こんにちは、ふっさんです。

 

僕は大学4年、21歳のころに
月収100万を突破しました。

 

自分で教材を買って勉強しただけで突破したし、
大学生ながらにパソコン1台だけで突破した。

 

だから、
「若いのにそこそこすげぇんじゃね?」
とか思っていましたが

 

東京にきてから怪物クラスの起業家と会うと、
僕よりレベルの高い人間は腐るほどいました。

 

不動産で一人で1億円稼いでいる27歳とか
年商7億のグループ会社を経営している28歳とか
ネットで2億円突破して実業に飛び立った25歳

 

もうね、若い人でも稼いでいる人は
山ほどいるってことがわかりました。

 

そんな凄い人に会うたびに、
もっとやらねば・・・という気持ちになれます。

 

 

そのなかで年商7億を超えている28歳は、
1億円以上が自動で入ってくるのに、
いまだに勉強とビジネスを続けています。

 

めちゃくちゃ若くて億万長者なのに、
まったく調子に乗っていなかった。

 

僕と会って喋ったときも、

 

「自分なんかほんとに大したことない。
やってることやってるだけだし」

 

とか言っていました。

 

稼いだお金の9割は自己投資にかけるみたいです。

 

あとは人脈を開拓するための飲みに使ったりとか、
自分のモチベーションをあげるために使ったりとか。

 

 

彼の姿勢を見たときは
月収100万で死ぬほど調子乗ってたので、
恥ずかしすぎて泣くかと思いました。

 

 

そりゃ、僕も周りの人からは
そこそこ凄いとは言われます。

 

自分で考えて動いてるほうだし、
人一倍の知識があってビジネスもできる。

 

自分の力でお金を生み出し、
それを自動化することができる、
というステージまでは来れています。

 

 

でも、本当の成功者はケタ違いで、
稼いでいる額がもちろん凄いんだけど、

 

考えていることとか話す内容とか
世界を動かすレベルで考えていて、
めちゃくちゃレベルが高かったんです。

 

僕の話がうんこに見えるくらいです。

 

「ネットで稼いで自由に海外旅行をしたいー」

 

とか当時は考えてたんですけど、
まじでみみっちいなと思います。
(もちろん、自由になりたいって欲求は
すごく大切です。最初は純粋な欲求でやるものです)

 

金持ちは思考がすごいだけでなく、
志も高くてビジネスに対する熱量も
僕より圧倒的に多かったです。

 

ちなみにその成功者は、
「日本中の人が平等に医療を受けられるようにしたい」
と言っていました。

 

クソかっこいい夢です。

 

しかもそれを叶えるための戦略まで
すごく具体的に練っていました。

 

あーもうかっこいいなーああ。

 

経験値の差だったらいいんですけど、
ビジネスの熱量ですら負けている、
というのがめちゃくちゃ悔しいですよね。

 

 

しかも、ビジネスで優秀なだけなら
「才能」
って言葉で片付けられるんですけど

 

才能で進んでいるわけじゃなくて、
成功者はやるべきことをやっているって感じです。

 

やっていることも
そんなに難しいことではなくて、
考えたらやれるでしょっていうことがほとんどです。

 

 

なんだろ、若くして億とか稼ぐ成功者って、
めちゃくちゃ才能があるとか
思っちゃうんですけど

 

別に、成功しているからって、
大したことはやってないんですよね。

 

地味だけど大切なことをやっていたり、
実はちゃんと勉強をしていたり、
お金を払って人から教わったりしています。

 

成功者たちがやってることは、
僕でもやれることだったんです。

 

だから、単純に、
これだけ大きな差がついているのも、

 

結局は
「やっているかやっていないか」
というところでした。

 

それに気づいたから、
めちゃくちゃ悔しかったんです。

 

くっそー。もっと上行ってやるぞ。。

 

と思うことができたし、
もっと勉強して行動したいと思えるんです。

 

 

たまに大学の同級生とかと会うと
「そこそこ稼いでいるしもういいんじゃない?」
って言ってくれるんですけど、
それってなんか違うよなーって思います。

 

だって、そこそこ稼いで調子乗ってたら、
すごくダサくないですか?

 

上の人から見たら全然大したことないのに、
自分は成功者のつもりでふんぞり返るとか、、

 

想像しただけで赤面なんですよね。
僕も一時期やってたことなんですけど笑。

 

 

そりゃ、お金も時間もあるから自由だし、
楽しいし、充実してるけど
そこで止まったらその瞬間から
退屈すぎる人生がやってきます。

 

それよりももっと上の世界を見てみたいし、
魅力的な人間と一緒に
仕事をしていきたいと思うんです。

 

 

で、話を戻しますけど、
上に進んでいくためには
特別な才能とか能力は必要なくて

 

“やるべきことをやる”

 

だけなんです。

 

それは、成功者を近くで
観察していると強く思います。

 

あー、やることやってんなー。
もっとやらんといかんなー。
おれ全然足りてないなー。

 

とか思います。

 

これは、まじで、一回でいいから
成功者をじっくり観察してみてください。

 

別に、近くで見なくても
ブログやメルマガを見まくっていれば
やることをやってるだけなんだな
って気付きます。

 

「才能があったから成功したんだ」
と言って思考停止してしまうと、
その時点で自分の成長がストップします。

 

もしその人に追いつきたいとか
超えたいって思うのであれば、
その人がやってることに注目をしてみるといいです。

 

成功者やってることに注目をしていると、
意外と地味なことをやっていたり、
ちゃんと地道な努力を重ねていたりします。

 

 

東大に合格するのだってそうじゃないですか。

 

頭が生まれつき良かったから合格したんじゃなくて、
やることやってるから彼らは合格できるんです。

 

ビジネスで成功するのは
別に東大に合格するくらい
死ぬ気でやる必要はないです。

 

もちろん、死ぬ気でやれば
それなりの結果は出ますけど

 

ちゃんとやるべきことをやってれば
収入も増えて面白い世界に
行くことができるはずです。

 

 

成功するために具体的に
何をやればいいかっていうのは、
いまの段階で見えてなくても大丈夫です。

 

ちゃんと良質な情報を探してインプットしていれば
だんだん道が見えてくるようになるし
成長する欲求があれば
器がどんどん広がって収入が増えていきます。

 

で、やれることが広がっていったら、
やりたいことに挑戦してみればいいんです。

 

いきなり「世界を変える!」とか
「イノベーションを起こす!」とか
意識高いことをやる必要ないです。

 

まずは実力をつけることです。

 

コンテンツの作り方を学んだり、
商品の売り方を学んだり、
人の動かし方を勉強したり。

 

それを学んだ上で進んでいけば、
やりたいことも見えてきて視界がクリアになっていきます。

 

僕はこれまでもそうしてきたし
これからは死ぬ気で取り組んで
もっと面白い世界に行きたいなーと強く思います。

 

自分のいまの現状に満足せず、
どんどん上を目指していきたいですね。

 

それでは!

 

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が役に立つ!面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。