どうも、ふっさんです。

 

集客の方法としてTwitterを使う人が多いと思いますが、

ブログに誘導したりメールマガジンに誘導するためには

ブランディングとアクティブユーザーを増やすことが重要です。

 

アカウントを見比べてみるとわかりやすいですが

twitter ブランディング

↑このアカウントと

twitter ブランド

↑このアカウントでは、説得力がまるで変わってきます。

 

当然、1つのつぶやきに対して、

フォロワーが多いほうが反応が大きいし、

 

たとえ同じアクティヴユーザーだとしても

フォロワーが多いほうが説得力が増していきます。

 

フォロワーの数は、ブランディングに非常に最適の方法です。

1万フォロワーもいる人=影響力を持っている人

という実績が勝手に付いてくるからです。

 

今回は、そのTwitterのフォロワーの増やし方を紹介したいと思います。

【フォロワーを買う】

 

手っ取り早い方法として、フォロワーを買うのがオススメです。

 

Yahoo!オークションなどで、

1万人のフォロワーが800円ほどで販売されているので、

購入してみるのをオススメします。

 

外国人Twitterフォロワー1万人分

 

↑これは外国人のフォロワーなので、

自分のツイートを見られるわけではありませんのでご注意を

 

ただ、ブランディングとしてフォロワーを増やすことができるので、

説得力を増やす材料だと思ってください。

 

 

また、フォローの上限数をやすやすと突破できるという効果もあります。

フォロワーが少ない状態だと、どうしても1日500人とかしかフォローできないのですが、

先に1万フォロワーを持っている状態だと、1000人ほど一気にフォローすることができます。

 

また、フォロワーも2000人を超えているいる状態なので凍結の心配もありません。

 

Twitterを使って一気に集客したい人、

ブランディングを行って濃いお客を集めたい人は、

フォロワーを買うというのをオススメします。

 

ちまちまフォロワーを増やすより、

800円くらい投資して一気に買うほうが得策ですよ。

 

 

【つぶやきをブランディング】

 

これもまた比べてほしいのですが

brand

 

こういうつぶやきをしている人と

 

吉野家 牛丼

 

こういうつぶやきをしている人、

どっちが説得力を帯びるでしょうか?

 

当然、前者だと思います。

 

 

Twitterのユーザーが外部リンクに飛ぶときや、

メルマガに登録しようと思うとき、

意外と注目するのがつぶやき欄です。

 

日頃からどういうつぶやきをしているのか、

どんなことを考えているのか

前もって情報を手に入れないと、登録しようという気にはなれませんよね。

 

だからこそ、つぶやき欄は充実させておく必要があります。

 

今回の例では、食べ物に関するつぶやきですが

前者は高級そうな料理(僕が以前、伊豆で食べた2000円の料理です)

で、後者は牛丼です。

 

比べてみると、”お金を稼ぐ”という点においては

前者のほうが説得力があると思います。

 

『あ、いい生活してるなこの人』

と思わせることができればいいです。

 

別に高いものを食べていなくても、

写真を撮る角度や光の度合いなどを調節すれば、

それなりに高級そうに見えてきます。

 

こうして常日頃からブランディングをはかれば、

ダイレクトメッセージで

『どんなことしているんですか!?』

とか

『ビジネス教えてください!』

といったメッセージが頻繁にくるようになります。

 

そういう人たちは自分の見込み客になり得るので、

手厚くサポートして自分のファンにしていきましょう。

 

 

Twitterブランディングについては以上です。

 

無料でTwitterアカウントの添削などもやっているので、

SkypeID:fussan0120

↑にメッセージを頂ければ添削します。

 

それでは!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は大学生の頃から月収で170万ほど稼いでいます

怪しいし、信じがたいし、
才能があったんじゃないかとも言われます。


でも、家庭環境は最悪だったし、
バイトでは仕事ができない人間だったし、
大学の成績も下から2番目の落ちこぼれでした。


そんな人間でも、ビジネスに出会って
ちょっとの間だけ真剣に取り組んでみたら
あっさりと人生逆転できました。


僕がいま使っているものでよければ
ビジネスの戦略をメルマガでお渡ししているので、
ぜひ楽しみながら読んでみてください。


〆特別ギフト付きメールストーリーを読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓↓このページをシェアして、明日の会話のネタにしてくれたら嬉しいです↓↓