こんにちは、ふっさんです。

 

 

今日は「君と会えたから・・・」

という本をレビューしていきます。

 

こちら→

 

このブログでは何度も言っていますが、

優秀な本っていうのは「成功小説」のようなもので、

ストーリーを元にした、説得力があって

行動したくなる本のことを指します。

(僕が出会ったなかで最高の成功小説はコチラ→上京物語)

 

この「君と会えたから・・・」という本も、

その成功小説の形を取っていて

優秀な本だろうなと期待しながら読んでみましたが・・・

 

 

会話の内容が不自然すぎて、途中で読むのを辞めてしまいました・・・orz。

 

 

この本は、冴えない男の子の元に

「ハルカ」という女の子が現れて

その子が成功哲学を教えてくれるというものです。

 

 

なんの取り柄もなくて、

ダラダラ過ごしていた高校生の男の子に

いきなり電話番号を渡してデートに誘い

 

 

「やりたいことを60個書きましょう!」

 

とか

 

「『円』は『ありがとう』って読むの!」

 

とかいう話を教えてあげるという話です。

 

 

 

・・・これ、言ってることが完全にマルチ商法のヤバい人ですからね。

 

 

僕の経験上、そういうことを言う女の子は

途中で怪しい化粧品や副業を勧めてきます。

 

 

で、主人公は純朴な冴えない高校生で、

かわいいハルカをどんどん好きになっていくんですけど

 

読んでいる途中から

「だめだ!そいつは危険だ!逃げろ!」

という気持ちが邪魔をしてきて

 

結局、途中で読むのをやめました。

 

 

どうやらこのあと主人公は

どんどん自分のやりたいことを明確にし、

それを実践していくわけですが(と予想されるのですが)

 

 

物語の最初のほうで、

男の子が成功している描写が出ていたので

多分、成功するのでしょう。

 

 

僕はもう、キラキラしたものは読めなくなってしまいましたね。

心が荒んでしまっているのかな・・・汗

 

 

 

 

とはいえ、ちゃんと学びもあったので

共有したいと思います。

 

 

本のなかで、「やりたいことを60個書きましょう!」

というお題が出ます。

 

 

主人公はせっせとやりたいことを書くのですが、

そのあとにハルカちゃんが

 

「あと60個書こう」

ということを言ってきます。

 

 

それでまた60個書くのですが、

最初の60個は「TAKE(自分がしたいこと)」で、

後の60個は「GIVE(自分がしてあげたいこと)」

を書いていきます。

 

 

例えば、TAKEは

 

・高級車に乗りたい

・高層マンションに住みたい

・世界中を旅したい

 

という風に、自分が叶えたいことを書くんですけど

 

GIVEは

 

・高級車で彼女を喜ばせたい

・高層マンションに家族で住んで喜ばせたい

・世界中を旅してみんなを勇気づけたい

 

と、人にしてあげたいことを書いていきます。

 

つまり、誰かに提供すること(価値を与えること)

を考えることで、GIVE&TAKEが成り立つというのです。

 

 

これはビジネスの原理原則を

ちゃんと押さえているなー

と思いました。

 

 

ビジネスでは社会に価値を与えたぶんだけ

お金を稼ぐことができますが、

この教えでは

「誰かに価値を提供して、その対価として願いが叶う」

ということを言っているんだと思います。

 

 

僕も人生の100のリストを書きましたが、

加えてあと100個は「してあげたいこと」

にしていこうかなーと思います。

 

 

そうすれば、自分のやりたいことも

より明確になって叶いやすくなりそうです。

 

 

はい。

 

 

良いレビューなのか悪いレビューか

わからなくなってしまいましたが、

 

セリフを元に進んでいく小説にしては

ちょっと不自然な喋り方だったと思います。

 

 

それを除けばすごく学びのある内容ですね。

 

 

まあ、ストーリーを書くときには、

できるだけ違和感のないように書こうというのも

学べたのですごく良かったです。

 

 

以上、「君と会えたから・・・」の書評レビューでした。

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)