パラサイトマーケティングとは?

Youtubeを攻略する鍵となるのは、

「パラサイトマーケティング」という考え方です。

 

 

パラサイトとは「寄生」という意味ですが、

ここでは他人からアクセスを引っ張ってくるという言い方をします。

 

 

Youtubeは「関連動画」からのリンクが最もアクセスを集めやすいです。

 

(赤枠の部分が関連動画)

 

Youtubeの中の検索エンジンやTwitterのリンク、

メルマガからのリンクなどでも十分に再生回数を稼げますが、

自分の動画を優先的に関連動画に表示させることが

最もアクセスを稼ぎやすいことであることは間違いないです。

 

 

しかもYoutubeというプラットフォームは

「他人のコンテンツとの境界線」が曖昧です。

 

 

まったく他人の動画からアクセスを引っ張ることもできるし、

逆を言ってしまえば自分の動画からユーザーを奪われることだってあります。

 

 

だからできるだけ、自分の動画から他人の動画に移動するのを防ぎ、

かつ他人の動画から自分の動画に引っ張るという戦略が大切なんですね・・・。

 

 

ただ

 

 

実は、Youtubeはこういった戦略を嫌っています。

 

 

サービスの提供者であるYoutube側からすれば、

ユーザーには「できるだけたくさんYoutubeを使って欲しい」という考えを持っています。

 

 

そのほうがユーザーが増え、広告料で大きく稼げるからです。

 

 

だから関連動画には「そのユーザーが興味を持ちそうなもの」を載せるし、

できるだけ関連性が高く自然な流れのコンテンツの評価を上げるんですね。

 

 

そんな考えを持っているYoutubeが、

「自分のコンテンツしか回遊させようとしない」

ような投稿者のことをどう思うでしょうか?

 

 

あまり好ましくない、できれば辞めて欲しいと思うはずです。

 

 

じゃあ、

「本当に素晴らしいと思う動画を勧め、ユーザーに回遊を促す動画」

はどう思うでしょう?

 

 

しっかりと評価を上げようと考えてくれるはずです。

 

 

即ちなにが言いたいかというと、

Youtube側から高評価を得たいと考えたなら、

「敵にリンクを送る」ことが求められているんです。

敵にリンクを送る

あなたがビジネスの情報発信をしているとしたら、

他人のYoutubeチャンネルの動画のリンクを貼るのって、

すごく抵抗のあることですよね。

 

 

自分のお客さんを奪われるかもしれないし、

自分にはまったく利益がないからです。

 

 

ただ、その本能的に嫌だと思うことを、

積極的に行っていく人が勝つことができます。

 

 

つまり、自分の情報発信と似たようなことをやっている人に対し、

思い切ってリンクを貼ってみるのです。

 

リンクを貼る場所は「動画の説明欄」でオッケーです。

より自然な文章でリンクを貼るようにしてみましょう。

(ちなみに、この動画はコチラです→気力ゲージの話と即断即決したら元気になった話)

 

すると、不思議なことに

リンクを送った相手の動画の関連動画に自分の動画が反映されるようになります。

 

 

仮に一定のアクセスがあったとすると、

こっちから逃げていったアクセス以上に

相手からアクセスを受け取ることができるでしょう。

 

 

先ほどの話でもあったとおり、相手はこっちの動画にリンクを貼ってないので、

どちらかというとあなたのチャンネルの評価が底上げされています。

 

 

考えてみれば当たり前のことですが、

「動画→動画 をクリックした回数分だけ関連動画に表示される確率が増える」

これはシステム上間違いのないことです。

 

 

自分の動画からライバルの動画にアクセスしてもらえばもらえるほど、

他人の動画の中で自分の動画の認知度が増えていき、

結果的に総合的なアクセス数が上昇していきます。

タグを丸ぱくりする

あと、これはいまだに有効なノウハウですが

関連表示させたい動画のタグを丸ぱくりすると、

関連動画に表示される確率は高まります。

 

 

タグの見方は、ブラウザ上で右クリックをして

「ページのソースを表示」し、

 

 

<meta name=”keywords” content=”○○○,○○,○○○“>

赤文字の部分をコピーしていきます。

(ソースコードの真ん中あたりにあります)

タグは基本的に丸パクりでオッケーです。

 

 

ただ、丸パクりの中でも自分のオリジナル動画が関連表示されるように

特定のキーワードを入力するようにしましょう。

(自分の名前を入れるとかなり有効です)

ファンを奪われないために

敵にリンクを送るということがどれだけ有効かわかったと思いますが、

心配なのが「ファンを奪われないかどうか」ですよね。

 

 

ファンを奪われたら元も子もないので、

ファンを奪われないための施策をしていきましょう。

 

 

これはもう、コンテンツの質で勝負するしかありません。

 

 

あなたの動画を観てくれるユーザーも、

公平に物事をジャッジして「誰に時間を割くか」を決定してくれます。

 

 

自分より魅力的な人にリンクを送ったら

それだけファンを奪われてしまいますが

 

あなたがしっかりとした動画を投稿していて、

圧倒的な価値を提供することができていれば、

逆にユーザーを奪い続けることができるようになります。

 

 

コンテンツの質を高めるということは、

自分の動画の再生数を増やすこと以上に、

自分から人が離れていかないために必要なことです。

 

 

量産型の動画投稿をしている人は、少し改めて

質の高い動画を投稿できるようにしてみてください。

 

 

 

ただ、どうしてもファンを奪われるのが怖い!

って人は、自分よりショボい人に対してリンクを送ることをオススメします。

 

 

ショボい人でも、100動画とか投稿している人は普通にいますし、

その人達の関連動画に表示することができても十分にアクセスを集められます。

 

 

それなら安全にリンクを送ることができるし、

たとえユーザーがそっちに行っても帰ってきてくれる可能性は高いです。

 

 

でもやっぱりオススメするのは、

自分よりレベルの高い人にリンクを送ることです。

 

 

そうやって自分を追い込むことで、

質の高いコンテンツを作るように動画制作に熱が入りますからね。

まとめ

まとめると

 

①敵にリンクを送る

②タグを丸パクりする

③コンテンツの質を挙げる

 

 

この3つを徹底すれば関連動画に表示されるようになり、

パラサイトマーケティングでガンガン再生数を稼げます。

 

ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

 

あ、僕はパラサイト大歓迎なので、

動画作ったらリンク送ってくださいね^^。

 

言ってくれたら僕からもリンク送りますので。

それでは!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は大学生の頃から月収で170万ほど稼いでいます

怪しいし、信じがたいし、
才能があったんじゃないかとも言われます。


でも、家庭環境は最悪だったし、
バイトでは仕事ができない人間だったし、
大学の成績も下から2番目の落ちこぼれでした。


そんな人間でも、ビジネスに出会って
ちょっとの間だけ真剣に取り組んでみたら
あっさりと人生逆転できました。


僕がいま使っているものでよければ
ビジネスの戦略をメルマガでお渡ししているので、
ぜひ楽しみながら読んでみてください。


〆特別ギフト付きメールストーリーを読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓↓このページをシェアして、明日の会話のネタにしてくれたら嬉しいです↓↓