こんにちは、ふっさんです。

 

先日、大学の1個下の後輩から
「内定決まりましたー!就活終わりました!」
って報告が来たんですけど

 

お前本当に大丈夫か?

 

って思いました。

 

というのも、就職先を決定するには
まだ早すぎる時期だからです。

 

粘っていけばまだまだたくさん内定取れるし、
早い段階で決めたってことは
どこかで妥協した可能性があるからです。

 

大手に就職した大学の先輩は、
5月の段階で内定をもらっていたけど、
10月まで粘ったって言っていました。

 

本当に自分の能力を活かせる、
良い企業を探したんですね。

 

うーん、だから、
まあこの段階で決まるのは優秀だけど
ちょっと自分の人生を適当に決め過ぎなのでは?

 

と思ったんです。

 

ニュースとか新聞を見てると
「就職難」って言葉が
たくさん出ているんですけど
(今日も、就活自殺の人数が増えたっていうニュースが流れてました)

 

別に、焦って就職する必要はないと思います。

 

そもそも、新卒はプラチナチケットとか
言ってる時点で就職活動に負けてます。

 

そこじゃないです。

 

何をやってきたか、どんなスキルがあるのか、
いったいなにをできるのか?
という希少性こそがプラチナチケットです。

 

僕は、自分で商品を売りさばくことができるので、
かなり良い待遇でヘッドハンティングをもらったことがあります。

 

僕の周りにも、中途採用で
バリバリ稼いでいる人がたくさんいます。

 

 

ずっと芸人をやっていて、
28歳で初めて受けた会社に受かって
初年度で1億以上売り上げた先輩や

 

この前会ったビジネスの先輩は
ずっと自由に暮らしていたんですけど、
大手の会社にヘッドハンティングされて
来月から働くって言ってました。
(理由は「楽しそうだから」らしいです笑)

 

ほかにも、就職するのが嫌で
アメリカの短期大学に進み、
そこから帰ってきて超大手外資系企業
に就職した女の人だったり
(日本人で知らない人はいない企業です)

 

新卒で入った会社を1年でやめて、
1年間フリーターしながら公務員試験を勉強し、
いまは市役所でのんびり働いてる先輩もいます。

 

 

僕とか、就職活動とか一切してないです。

 

ビジネスである程度収益が出ていて、
自分の力で生きていけたら自信つくだろなー
というノリで起業しました。

 

こういう事例もあるので、
別に新卒採用じゃなくても
全然大丈夫なんじゃね?って思います。

 

なんか、大学生の一般常識として
「新卒じゃないと絶対ダメ」
みたいなものが流れてるんですけど

 

それってすごく視野が狭いなーって思います。

 

僕もそういう情報にずいぶんビビりましたが、
いざフリーになって外に出てみると、
スキルさえあれば働ける場所はたくさんありました。

 

むしろ、大学の4年間で大したスキルも付けずに
就職という選択を選び、
狭い世界で生き続けるほうがリスクあります。

 

もちろん、いまは就職市場が
売り手だっていうのもあるでしょうけど

 

じゃあ買い手市場になったときには、
多くの社員がリストラされるので
いま就職に成功したとしても
切られるリスクは必ずあるわけです。

 

景気が良くて無駄に成長した企業が、
景気が悪くなって沈んできたときに
使えない社員を切り捨てるのはよくある話です。

 

僕の代は、EU離脱があったからか、
いまのうちに就職しろ!
って言われまくってましたが

 

「え?なんで?」って思ってましたもん。

 

たとえ景気が悪くなって就職氷河期が再来しても、
自分で食っていくスキルがあれば問題なしです。

 

もしくは、そのときに別の世界で通用するスキルを
持っていればリスクなんて生じないんです。
(例えば、英語を習得して海外で就職するなど)

 

これは決して就活をナメてるわけではなくて、
しっかりと生きていたら大丈夫だって話です。

 

むしろ危ないのは、就職に成功して
そこでダラダラ過ごしてる人だと思います。

 

あるいは、就職しないという選択肢を取って
なおかつ適当に生きている人ですね。

 

 

就職できてない人って、
明らかにその人自身に問題ありますもん。

 

そして、そう言う人は
周りの人に愚痴をこぼしてしまうのです。

 

だから、
「中途だと採用されづらい」
という話が目立つように
なっているんだと思います。

 

ただ、こういう話をすると

 

「このゆとりが!お前には社会の常識が身に付かんわ!」

 

なんて言われたりしますけど、
社会人の常識って普通に生きてれば身につくだろ
っていう話しです笑

 

遅刻しないとか、敬語を使えるとか、
ビジネスマナーが身につくとか、
そんなん当たり前の話しです。

 

たとえ常識が付いていないまま過ごしても、
将来入った会社でしごかれれば
1ヶ月で身に付く自信があります。

 

いま染み付いている常識なんて、
高度成長期に必要だっただけの根性体質なわけで
それだったらすでに身に付いているし、
むしろ必要ない考え方なんですけどね。

 

 

たとえ就職活動を放棄したとしても、
自由に生きながら魅力を高めていった人は
すんなり就職に成功します。

 

中途半端な大学で新卒で就職するなら、
1年間全力でお金を貯めて
大学院でも通ったほうが生涯年収は爆発します。

 

そうじゃなくても、自分でビジネスを興したり
英語力やコンテンツ制作のスキルを
身に付けたほうが圧倒的に
自分の市場価値は上がります。

 

逆に、周りの常識に流されて変に就職してしまうと、
逆に自分の価値はそこでストップして
若い時間を無駄に過ごしてしまいます。

 

人生の分岐点において、
どの選択が正しいのかなんて、
周りの価値観で決めちゃだめなんですよ。

 

そこは苦しいけど、
自分で考える必要があります。

 

決して周りの人間に流されたり、
他人の顔を伺って決めちゃいけないです。

 

僕は自分でビジネスを興して
自由に生きるほうが圧倒的に成長するし、
楽しいと思ったからこっちの道を選びました。

 

もちろん、散々迷いましたよ。

 

就職することのメリット・デメリットと
就職活動を放棄することのメリット・デメリットを
箇条書きにして見比べたりして
ノートを半分くらい埋めたりしました。

 

その選択をして良かったのかわからないし、
まだ答え合わせはできていないけど、
たぶん正解だったと思います。

 

だから、僕が言いたいのは、
自分の人生なんだから自分で選びましょうよ、
ってことです。

 

そして責任を持って進んだ道なら、
どんな結果になっても受け入れられるはずだからです。

 

 

P.S.

 

この記事を書いてるあいだに
自動報酬が月100万超えました。笑

 

うーん、何度も達成していると
だんだん感動が薄れるもんなんですね、、

 

なんか寂しい気もしますが、
収益が安定していると思うと喜ばしいことです。

 

P.P.S.

 

初めて「猫カフェ」に行ってきました。

 

シャイなのか、椅子に隠れて見上げる子猫。

 

まだ早いけど、夏バテでずっとだらけてる猫もいます。

 

猫のエサをあげる店員さん。
ここで働けるって幸せだろうなぁ。

 

猫が多すぎて、僕にとっては天国のようでした。
ここまで多くなくても、3~4匹は飼いたいなと思います。

 

ソファに座りながら猫と戯れることができます。

 

空間がバッチリできあがっていて、
地上8階くらいにあるので眺めも良いです。

 

本気でこういうところに住みたいと思いました。

 

猫カフェには1時間だけ居たんですけど、
半分くらいこの子と一緒にいました。

 

仲間と遊ばずボーーッと外を眺めている猫だったので、
すごくマイペースなんだと思います。

 

猫カフェの価格は1時間で1500円くらいです。

 

ちょっと割高だったけど、
漫画も読み放題でドリンクも飲めるので、
最高にくつろげる空間だと思います。

 

動物と遊びたくなったらまた行きたいと思います。
それでは!

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)