僕は来年の春から東京近辺に引っ越して、

そこで「学生」という枠から外れて

一人暮らしをするわけですけど

 

 

ふと、シミュレーションをしてみたんですね。

一人暮らし収益シミュレーション。

 

 

フリーランスとして活動するので、

もちろん

 

 

食費

光熱費

通信・携帯電話

日用品・消耗品

衣服・身だしなみ

交際費

バイク保険料

軽自動車税+重量税

家賃

年間火災保険料+保証料

 

などの生活費はもちろんのこと

 

国民健康保険

税金

年金

軽自動車税+重量税

 

は自分で払わないといけないし

 

メルマガ配信スタンド代

サーバードメイン代

 

も自分で払わないといけない。

 

 

当たり前っちゃ当たり前ですよね(?)

 

日本に住んでるんだから。

 

義務は守る必要があるし、

セーフティーネットを受け取る以上は

これらのお金を払わないといけない。

 

 

 

でも、それぞれの数字を合算してみたところ

 

 

月37万

 

 

かかることが分かったんですね。

 

 

いや、辛いわ笑笑笑

 

 

いまもほとんど自分で払ってるわけだけど、

社会保障というか将来の安全というか

 

 

そういうのを確保しようと思ったら

いまの倍はお金を払う必要がある。

 

 

 

このとき、強く思いましたよね。

日本人が慢性的にお金不足になる理由が。

 

 

他の国がどうかわからないですけど、

日本は「生活する」ってだけでも

これだけ多くのお金がかかる。

 

 

仕組みについて色々調べて

知識がたくさん付いたんだけど

 

 

こういう生きるためのお金って、

会社員として社会から給料をもらっていたら

かなり控除される仕組みになっている。

 

 

国民健康保険や年金は会社と折半してるし、

給料から天引きされた状態で渡されるからわかりにくい。

 

 

受け取ってるお金が全部「自分のお金」

だと思ってしまうわけだ。

 

 

じゃあその状態に慣れて、

収入にも余裕があるし

退職して独立しようと思うと

 

 

「国民健康保険」「年金」「税金」

が笑顔で突っ走ってくる。

 

 

それでドカッとやられて再就職する人も少なくない。

 

 

 

ここから思想入れますけど、

 

あー、やっぱり日本って

サラリーマン量産型のシステムだなぁ

と思いましたね

 

 

会社から抜け出そうとすると

それらは自分で払えよってなるし

 

面倒くさい手続きも、複雑な仕組みの勉強も

全部自分でやらなくちゃいけない。

 

 

ましてや、普通は月・火・水・木・金

全部働いているわけだから、副業も難しい。

 

というか副業をしたら叩かれる風潮がある。

 

 

 

それにしても、サラリーマンから抜け出すのに

こんなにハードルが高い国ってあるのかな?

 

 

 

いや逆に、ここまで書いて思ったけど、

ハードルが高いってわけではなくて

 

「サラリーマンをぬるま湯に付ける仕組みがある」

のかもしれない。

 

 

本来ならフリーランスみたいに、

それぞれが知識を付けて

自分で面倒くさい手続きをして

お金を納めるのが普通なのだけど

 

 

会社員になったら、そういうのは免除して

思考停止状態にしてあげるって意味なのかも。

 

 

 

海外に逃げたくなる理由もすごくわかる。

 

税金やそのほかの社会保険の仕組みも

見れば見るほど複雑で嫌気が差すし、

わざと難しくしてるんじゃないかって思ってる。

 

 

正直払いたくないですよ。

 

がんばって稼いだお金だし、

なんでそんな馬鹿高いお金を払わなくちゃいけないんだって。

 

 

 

こんなこと言うと

 

「みんなが払ってるんだから当たり前だろ!!」

 

と怒ってくるおじちゃんおばちゃんが

いるんだろうなぁって思います。

 

 

その「当たり前」ってのがムカつくんだけど、

彼らは良い監視人をやっていると思いますよ。

 

 

国民の義務を守らせる

ボランティアの監視人ですね。

 

 

まあ、誰でも多分そうなるし、

僕も自分でお金を納めるようになったら

そういう考えに切り替わるんだと思うけど・・・。

 

 

 

国民の義務だから、みんなやってるんだから、

払って当たり前、しゃんとしろ。

 

強烈な同調圧力です。

 

社会経験のない僕には窮屈に感じます。

 

 

 

で、それが子供にも伝わってるんですよね。

「当たり前」思想ってやつです。

 

まあ、助け合いをして生きていく日本人の美学を

否定はしないし、むしろ美しいと思ってるけど

 

もうそれが難しい時代になってるんじゃないかな?

 

 

だって、高齢者が圧倒的に増えているから。

 

現在進行形で保険料上がってますよ。

ガンガン上昇中↑↑です。

 

 

助け合いって言っておいて、

老人が若者から吸い取ってるだけの

「搾取」に切り換わってるんじゃないかな?

って思うわけです。

 

 

 

まあ、そういう世の中だから

慢性的にお金不足になるのも理由がわかる。

 

特にお金がない人ほどお金不足になる仕組みです。

 

 

 

僕はこれから、富めるだけ富んで、

できるなら日本から抜け出したいと思ってます。

 

もしくは、そういうお金を気にしないほど

お金持ちになるしかないです。

 

下にいるうちは、苦労するばかりです。

 

さっさと若いうちに上に上がって

人生楽しみたいと思います。

 

 

ではでは

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)