どうも、ふっさんです。

 

 

昨日、作業が終わったあと

小さな居酒屋に行ったんですけど

気が付いたら店中の人と爆笑してました。

 

なんか、昭和の居酒屋って感じです。笑

 

 

どうやって話しかけて

どうやって仲良くなったかは

お酒のせいで覚えてないんですけど

 

魚屋の人とか保険の人とかブライダルの人とか

色んな業種の人がいて、

かなり面白い話を聞けました。

 

自分の住んでるところも

ネットでは出ない情報が出てきて

色々と詳しくなったし

 

仕事の裏話とかも聞けて面白かったです。

 

 

よく、RPGのゲームでは

酒場に情報が転がってるっていいますけど

その意味が昨日ようやくわかりました。笑

 

やっぱり、生で得られる情報も

大切にしていきたいですね。

 

楽しかったなぁ。

 

 

なんか、東京にフリーで一人暮らしって

孤独で苦しむって思ってたんですけど

 

一緒に作業してくれる仲間もできたし、

飲みに行ける人も増えてきました。

 

割となんとかなるもんなんですね~

 

 

コミュニケーション能力があって

お金と時間の余裕があれば

世界中どこに行っても天国だと思います。

 

 

【尊敬できる人は誰?→ムロツヨシ】

 

 

尊敬してる人は誰?って聞かれたら、

即答で「ムロツヨシ!」

って答えるようになりました。

 

 

ムロツヨシって、

いま40歳超えた俳優さんなんですけど

 

「超愛され上手」

なんですよね。

 

 

しゃべくり007を見たときに、

偶然ムロツヨシが出演していて

そのときのエピソードが衝撃的で

 

 

大物の監督が居るって聞いたら

その人の隣まですっ飛んでいって、

ずっと「ムロツヨシです」って名前を連呼したり

 

仲良くなりたい大物の俳優がいたら、

隣でずっと肩パンしたりして

仲良くなろうとしたみたいです。

 

 

普通、そういうのやろうとしたら

ウザがられるんじゃないかって

心配するじゃないですか。

 

 

でも、その心配って、

実は自分が傷つきたくないから

考えていることであって、

 

それって、プライドが

邪魔してるってことなんですよね。

 

 

自分のプライドを放り出せれば、

どんな人にでも話しかけることができて

仲良くなることができると思います。

 

 

実際、ムロツヨシは

名だたる大物俳優に好かれていて、

誕生日には10人以上が集まって

祝ってくれたみたいです。

 

 

いやー、幸せな人生ですよね。

まじでそういう人生送りたいです。

 

ムロツヨシみたいに愛される人間になりたい。

 

 

僕、正直稼げるようになって

調子に乗ってたんですよ。

 

話すとお金もらえるし、

戦略ひとつでお金稼げるから

自分と喋るのは価値があるって

意味不明に思ってたんですよね。

 

 

だから人と喋るときも

気取ってあまり喋らなかったり

「おれと喋るのは価値あるぜ?」

というクソみたいな考え持ってました。

 

 

いやー、そういう考え持ってた自分は

思いきり蹴り飛ばしたいっていうか

まじでプライド高かったなぁって思います。

 

 

人間が見てるのは実績でもスキルでもなくて

「人柄」なんですよね。

 

 

人柄が良ければ人が集まってくるし、

逆に人柄が悪かったら

どんどん人が離れていきます。

 

 

いくら稼いで能力が身に付いても、

一緒に楽しめる仲間がいなかったら

人生真っ黒になります。

 

40、50歳あたりで孤独になり、

誰にも悲しまれずにそのまま死んでしまいます。

 

 

絶対やだなぁそんな人生。

 

 

ちなみに、職業柄コミュ力が必要で、

コミュ力が高い人もいると思うんですけど

 

やっぱり本当に人のこと好きじゃない限り

孤独からは逃げられないです。

 

取り繕ったコミュ力は、

使っているあいだは人気物になるけど

 

どこか偽ってる感じがするし

そういう人って気持ち悪いんですよね。なんとなく。

 

見た瞬間にあーこいつ作ってるなぁ

ってわかりますもん。

 

関係は一瞬だけ続くけど、

長いあいだ続かないですねそういう場合。

 

僕も一時期そんな感じになってました。

アホっすねほんと。

 

 

まあだから、これからはプライド捨てて、

人を好きになっていきたいです。

 

そのほうが圧倒的に幸せだし、

楽しい人生送れると思うので、、

 

昨日行った居酒屋でそれを確信できました。

定期的に行きたいと思います。

 

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が役に立つ!面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。