉強することができますしね。

 

 

レポートの提出など、スケジュールは

すべて自分で管理しなくてはならないので

 

 

友達に聞けば安心!という環境が揃っていれば、

レポートの出し忘れによる留年は防ぐことができます。

 

 

 

・大学生活が楽しくなる!

 

 

これは当然のことですが、

大学生活が最高に楽しくなります。

 

 

大学生活では

 

 

・タコパ

・鍋パ

・スノボ

・海水浴

・旅行

・宅飲み

・キャンプ

・合宿

 

 

など、楽しいイベントが盛りだくさんです。

 

 

そして、それらを企画し誘ってくれるのは

すべて友達です。

 

 

自分ひとりでこれらのイベントをこなすことはできないし、

自分で企画して開こうという人も多くないかと思います。

 

 

アクティヴな友達を作ることができれば、

こういったイベントを一緒に企画したり、

誘われたりして最高の思い出作ることができます。

 

 

当然、友達がいなかったら

こういったイベントは一切ないので、

友達を必ず作れるようにがんばってください。

 

 

大学が楽しくなるというのは、

当たり前のメリットではありますが非常に重要な要素です。

 

 

以上、大学で友達を作るメリットを紹介しました。

 

 

それでは、ここから具体的な

大学での友達の作り方を紹介します。

 

 

大学での友達の作り方 新入生編

 

 

大学での人付き合いは、

高校までとは少し違っていて

 

 

“最初の1ヶ月”

にすべてが懸かっているといっても過言ではないです。

 

 

大学は地方からやってきた一人暮らしの人が多いので、

大学が始まって最初の一ヶ月は

みんな友達が欲しいものです。

 

 

その一ヶ月は、全員フレンドリーな時期で、

一番友達が出来やすい時期です。

 

 

僕はこの一ヶ月が勝負だと思って、

志望校の合格が決まったと同時に準備を始めました。

 

 

どんな準備をしたのかというと、

例えば以下の通りです。

 

 

・コミュニケーション力を高めるための読書(心理学など)

・ファッションの研究(参考記事:大学生のダサいファッションをまとめてみた)

・流行の研究(アーティスト、テレビ、芸能人、etc…)

・能力の開発(運動神経、勉強)

 

 

実際、これらの努力が花開いたのかもわかりませんが、

学部の中で一番友達が多いんじゃないかというくらい

多くの友達ができました。

 

 

キャンパスを歩いていても

しょっちゅう誰かに話しかけられるし

 

 

毎日遊ぶ相手に困らないほど

仲良い友達がたくさんできました。

 

 

この経験から言えることは、

『大学の友達は、勝手にできるものではない』

ということです。

 

 

みんな、何かしらの努力はしています。

 

 

大学が始まってすぐに周りの友達に話しかけたり、

リア充の集団に積極的に入っていこうとしたり

話題を合わせるために必死に勉強したり

 

 

この努力をした人が、

早い段階で友達を手に入れている印象です。

 

 

だから、大学で友達を作るための努力をしている自分を

恥ずかしいとは思わずに、積極的に努力してください。

 

 

正直、

『おれは友達作りなんてしねーわ』

なんて言って胡坐をかいている人ほど、

最初の友達作りに失敗して悲惨な大学生活を送っている印象です。

 

 

お笑い芸人の上田晋也さんを知っているかと思いますが、

彼は早稲田大学に合格したものの、

一切友達はできなかったそうです。

 

 

昼ごはんもいつも一人で食べ、

 

 

休み時間の10分間は喉も渇いていないのに

ひたすら水を飲んで過ごしたそうです。

 

 

いまの彼からは考えられないですが、

できればそうならないようにしたいですね。

 

 

実際に、そのような生活を送っている人は随所に見られます。

 

 

何が楽しいんだろうと

不思議に思うこともありますが

 

 

どんな大学生活でも、

友達がいないよりはいたほうが楽しいに決まっています

 

 

 

大学で友達を作るためのサークル選び

 

 

サークル選びって、

大学の人脈作りに一役買ってくれます。

 

 

実際、同じサークル同士で固まって

一緒に大学生活を送っている人達はたくさんいますし、

 

 

そうでなくてもサークルを通して

友達の輪を広げていく人もいます。

 

 

これは裏ワザ的な手法ですが、

最初のうちは色んなサークルに顔を出してみるべきです。

 

 

これは実際に僕が体験したことで、

僕は最初から入るサークルを決めていましたが、

楽しそうだったので色んなサークルに見学しに行きました。

 

 

その結果、そのサークルの見学で

仲良くなった友達と何度も遊ぶようになり、

3年生になったいまでも関係は続いています。

 

 

なぜ仲良くなることができたのか分析してみましたが、

これは『不安を共有しているから』だと考えられて

 

 

「このサークル大丈夫かな~不安だなー」

という考えを共有することで、

一気に仲が良くなったのだと考えられます。

 

 

自分が入らないサークルでも、

最初のサークルが活発な時期に仲良くなった友達とは

ずっと仲良くやっていけます。

 

 

友達を手っ取り早く作りたい人は、

サークルを上手く利用してみてください。

 

 

 

大学での友達の作り方:話しかける

 

 

大学では、積極的に人に話しかけることが

友達を作るコツです。

 

 

ここでは、恥ずかしがらないことがポイントです。

 

 

例えば、僕が使っていたテクニックでは

同じ講義を取っていた人を図書館で見かけたら

 

 

『○○の講義、取ってましたよね?』

と話しかけて講義の内容をシェアしたり、

 

 

ほかにも講義で偶然隣に座った人に話しかけて質問したりするなど、

 

とにかく話しかける口実を見つけては話しかけていました。

 

 

大学生活では、

話しかけられてウザいと思う人はいないので

(そういう人と仲良くなっても意味ないです)

 

 

恥ずかしがらずに、積極的に話しかけていきましょう

 

 

大学の友達の作り方 まとめ

 

 

以上、大学での友達の作り方を紹介しました。

 

 

結局、全部そうですが、

テクニック的なことを全部無視しても、

話しかければ友達はできていきます。

 

 

色んなサークルに見学しに行っても、

色んな講義を受けてみても

色んなイベントに参加してみても

 

 

自分からアクションを起こさなければ

大学で友達ができる確率はかなり低いです。

 

 

逆に、コミュニケーション力が無くても

話しかける勇気さえあれば、

段々コツを掴んできて話せるようになります。

 

 

要は、自分次第です。

 

 

大学生活を楽しくするのも自分次第、

つまらない生活を送るのも自分次第です。

 

 

この記事を最後まで読んでいる時点で、

根性があると思うので自分を信じてがんばってみてください。

 

 

大学ではみんな、友達を作りたいと思っています。

 

それは僕のこれまでの経験からも立証済みです。

 

 

ぜひ、自分に自信を持って、

友達作りをがんばってください。

 

 

応援しています!

 

 

 

P.S.

 

 

あと、僕のメールストーリーを紹介しておきます。

⇒ふっさんの公式メールストーリー

 

 

GPA1.8の落ちこぼれの学生が、

どのようにエリート大学生が羨ましがるような生活を手にしたのか

 

 

僕の大学生活の回顧録も一緒に発信しているので、

興味のある人は読んでみてください^^

 

 

⇒ふっさんの公式メールストーリー

 

 

それでは!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は大学生の頃から月収で170万ほど稼いでいます

怪しいし、信じがたいし、
才能があったんじゃないかとも言われます。


でも、家庭環境は最悪だったし、
バイトでは仕事ができない人間だったし、
大学の成績も下から2番目の落ちこぼれでした。


そんな人間でも、ビジネスに出会って
ちょっとの間だけ真剣に取り組んでみたら
あっさりと人生逆転できました。


僕がいま使っているものでよければ
ビジネスの戦略をメルマガでお渡ししているので、
ぜひ楽しみながら読んでみてください。


〆特別ギフト付きメールストーリーを読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓↓このページをシェアして、明日の会話のネタにしてくれたら嬉しいです↓↓