どうも、ふっさんです。

 

 

人は適当に評価を下す生き物です。

 

だから、無視してがんばればいいし、

結果を出せば他人の評価が一変する。

 

という話をします。

 

 

=============================

 

 

人は本気でその人のためを思って、

余計なアドバイスをしてくる。

 

 

たとえばビジネスをやると言っても、

「そんなことやっちゃダメ」

というのを本気で言ってくる。

 

 

それが世間の常識とかけ離れていると

なおさら当たりが強くなる。

 

僕もこの世界に入ったときは、

周りの友達から散々バカにされた。

 

 

ふっさんが変なこと始めたぞw

 

という噂がすごい速さで広まっていったし、

仲良くしている友達からも

哀れみの目で見つめられた。

 

(ネットビジネスは周りの人に言わなければ

勝手に広まることなんて絶対ないんだけど、

僕は自分から言っちゃったから広まっていった)

 

 

家族からも何やってんのって言われた。

 

そんなことしてないで就職しなさい。

一度は社会を経験しておきなさいって

実家に呼び出されてまで言われた。

 

 

僕は自意識過剰だったから、

周りの人の目が気になって気になって仕方なかった。

 

いつも周りの評価を気にして生きてきたし、

周りの評価を上げるために

国立大学に進んだりボランティアをしたりしていたと思う。

 

 

そんな僕がビジネスをやったのは、

一生に一回の自分への反抗期だったと思う。

 

 

 

そして、ビジネスで結果が出てきてから、

周りの評価って結構適当なんだな、と気付いた。

 

 

それは、少しあとになってからだったけど、

僕が月100万を突破したとき、

それをぽろっと言ったら周りの目が一気に変わった。

 

 

それまでは散々バカにしてきた友達も、

「ふっさんならやると思ってたよ!」

と言ってきたし

 

哀れみの目で見てきた友達も

いつの間にか尊敬の目で見てくれるようになった。

 

 

家族も、報酬画面を実際に見せたり、

親孝行として50万を現金で渡したら

目の色を変えて応援する姿勢になった。

 

「いけるところまでいきなさい」

 

と言ってくれた。

 

どの口が言ってんだよ笑

 

と思ったけど、

周りの評価って結局そんなもん。

 

 

やっぱり、結果を出したら態度が一気に変わる。

 

 

過程なんてあまり見てくれない。

 

 

いくら努力したとか、

毎日何時間作業をしているとか

そういうのはほんとにどうでもよくて

 

 

大切なのは、結果を出すこと。

 

 

誰に対しても一瞬で提示できる

わかりやすい結果を突き付ければ、

他人の評価はいくらでも獲得することができる。

 

 

 

で、若いときって、

人生を決める瞬間が何回かやってくる。

 

大学を選ぶときもそうだし、

就職活動をするときもそう。

働きながら別の道を選択するときもそう。

 

 

そんなときに、他人の評価を気にしていたら、

やっぱり自分の満足いく結果は得られないと思う。

 

 

他人の評価を鵜呑みにして、

周りが望む通りに行動したとしても

 

そこで一番不満を持っているのは自分自身だし、

モヤモヤを抱えながら一生を過ごすことになる。

 

 

だから、これはかなり勇気が要ることだけど、

自分の道は自分で選ばないといけない。

 

そして、その先で結果を出さないといけない。

 

 

家族とか友達は敵じゃない。

本当に自分のためを思って言ってくれている。

 

説き伏せる相手でもないし、

味方にするべき人達だし、

応援してもらうように努力したほうが良い。

 

 

人の評価なんて適当なんだから、

結果を出して「あとは黙って応援してろ!」

くらい図太くていいんじゃないかなと思う。

 

 

僕は周りの連中にバカにされればされるほど、

「いまにみてろよ」

という気持ちでがんばってきた。

 

ムカつく気持ちをモチベーションに変えていた。

 

その結果、稼げるようになって、

起業して、何もかも充実するようになって、

周りの評価も劇的に変わっていった。

 

 

周りの評価を気にするのは仕方ない。

 

だった真っ向勝負で立ち向かっていって、

結果を出して周りを驚かせればいい。

 

 

そしたら、これまで邪魔してきた人達が

一気に味方になって助けてくれるようになる。

 

 

まとめると、自分で選んで、自分で結果を出す。

そしたら周りの態度はちゃんと変わる。

 

そこは信じてがんばって欲しい、と僕は思う。

 

 

 

======================

 

という話でした。

 

 

ビジネスを家族に止められているとか、

友達の評価が気になるとか、

やってることを恋人に理解されないとか、

 

そういう相談が多かったので書きました。

 

 

今日はそんな感じです

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)