233

 

こんにちは、ふっさんです。

 

人間の脳が活性化するときって、

尊敬している人の小説を読んでいる時らしいです。

 

それが一番自分を成長させてくれるもので、

ガチガチの理論的な本を読んでも知識が付くんだけど、

 

やっぱりベースとなる思考・考え方を強化してくれるのは

それよりも成功者の小説(ストーリー)を読むのが、人間が一番成長するらしいです。

 

確かに、成功者の小説を読んでいるときって

テンションも上がるし脳も回転しますよね。

 

“成功者が書いた小説”

 

というのは見つけたらお宝なので、一回読んでみてください。

読みやすいし、一気に成長できます。

 

 

 

最近、石原慎太郎の「天才」って本を読んだんですよ。

田中角栄の物語を、石原慎太郎が小説風に書いたものです。

 

それがなかなか面白くて、めっちゃやる気が出るので

若者にこそ読んでもらいたいです。

 

僕は別に石原慎太郎は好きじゃないし、

みんなが批判ばっかしてたから悪い印象しか持ってないです。

 

でも、文章がすごくうまくて

というかそれ以前に、

 

“政治家になれた時点で成功している”

っていうのが僕の印象で、

優秀じゃないと政治家になれないと思うんですよね。

 

大物政治家だったらなおの事、僕にとっては成功者に見えます。

 

政治家に悪いイメージしか抱いていなかった

見解の狭い大学生だったけど、

 

でも、本を読んでいるとどんどん政治家を好きになる。

そんな印象です。

 

で、そんな成功者が語っているストーリーだから、

すんなりと頭に入ってくるし、色々と考え方も強化されていきます。

 

この前「本屋」に行ったら、こんな本が置いてありました。

 

51ejgaw24ml-_sx338_bo1204203200_

男の粋な生き方

 

うわ、こいつ粋ってるなーって思いながら手に取りましたが、

作者を見たら石原慎太郎で、これもまたなかなか良い本でした。

 

どんな風に良いかっていうと、

「人生」というものを、「乙なもの」と掛け合わせて解説しているんですよ。

 

乙なものってどういうものかっていうと、

例えば満点の星空を見たときに胸がス~っとする感覚だったり、

おしゃれなBarに行って美味しいカクテルを飲んだときの高揚だったり

 

そういった「乙なもの」を色んな切り口で語っています。

 

・酒

・スポーツ

・貧乏

・旅

・自然

・食

・海

・贅沢

・恐怖

・発想

・挫折

・男女

・別れ

・動物

・etc…

 

これらは人生で必ず一度は遭遇するものだし、

常に付き合っていかなきゃいけないものです。

 

それらを石原慎太郎自身の経験に基づいて

しっかりと考え方を書いてくれています。

 

この本を読んで一番学びになったのは、

「酸いも甘いも楽しめる」ということです。

 

政治家は贅沢三昧だと思われがちですが、

まあ貧乏を経験したこともあったらしく、

それらもひっくるめて全部楽しかったそうです。

 

僕は「お金持ちになりたい!」と思ってビジネスに挑戦したら

いまでは月収100万を達成できたので、

これから甘い経験をガンガンしていくつもりです。

 

でも、そんなビジネスの世界って言ってしまうと

「不安定」じゃないですか。

 

しっかりスキルを付ければ食いっぱぐれないし、

僕もお金が稼げなくなる予感はまったくしないんですけど、

 

それでも公務員よりは安定してないわけだし、

普通の大学生とは違う道を進んでいるのは確かです。

 

だから、多少の不安はあったわけですけど、

この本を読んで「貧乏になったらそれはそれで楽しもう」

と思うことができました。

 

 

それだけでなく、人生って本当に色んな楽しみがあって、

それらをひとつひとつ「粋がって」楽しめば、

すごい充実した人生になるんじゃないかと思います。

 

大学もそろそろ卒業するし、

今後の人生をどうしていこうか迷っている時期だったので、

いまの自分の迷いを消してくれるような素晴らしい本でした。

 

 

人生に迷っている人はぜひ読んでみてください。

何かに挑戦しようとして踏ん切りがつかない人にも響く内容だと思います。

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が役に立つ!面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。