こんにちは、ふっさんです。

 

今日は「上手な環境の使い方」というテーマで

話していきたいと思います。

 

 

環境はモチベーションを管理してくれる

最高のツールです。

 

 

行動力が高い集団に入ったら

自分の行動力が底上げされて

一気に成果を出すことができるし

 

意識高い集団に入ったら、

自分の意識も高くなってレベルも上がります。

 

 

 

ただ、逆の意味でも環境って恐ろしいです。

 

 

環境を変えたらモチベーションに

変化が出るということは、

 

環境を変えたら

モチベーションが下がる場合もあります。

 

 

すごくやる気が出てるときに

のほほんとしてる友達と遊びに行ったら

やる気がなくなるのはまさにそれですね。

 

 

人間って、よくも悪くも

周りの人とエネルギーを

交換するクセがあって

 

そのエネルギーを放出したり

受信したりする感度が高いと、

あっという間に環境に染まってしまいます。

 

 

人間は快へ向かい、

不快から遠ざかるのが本能だから

 

感情のままに流されると、

気付いたら自堕落な人間に囲まれてるって

よくあることなんですね。

 

 

だから、環境を利用して

モチベーションを上げたいと思ったら、

この本能に逆らう必要があります。

 

 

本能に逆らうってかなり苦痛が伴いますが、

やり方は至って簡単です。

 

 

「苦しいところに行く」

 

 

これだけです。

 

 

苦しいところってどういうとこかっていうと、

居心地が悪い場所ですね。

 

 

・格上ばかりで自分を認めてくれない

・励ましてくれる人はあまりいない

・すべてが自己責任で結果主義

 

 

こういう空間は、居心地としては最悪です。

 

 

僕も経験したことありますが、

ストレスが半端なくかかります。

 

 

最初のうちは何をやっても裏目に出るし、

カースト的に下のほうにいるわけだから、

惨めな思いもたくさんします。

 

 

ただ、自分のレベルがバキバキに

磨かれていくのも感じていて、

 

実際、その空間に長くいたことによって

これまで見たことのない世界も

見ることができるようになりました。

 

 

 

居心地の悪い空間に長くいて、

そこで居心地を良くしようと思うと、

次第に能力が伸びていきます。

 

周りの人の平均より上に行こうと

脳の思考プロセスから変更されるからです。

 

 

 

ただ、ある程度能力が伸びてくると、

今度はその空間が居心地よくなってくるんですね。

 

 

自分を慕って付いてきてくれる人もいるし、

結果も出るからある程度認められるようになる。

 

 

すると、そこで成長はストップします。

 

 

 

だから、今度はさらに居心地が悪い場所を見つけて

どんどん身を投じていかないといけないんです。

 

 

また新しい環境で居心地が悪い思いをして、

そこで能力を付けて伸びていく。

 

 

これが正しい環境の使い方です。

 

 

 

環境の使い方、間違ってる人が多いんですよ。

 

 

「環境を変えれば成功する」

 

 

という言葉は、半分正解で半分間違いです。

 

 

なぜなら、居心地の良い空間に

行ってしまうこともあるからです。

 

環境を変えるってのは

考えてやらないと失敗します。

 

 

 

環境を変えて成功しようと考えていたり、

人に会いに行けば変わると

考えているのであれば危険な信号です。

 

 

自分の中のやる気が消えかかっているか、

環境に頼ろうとしている状況です。

 

そしてそういう状態の人間は、

得てして居心地の良い空間を選択してしまいます。

 

 

 

というのも、やる気のある人に会ったら

やる気がグンと上がるじゃないですか。

 

おれもがんばろう。となって

一時的にはがんばるはずです。

 

 

でも、そのエネルギーって

人から貰った一時的なものだから、

ろうそくの火みたいに

消えてなくなってしまうんですね。

 

 

 

また、やる気のない人に会ったら

やる気がグンと下がるときもあります。

 

それは人からエネルギー吸われてるので、

あっちはやる気出てるけど、

自分はやる気を失ってるって状態です。

 

 

 

これって、エネルギーを交換してるから

起こることで、不確実性の高い代物なんですよ。

 

 

モチベーションが上がったり下がったり、

情緒不安定なものになってしまうと、

「継続的なモチベーションが必要になる」

仕事やビジネスとは非常に相性が悪いです。

 

 

やる気の火は燃やし続けるか、

静かに灯し続けるしかありません。

 

 

で、僕は、両方やるのが良いと思っています。

 

 

ある程度の火力(やる気)は維持したまま、

たまに火力を上げて行動力を増やしてみる

 

というのが正解です。

 

 

自分の中に芯を持ってください。

 

「自分はこのためにやっている」

 

というコンセプトのようなもので、

そのためなら人生を犠牲にしても構わないものです。

 

 

それがあれば、

モチベーションに困ることは

もうなくなると思います。

 

 

ずっと行動し続けることができるし、

自分の力で目的を叶えることができるでしょう。

 

 

今日はかなり抽象的な話になりましたが、

自戒を込めて。

 

 

それでは^^。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大学の勉強もバイトの仕事もできなかった僕がビジネス飽和期に挑戦し、

月120万円を自動で稼げるようになった過程を今だけ無料で公開しています。


2年の歳月で得たスキルと100万円分の知識を、経験談と一緒にまとめてみました。

僕がやっているビジネスを無料で学べるので興味があればどうぞ。


人生を思い通りにデザインするメルマガʕ•̫͡•ʔ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓↓このページをシェアして、明日の会話のネタにしてくれたら嬉しいです↓↓