こんにちは、ふっさんです。

 

先日、起業家仲間と
品川のシガーバーに行って葉巻を吸いました。

 

たばこはちょいちょい吸ってましたが、
葉巻は初めてです。

 

チョコと、ウィスキーと、葉巻を吸って
ビジネスの話に華が咲きました。

 

 

今日は、初体験をすると自分の世界が広がり、
器が上がって楽しくなる。

 

という話をしたいと思います。

 

ノリで六本木でバーを開くことに

 

シガーバーに行ったのは

 

・21歳の若さで物販ビジネスを自動化して独立した人、
・29歳で年収5000万を突破した起業家の先輩、
・28歳で海外に住みながらビジネスを始めて独立した人、

 

という異色のメンバーです。

 

このメンバーで話をしていたら
六本木でバーを開こうぜ、
という話になりました。

 

完全にノリで話したことなのですが、
起業家は何事もアクションが早く
2日後には物件の内覧をすることになりました。

 

 

やっぱり、行動が超速いと得をします。

 

仲介業者は何百件も経営を見てるので
バー経営のノウハウが色々と手に入ったし、
色んな裏話も聞けて楽しかった。

 

結局、六本木にバーを開いても
あんま儲からないよね、
となって話は流れたけど、
(改めてネットビジネスの利益率にビビりました)

 

せっかく集まって時間もあったので、
研究目的でシガーバーに行きました。

 

 

葉巻を吸えるお店は、
品川のプリンスホテルのなかにあります。

 

ル・コネスールグランドプリンスホテル高輪
という店に行きました。

 

 

 

入り口にはおしゃれな看板と盆栽が置いてありました。

 

 

おそるおそる店のなかに入ると、
葉巻がズラッと並んでいました。

 

 

 

量多っ。

 

こんな種類あんの・・・

 

このなかから選べと言われたので、
即答で「おすすめのやつでお願いします」と答えました。

 

新しいことを体験するときは、
基本的にミーハーで良いのです。

 

むしろ、ここで知ったかぶって
変なのを選ぶと嫌いになっちゃいます。

 

 

というか、プロに聞いたほうが早いです。

 

自分で調べるよりも、
店員さんに聞いて10分ほど
葉巻の素晴らしさを力説してもらいました。

 

葉巻の魅力は日々の喧騒を忘れることらしい

 

葉巻の魅力を聞いてみたら、
「1本の葉巻で1時間や2時間は味を楽しめる。
そのあいだは仕事のことを忘れられる」
ということを言っていました。

 

いや、あんた葉巻の店で働いてるやん、
というのを思いつつも、
それが一番の魅力だそうです。

 

僕もびっくりしましたけど、
葉巻はかなり長いあいだ吸うことができます。

 

だから、誰かと一緒に吸うのであれば
深いところまで話をすることができるし、

 

一人で吸うのであれば
のんびりと味を楽しむことができるのです。

 

 

葉巻の魅力をじっくりと聞いたあとに、
実際に運ばれてきた葉巻がこちら

 

 

 

おお、本格的。

 

持ってみると意外と軽かったです。

 

 

いざ実食。

 

ガスで火をつけてしまうと
ガス臭い味になってしまうみたいなので、
一旦紙を燃やしてから葉巻に火をつけます。

 

で、実際に吸ってみたら、うまい。

 

 

表現するのが難しいけど、
煙が口のなかで広がって、
とうがらしを食べたみたいになる。

 

一瞬ピリッと辛くなって、
その辛さがスッとなくなって、
鼻の奥に煙の匂いが残る。

 

その匂いもなんとなく爽やかで、
頭が一瞬フワッとする感覚がある。

 

葉巻は肺に入れたらダメなので、
口のなかで転がして煙を楽しみます。

 

煙ってこんなに味が違うんだ・・・。

 

味覚じゃない嗅覚にも「味」があるんだ、
ということがわかりました。

 

 

ちなみに、葉巻はチョコとウィスキーが合うみたいです。

 

ウィスキーは、ロックで頼み、
チョコもセットで注文しました。

 

 

で、ウィスキーを飲むとさらにうまい。

 

ウィスキーも煙の匂いが入ってるけど、
その匂いが葉巻の香りと良い感じに混ざって
新しい味覚として現れるから良いです。

 

 

加えてチョコも食べるとクッソうまい。

 

チョコってこんなうまかったっけ笑。

普段食べてる板チョコとあまり変わらないはずなのに、
葉巻とウィスキーを足すだけで全然違います。

 

 

やっぱ、組み合わせって大事です。

 

葉巻とウィスキーとチョコですが、
この3つが組みわさった上に
空間もかなりおしゃれになっているので、
全部が掛け算になってテンションが上がります。

 

これがもし自分の部屋とかだと
威力が半減してしまうのかなーと。

 

だから僕らは空間にお金を払ってるし
組み合わせというものにお金を出しています。

 

この「商品のどこに価値があるか?」
っていう視点を持つと
ビジネスの本質が見えてくるので、
周りのサービスを研究してみると面白いです。

 

会話が超盛り上がった。

 

葉巻はおしゃれに品よく吸うものだ、
というイメージがあったんですけど、
今回は会話が超盛り上がりました。

 

みんな起業家っていうのもあって、
話したいネタも山ほどあります。

 

今回は、これからどういう事業をするか?
というのを話しまくりました。

 

 

(みんな思い思いにかっこつけながら吸ってます)

 

なかには海外展開を考えている人もいて、
今年中には香港に会社を立てて
いろいろと遊びまわりたいと言っていました。

 

「ふっさんもきます?」って言われたので、
僕も香港に行くことが決まりました笑

 

 

葉巻は1時間〜2時間かけて吸うものだから、
誰もスマホをいじらないし楽しく喋れます。

 

なかにはタバコを吸ったことない人もいましたが、
終始うめーうめーと言って葉巻を吸ってました。

 

誰かと一気に仲良くなりたいのであれば、
シガーバーに行って深い話をするのも
ひとつの手だと思います。
(ネタも増えるしね)

 

新しい体験をすれば器が広がる

 

僕はあまりスピリチュアルなことは信じないけど、
良い空間で人と話をすれば
自然と会話のレベルも上がります。

 

品川のシガーバーも、
店が全体的に暗くておしゃれで、
椅子もかなりしっかり作られています。

 

店にいる人たちも、スーツを着ていたり
佇まいもしっかりしている人たちばかりでした。

 

こういう空間に行ってみて、
自分の未知な体験をしてみると、
人生のネタがひとつ増えていきます。

 

葉巻は一本3000円くらいするし、
チョコとかウィスキーも足すと
焼肉の食べ放題より高いわけです。

 

でも、新しい体験にお金をかけて
自分のネタを一個プラスしてみると、
それで自分の器が広がっていきます。

 

 

誰かと話すとき、
「葉巻を吸った」
という話ができるのです。

 

これだけで、吸ってない人よりは
一歩前に進めるわけです。

 

もし葉巻好きな人がいたら盛り上がって、
仲良くなって、
信用が増えていけば、
自然と色んなチャンスに出会えます。

 

 

器を広げるのは、その繰り返しだと思うのです。

 

別に、小さなことでもいいです。

 

今回はプリンスホテルっていう高いところで
葉巻を吸ってみたんですけど、
別に超高いかっていうとそうでもないし、
行こうと思えば今日にでも行くことができます。

 

何事もやったもん勝ちなところがあるので、
フットワーク軽くササっと体験しちゃいましょう。

 

ちなみに、シガーバーの場所はこちらです。

 

品川に行く用事があればぜひ。

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)