realphoto

 

 

はじめまして、ふっさんと申します。

この度は、僕のプロフィールを開いて頂きありがとうございます。

 

僕はいま、21歳の国立大学生をやってます。

 

現在は、ブログやメルマガから収入を得て

アルバイトと就職活動を放棄し、自由に生活をしております。

 

実績を一部だけ紹介させて頂きますと、

2016年3月に月収10万円を突破

2016年6月に完全自動で月収50万円を突破しました。

(詳しい実績はコチラに載ってます)

 

月50万って、稼いだ額としては少ないかもしれないけれど、

ほとんど自動で稼いでいるのでいまは遊んでばかりいます。

 

毎日美味しいものを食べたり、好きな人と遊んだり、自分の夢を追いかけたり・・・

 

普通の学生よりははるかに充実した生活を送っていると思います。

 

正直、20代に入ったばかりの若造でこんな収入を得られるのは

常識的に考えると異常だと思います。

 

でも、僕は元から特別に才能があったわけではなくて

稼げる仕組みを淡々と作り上げていっただけです。

 

稼ぐ仕組みさえ理解すれば、

月収50万に留まらず月収100万以上を稼ぎ続けることは信じられると思います。

 

 

まずは、簡単に自己紹介をします。

 

名前:ふっさん

出身地:鹿児島県(ちょっと田舎)

身長:164(小さいほうです)

体重:54kg

好きな音楽:Mr.childrenとback number,

好きなスポーツ:空手、テコンドー、アルティメット

空手とテコンドーは全国大会に出場したこともあります。

 

大学デビューを果たしたイケイケ大学生

 

僕はビジネスを始める前は、どこにでもいる

普通の大学生でした。

 

鹿児島の田舎から上京してきただけに、

大学生活に対する期待は凄まじいもので

 

全力で遊んで、色んな経験をして、立派な社会人になろう!

 

そんな風に思っていました。

 

正直いって頭の悪い高校出身だったので、周りが就職を選んでいくなか、

死ぬほど勉強してようやく入れた第一志望の大学に入りました。

 

苦労して入っただけあって、

夢にまで見た大学生活の最初の2ヶ月間は、本当に楽しかったものです。

 

毎日友達と遊んで、お酒を飲んで、講義に出て、バイトして・・・

 

お酒を飲むというのも初めての体験で、

酸いも甘いも(?)経験することができたし

 

週4の焼肉屋のバイトも新鮮で充実してたし

 

何より、親にも学校にも縛られずに

好きな友達と好きなだけ遊べるということが楽しかったです。

 

朝になるまでスマブラをしたり、

1週間以上友達の家に泊まって家に帰らなかったり

鍋パ・タコパ・BBQをしたり

 

典型的な大学デビューを果たした男子でした。

 

おや?モヤモヤする

 

でも、そんな最高の大学生活を送っていた1年の7月・・・

「このままじゃマズイ」

僕の脳が、危険な信号を出し始めました。

 

なんとなく講義に出て、

毎日お酒を飲みまくって

休日はダラダラと遊んで

お金がなくなったらアルバイトをする・・・

 

そんなルーティンが確定していて、

ただのありきたりな大学生活を送るありきたりな大学生になっていました。

 

このままでは、何も残らないのではないか?

思い出といっても、特に刺激のないつまらないものしかないのでは?

 

薄黒い、モヤモヤとしたガスのようなものが、

僕の頭の中を支配するようになっていきました。

 

このままでいいのか?このままでいいのか??

 

何度も自問自答しては机の上で考え、

答えが見つからないままダラダラと時間が過ぎていきました。

 

モヤモヤを確信へと変えた出来事

 

そして、僕が「これはヤバイ」と思わせる

出来事が、大学1年の12月に起こりました。

 

それは、友達に誘われて入った居酒屋バイトです。

 

そのバイトは時給がよくて僕も月10万くらい稼げればいいなーくらいのつもりで入ったのですが、

そこは「超」が付くほどのブラックバイトでした。

 

皿洗いはバイトリーダーに監視されながら、

火傷と洗剤で手がケロイドみたいにズタボロになり、

全速力で皿を洗い続ける地獄のようなポジションでした。

 

バランスの悪いトレンチにジョッキを7個置き、

片手で持ちながら右手にはジョッキを4つ持ち、

お客さんのところへダッシュしました。

 

ドリンク作りでは立て続けに入る注文伝票が床に付くくらい追い込まれ、

店長からの怒号とバイトからの催促で

極度の緊張状態の中、泣きながらドリンクを量産していました。

 

また、お客さんのピンポンが僕にとっては蚊の羽音よりも嫌な音で、

酔っ払ったお客さんに嫌味を言われながら笑顔に気をつけ、

話しているあいだもインカムからは命令が飛んできて頭が真っ白になったり

 

そしてミスをすれば店長が飛んできてキレられる。

胸倉を掴まれて店の奥に連れていかれ、ひざ蹴りをもらったこともありました。

 

ミスをすると、死ね!とか殺すぞ!とか言われるのは日常茶飯事。

 

こういう地獄が、1日10時間以上続いていきます。

 

 

バイトが入っている日は、どんなに楽しいことがあっても

テンションがダダ下がりで、ため息ばかりついていました。

 

バイトが終わって高熱が出たことも何度かあります。

 

僕がこれまでなんとなく感じていたモヤモヤが、確信に変わった瞬間です。

 

死ぬまで働き続ける社会人達

 

そのバイトの経験を経て確信したのは、

「何も考えずにこのまま行けば、こいつらみたいになる」

ということでした。

 

こいつらというのは、バイト先にいた社員の人達です。

 

彼らはアルバイトと違って毎日出勤を強要させられ

GWやお盆、年末年始などは100%出勤して

連続で30日以上働かなくてはいけないです。

 

僕のバイト先の料理長は、あまりの連続勤務に

わさびのチューブを握る力がなくなるくらいまで追い込まれていました。

 

これが、飲食店の当たり前の姿なのです。

 

 

そして極めつけは、僕のバイト先が

「ホワイトで有名なグループ」という話を聞いたとき。

 

この待遇でホワイトなのか・・・。

僕は「社会人」というものに心の底からドン引きしていました。

 

これは決して無関係なことではなくて

僕がこのまま大学を卒業したらこの地獄のような日々に突入してしまうのは

目に見えてわかりきったことでした。

 

周りの就職していった友達の話を聞くと、

 

残業200時間。週1日の休み

残業代なしのサービス残業

休日出勤当たり前

月収20万程度

会社のために朝から晩まで仕事

 

こういった地獄が、当たり前のように話されました。

 

当然、優良な企業もあるわけだけど

10年後に生き残っている企業は全体の数%しかないわけで

たとえ良いところに入っても首を切られるリスクは大いにあるし

 

ましてや、たったの1年ちょっとで決める企業に

人生を預けるのもただの博打だと思っていました。

 

毎日毎日、自分のやりたいことを押し殺して生活する日々。

果たしてそれは、「人間として生きている」と言えるのか?

 

僕にはそれが甚だ疑問でした。

 

そんなブラック居酒屋バイトに慣れたころ、

2014年の5月にネットビジネスに出会いました。

 

眩しすぎるネットビジネスの世界

 

社会に対する失望を感じていた僕にとって、

「ねっとびじねす」という世界はとても新鮮でした。

 

・リスクがない

・どこでも働ける

・無限に稼げる

 

さらに

 

・誰でも挑戦できる

 

これを聞いてから、僕は一直線にネットビジネスの業界に飛び込んでいきました。

 

現在は、このネットビジネスというもののおかげで

就職活動を放棄し、自由な生活を手に入れることができました。

 

今後も僕はネットビジネスを続けていき、

社会人よりはるかに安定した経済的自立の状態を続けることができます。

 

でも、もちろん簡単に稼げるようになったわけではありません。

 

これ、稼げんわ・・・

 

・初月で10万達成!

・半年で50万達成!

・1年で月収100万突破!

 

僕が参入した時代は、TwitterやYoutubeが流行っていて

ネットビジネスに参入してすぐに稼ぐ人がたくさんいました。

 

僕も、ちゃんとやっていればなんとか結果を出るだろうと漠然と思っていました。

 

ただ、いくら無料レポートを読んだり

他の人のブログを参考にしても、

 

実績もなければ発信できる情報もなかったのでアクセスも読者も集まらず、

3ヶ月間奮闘しても1万円すら稼げなかったです。

 

無料レポートを10、20個と量産してみたり

トレンドブログを運営してみたり(月120記事更新)

メルマガを書いてみたり

Twitterアカウントを量産したり

Youtubeに闇雲に動画を投稿してみたり

 

これらをやってみても、

結局、何一つうまくいきませんでした。

 

稼げたのは2000円とか、そのへんです。

 

怪しいビジネスにも手を出しました。

シャンプーを販売したり、ひたすら相互クリックをしたりするアレです。

 

当然、人脈があるわけでもなく、

友達を巻き込みたくなかったのですぐに挫折。

 

「このままではほんとのほんとにマズイ」

 

友達にはビジネスをしてることを笑われてるし

いまさら就職活動をするわけにもいかないし

大口叩いたから引き返すこともできない・・・。

 

バイト、部活、遊び、ネットビジネス、講義

 

これらを全部一緒にやっていて、まさに四足のわらじでした。

 

そのせいか、GPAは1.6だし(下から3番目)、

部活の大会では優勝できないし

ネットビジネスも稼げないし、お金もないから遊びにもいけない。

 

すべてが中途半端に終わってしまう危険性が出てきました。

 

このままじゃ何者にもなれない

 

家にいてパソコンを開いても、報酬はずっとゼロのままでした。

 

稼げるか不安なままパソコンをカタカタカタカタ打つ生活に本当に嫌気が差し、

高いお金を払って買ったパソコンをガチで叩き割ろうかと思いました。

 

本当に才能のない自分を恨みました。

一緒にビジネスを始めた人の中には成功していて、

次のステップに入っている人もいるし

 

大学の友達はみんな単位を優秀な成績で持っていて、

部活も遊びもすごく楽しそうだし就活もうまくいっている。

 

でもレポートは溜まってるし部活に行かなきゃなんないし

かといってお金もないしお金もないしお金もない・・・

 

あああああああああああああああ

 

そのとき、僕の中の何かが吹っ切れました。

 

本気でネットビジネスに参入する

 

「絶対成功してやる」

何かが吹っ切れた僕は、

 

死ぬ気でネットビジネスをやってやろうと決心しました。

 

ちょうどそのとき、僕の師匠が販売していた20万円の教材を借金して購入し、

 

その教材をこれでもかというくらい徹底的に実践しました。

 

もう、遊びやバイトなどの予定を全部捨てて捨て身の全力です。

これで失敗したらフリーターにでもなって適当に生きてやる

くらいの覚悟でした。

 

20万円の教材のマニュアルはすべて印刷して枕元に置き、

寝る前、起きたとき、授業中などいつも目を通すようにし

 

全部で50時間以上はある講義動画も

倍速視聴をしてそれぞれ5周以上はしました。

 

師匠の考え方、思考、やり方、ノウハウ

 

それら全てを骨の髄まで叩き込み、

ひたすら実践していきました。

 

 

すると、メキメキ収入が発生していき

そこから4ヶ月で月収10万達成。

 

そのあと、居酒屋のバイトはネットビジネスの報酬明細を

店長に叩きつけてやめてやりました。

(その一ヶ月後、店は潰れました。笑)

 

バイトという呪縛がなくなった僕は、

さらにネットビジネスを加速させ、仲間も続々と増やしていき

 

いまでは月収50万を達成しています。

 

もう仕組みが完成しているので、

あとは自動でお金が発生し続けている状態です。

 

もう、ほんとに何もしなくてもお金が発生しています。

 

鍋パーティーをしているとき、

海水浴に行っているとき、

スノボに行っているとき、

友達と飲みに行っているとき、

ゲームをしているとき、

漫画を読んでいるとき、

寝ているとき

 

ポン、ポンとお金が入ってくるので、

ほかのビジネスをやりながら毎日遊びほうけています。

 

周りが就職活動をしているあいだも、

僕は髪の毛を茶色に染めてプラプラしていました。

 

友達が苦痛に顔を歪めてバイトに行っているあいだに、

僕は家でビールとつまみと映画を見るだけで、

バイト代以上のお金が入ってくるようになりました。

 

時給も、4000円以上じゃなければやらないことにしています。

 

コピーライティング、デザイン、マーケティング、

ウェブプログラミング、セールス、集客力・・・

 

他の人より少しだけ遠回りしたおかげか、

いまでは一人で事業を起こせるほどのスキルが身に付きました。

 

このスキルを求めてなのか、

月30万でうちで働かないかといった提案を頂いたり

1回3万円でプチセミナーをやってくれないかといった提案をされたり

 

色んなところから引っ張りだこに合っています。

 

それだけ、社会から求められるスキルを

身に付けることができたんだなぁと感傷に浸っています。

 

これからビジネスを始める人へ

 

月並みな言葉ですが言わせてください。

 

夢は叶います。

 

ネットビジネスを始めたての僕からしてみれば、

月収50万円なんて雲の上の存在です。

 

自動でバイト代以上のお金が入ってきて、

優秀な仲間に囲まれてビジネスをやっているなんて、

昔の僕ならどうやっても想像できないと思います。

 

当時の自分がいまのブログを見たら卒倒してしまうでしょう。

 

才能もセンスもなかった僕ですが、

しっかりと成功を信じてビジネスを続けてきたからこそ、

どこでも食べていけるスキルを付けることができ、

周りの人に求められる人間になることができたのです。

 

だから、次に成功するのはあなたの番です。

 

僕はビジネスを遠回りしていた分、

デザイン力やマーケティング力は周りと比にならないほど

洗練されていると自負しています。

 

これらの知識・スキル・ノウハウを体系化し

誰でも習得できるように、いま一つのコンテンツにまとめているところです。

 

だから今後は、

ネットビジネスでの情報発信を中心に活動していこうと考えています。

 

ブログでは、主に日常やお役立ち情報を発信をしていますが、

エグい情報・ノウハウなどはメルマガのほうでお話しているので、

もし興味があれば登録してみてください。

 

ふっさんのメルマガ

 

やりたいことが山ほどある

 

僕には、やりたいことが山ほどあります。

 

・世界一周を達成したい

・日本中の温泉巡りの旅をしたい

・バイクで日本一周をしたい

・砂漠のハイパームーンを見ながらお酒を飲みたい

・10万を握り締めて函館で食べ歩きしたい

・スカイダイビングをしたい

・高級車に乗ってDQNカーを抜き去りたい

・Mr.children、back numberのライブに行きたい

・親にもう一度バブルを味わわせてやりたい

 

など、考えるだけでワクワクするような夢がたくさんあります。

 

時々くだらないものもありますが、

これを愉快な仲間達と叶えるのが夢です。

 

これらは「人生の100のリスト」と言って、

一冊のノートにやりたいことを100個書いているのですが

いま、ひとつひとつ叶えるために行動しているところです。

 

 

すでに、ネットビジネスに出会ってから

人生の100のリストをいくつか叶えることができました。

 

・武道で全国1位になる←2015年のテコンドー全国大会で優勝

・日本一周を達成する←ノートパソコンだけを持ち、夏休みを利用して2ヶ月間で電車旅を敢行

・バイトをやめる←店長より稼いで明細を叩きつけてやめてやりました。

 

ネットビジネスに出会うことで

人生にカラフルな彩りが生まれてきました。

 

普通に過ごしていたら、もちろんこんなワガママな生活を送ることはできません。

いまでも地下室で料理を運ぶストレス生活を送っていたことでしょう。

 

ネットビジネスに出会っていなければ、

毎日朝から晩まで働いて、なけなしのお金と時間で

疲れた身体を酷使してコツコツと叶えていくという発想しかできませんでした。

 

ネットビジネスは、世界を切り開く「ツール」です。

 

自分の夢を叶えるために、

好きなようにわがままに生きていくために、

僕はネットビジネスを選択しました。

 

だから僕は、これらの夢を全て叶えるために、

努力を惜しまずにこれからも頑張っていきます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ブログとは別にメールマガジンも配信しています。

ブログでは公開できないような突っ込んだ情報や、

新鮮かつ旬な情報を配信しています。

 

いつも、メルマガを送ったらたくさんの好評をいただいております。

1日1通送るだけなので、サクッと読むだけでもかなり力が付くと思います。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

一緒にがんばっていきましょう!