gatag-00012189

こんにちは、ふっさんです。

 

ネットビジネスで成功するためにはある程度の「思い切り」が大切で、失敗するのが怖かったら全力で突き進むことができないです。

だから失敗について考えるっていうのはすごく大切で、今日はその話をしようと思います。

 

ある程度この業界に理解がないと少し難しい内容だと思うので、もし内容がわからない人は公式メルマガである程度のレベルまでいけるので読んでおいてください。

 

失敗について考えるっていうのは、「想定できる最悪の事態」を考えるということなんですけど、ネットビジネスにおいて最悪の事態とは、例えばどのようなものでしょう??

 

また、その想定できる最悪の事態から復活する術は持ってます?考えてます??

 

それを考えてる人は強いと思います。いざとなったらすぐに戦えるし、失敗が怖くないから思い切り行動することができる。でも、割と考えていない人って多いと思うんですよね。

 

考えていなかったどうなるかっていうと、失敗が怖くてお金をかけられない。いつまでもリスクの少ない作業にこだわるようになります。仕事を辞めるなんてもってのほか。いつまでも副業で、ビジネスが本業になることは遠い未来です。

 

だから、これを機に「失敗」についてちょい考えてみましょう。僕がもし失敗したらどのように復活するか戦略を書いてみるので、それを参考に自分なりの「復活策」を用意してみてください。

 

復活策があれば、もう失敗は怖いものじゃなく、むしろ来てくれたらワクワクするくらいのものになります。それではいきましょう。

 

ネットビジネスにおける失敗とは?

僕が想定している失敗とは、例えば以下のような「ペナルティ」がいきなり飛んでくることです。

 

・メルマガ配信スタンドのアカウントを剥奪される

・ASPアカウントを凍結される

・ブログがなんらかのペナルティを受けて飛ばされる

・銀行口座が凍結される

 

これはまともに運営している限りほとんどの確率で訪れないペナルティですが、万が一の場合には起こり得るリスクです。僕はこの4つのペナルティのうち1つだけ経験したことがあって、そのときはまじで引退を考えました。

 

まあ、なんとか復活できたわけですけど(リスクヘッジしてたのでほとんどダメージ無かったです)、大切なのは、4つ同時に失う可能性を考慮しながらネットビジネスを進めることです。

 

メルマガ配信スタンドのアカウント剥奪

 

例えば、メルマガ配信スタンドは滅多なことがない限り没収されることはないけど、ついつい業者から買ったメールアドレスを許可なく送ってしまったり、送っちゃいけないワードを連呼してしまった場合は、剥奪されるときがあります。

そのときは、顧客リストと作り上げた仕組みを一発で失うわけですから、しばらく収入がゼロになり、復活も難しくなります。

 

ASPアカウントの凍結

 

また、ASPのアカウントが凍結されるのは十分起こり得ることで、報酬が発生され続けているアカウントがなんらかの規約に触れて前触れもなく没収されることは十分にあり得ます。これは主に購入者からのクレームや、知らず知らずのうちに規約違反をしている場合が多いですね(自己アフィリなど)

報酬が持っていかれたら、もしお金をかけて集客していたら「フロー」が無くなるので、即赤字です。

 

ブログがペナルティを受けて飛ばされる

 

これはGoogleさんの機嫌次第なので、最も起こりやすいペナルティと言えるでしょう。しっかりとホワイトハットで運営していれば問題ありませんが、外部から謎の被リンクを大量に受けて飛ばされる人もいるみたいです。

また、Google以外でも、ドメインを持っている会社から直接サイトを飛ばされる可能性もあります。何かしらの悪いことをしたら、ドメイン側から問答無用で消されることだってあります。

 

銀行口座が凍結される

 

これは結構身近に起こり得ることです。僕は一度、楽天銀行を凍結されたことがあります。不特定多数からの振り込みがあったら凍結されるみたいで、ビジネスの報酬受け取り用に設置していただけに、結構痛い目に遭いました。

この場合は、ダッシュで口座を開設しにいって復活できますが、突然されたらやっぱり焦ります。

 

基本的にやましいことはしない

 

こう考えてみると、いくらネットビジネスで最も安定すると言われているビジネスを選択していたとしても、色んなサービスに頼っていることがわかります。僕らはメルマガ配信スタンドやASP、Googleやドメイン・サーバーに命を握られているわけです。

 

だから、基本的にネットビジネスをやるときは、「やましい」ことはしないようにしましょう。詐欺的な商品を売ったり、スパム的な行為をしてしまえば、いくら安定しているビジネスといえど一瞬で塵となる可能性はあります。

 

正攻法で、求められるコンテンツを作る。まずはその前提を守って、その上で「最悪の事態」を想定しておきましょう。

 

ネットビジネス最悪の事態とは??

 

では、上記3つのペナルティが同時に飛んできたと仮定しましょう。もしあなたがネットビジネス一本で何も仕事をしていなかった場合、突然「無職」の状態になります。

 

こうなったら、お金のかかる固定費は全部削減です。安い家賃の家に引っ越し、お金になるものは全部売り、最悪洋服を少しだけとパソコン1台、ネット環境を用意するようにします。

 

お金を稼ぐ力があれば、パソコン1台で復活可能です。その戦略を今からお話しますが、まずは「生活コストが低い状態」になっているのを前提とします。

 

まずは働き口を探す

 

まず、僕は素直に働き口を探します。いまのスキルがあれば雇ってくれるところはあると思うので、賃金が低かったとしても生活のために「就職」をしておきます。

 

就職の狙いは、最低保証&自由な時間です。働いているといっても、1日5時間は確保できるはずなので、最初は自由時間のすべてを作業に充てます。

 

もし就職が難しかったら、バイトでもいいです。できれば、PCオペレーターみたいなパソコンを触れるバイトがいい。それなら隙間時間も利用できるし、給料も高いからあまり働かなくても済む。

 

まずは集客

 

なにをやるかっていうと、「リスト取り」です。まずはランディングページを作って、そこにSNSからアクセスを流します。アカウントは作れるはずなので、ガッツリターゲティングをした上で一人一人に「リプライ」で話しかけ、濃いリストに変換していく。

 

もしうまくいけば、Twitterでコンサルティングを取ってもいいです。「ブログの作り方」「メルマガの書き方」「収益を発生させる方法」を教えれば、コンサルティングで20万円なら貰えるでしょう。

 

ただ、これは確実ではないので視野に入れずに、堅実に進んでいきます。SNSの育成と同時に、やっていくのはコンテンツ制作です。

 

セールスをする

 

コンテンツはワンコンテンツマルチユースで、渾身のレポートを作ってメルぞうに上げたらそれをメルマガの登録特典にし、

ある程度リストが集まったら(50リストが目安)、高額の企画を打ちます(20万ほど)。

 

内容的には、アンケートをして需要があったものですが、多分リスト取りかセールス、マネタイズを教えて欲しいとくるでしょう。どちらに転んでも、ある程度基礎的なコンテンツを作った上で、直接コンサルティングして教えていくという内容にします。

 

50リストもあれば、1人か2人は集まります。とりあえずこれで20万手に入ったので、この20万は即、広告に突っ込みます。20万を広告に突っ込んだら最低で50リスト、普通で100リスト、うまくいけば150リストは集まります。(1リストあたり750円~2500円だから現実的)

広告はFacebook広告か号外広告で集めます。

 

自動化+即金性の高い企画を打つ

 

次は、もう一度セールスを打つための企画作りに入っていきます。企画を作りながらも前回の企画参加者のサポートをして、就職orアルバイトで入ってくる20万くらいの収入は、最低限生きていくための10万円だけ残して、残りは全部広告にまわします。

 

次の企画は、1ヵ月くらいを準備期間として「コンテンツ+コンサルティング」にします。フロントエンドで3万円くらいにして、アップセルで30万円台のものを打ってもいい。半年間サポート、結果が出るまで保証を付ければ多分集まります。

 

その時点でおそらく200リストほどあると思うので、低めに見積もって成約率5%だとしても、200×0.05×30000=30万。アップセルの成約率を10%だとしたら、10×0.10×300000=30万。これで60万円の収入になります。

 

自動化に徹する

 

そしたら、コンテンツのほうはステップメールを組んで自動化して放置し、アップセル参加者のサポートに徹します。もちろん、サポートはメールorスカイプサポートで、コンサル内容は音声にしてコンテンツに変える。

 

稼いだ60万は、リスト取り広告に半分、自動化用のコンテンツ作りに半分使っていきます。まだ仕事は続けているので、お金は入ってきます。10万は生活費に残して残りは広告にドカンします。

 

自動化用のコンテンツ作りは、自分でやる作業としてはYoutubeチャンネル。外注して作るコンテンツはブログ制作です。少し高めの単価(1記事2000円くらいかな)でブログ記事を書いてもらって、確実に資産になるブログを作っていきます。

 

自動化完了

 

30万突っ込めば、質の高いものが150記事ほど出来上がります。ここまでくると、導線を引いてLPにうまく繋げれば1日2~3リストは入ってくるようになるでしょう。

 

あとは、3万のコンテンツに繋がるステップメールが機能していて、広告を合わせて仮に1日3リスト入ってくるとすると、それが自動で売れていくので毎月12万ほどの不労所得になります(ステップメールの成約率は5%前後)。アップセルの期待値を入れれば20万ほど。

 

20万が安定してきたら、仕事は不要なので辞めます。おつかれさまでした!

 

あとは、ひたすら集客&セールス&自動化を繰り返して、LTVを高めつつ自動で入ってくるリストを増やしていきます。Youtubeにもコンテンツが溜まっていくので、自動集客の流れは加速していきます。

 

ここまで全部がうまくいけば3ヵ月。どこかでつまずいたとしても約半年ほどで持っていけるでしょう。

 

いくつか復活策を用意しておく

 

さて、これがパターン①です。ほかにも、僕は復活するための策を4つほど持っていて、あらゆるリスクに対応できるように日々研究を重ねています。

 

あなたは、復活策を持っていますか?持っているとしたら、それはどれくらい再現性が高くて、どれくらい時間がかかるものでしょう??いま一度見直してみると、ここから先のビジネスを思いっきりこなせるように回せるようになりますよ。

 

今回の記事は普段のブログらしからぬ超・実践的な内容になったけど、たまにはこういうのも面白いと思います。ちなみに、メルマガのほうでは毎日こういうこと書いてます。笑 無料で学べるので興味があったらぜひ(^^)/

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が役に立つ!面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。