こんにちは、ふっさんです。

 

今日は自戒を込めて記事書きまーす。

 

 

最近、某トップアフィリエイターの人が

数年ぶりにメルマガを発信するようになって

僕も欠かさずチェックしてるんですけど

 

その中でやたらと

「エネルギー」

って言葉がでてくるんですね。

 

 

エネルギーってのは、極端に言えば

六本木ヒルズの最上階で仕事するのと

ゴミ屋敷で仕事するのとでは

作業効率にもコンテンツの質にも影響するよって話です。

 

当然、どっちがいいかって言ったら

エネルギーが高いところで仕事したほうが

生産性が高まるので絶対良いです。

 

だから、そのエネルギーを高めるために

 

・エネルギーの高いものを食べて、

・エネルギーの高い場所に行って、

・エネルギーの高い人に会いましょう

 

って話をその人はしてるんですね。

 

 

僕もそれには大いに賛成だし、

これまでもエネルギーを高めるために色んな活動をしていました。

 

 

 

・・・ただ

 

僕は最近、高級マンションに引っ越して

いわゆる「エネルギーの高い場所」に

移り住んだわけなんですけど

 

そこではどうにも、

やる気が出なかったんですよね。

 

これはおかしいぞと思って、

エネルギーを高めるためにデトックスに挑戦したり、

瞑想したり筋トレしたりして

やる気を回復させようとしてみたんです。

 

 

それでも、なかなかやる気が戻らなかった。

 

そして、作っているコンテンツにも

いまいち油が乗らなかったんです。

 

 

 

あー変だなーって思いつつ、

先日久しぶりにビジネスパートナーの家に

転がり込んで一緒に作業をしてみたんですよ。

 

僕のビジネスパートナーは

それなりに稼いでいるけど

家はそんなに豪華じゃなくて、

 

失礼な言い方をしてしまえば

「エネルギーの低い場所」

に住んでいるんですね。

 

 

でも、一緒に作業をしていて思ったのが、

彼の作業時間と作業効率が

それぞれ僕の2倍以上あったんですよ。

 

作業時間が2倍で効率も2倍なんで、

生産性で言えば4倍です。

(実際は数十倍)

 

 

僕が朝10時にノロノロと起きるとしたら、

彼は朝7時にはパソコンに向かって

作業を続けているんですね。

 

そして、大体夜中の12時とかまで

作業をやっているわけなんですけど

 

その間に食べているものは

「たまご」と「ご飯」+適当な惣菜

だけなんです。

 

 

理由を聞いたら、時間がもったいないからと。

 

美味しいものを食べにいく時間がもったいないから、

家でササッと作ってしまうと。

 

 

じゃあ、なんでそんなにがんばれるか聞いたら、

絶対に叶えたいことがあるからと。

 

そこに行くまでの道筋もハッキリしているし、

時間がなくて死ぬ気でやらないといけないからと。

 

 

そしてハッキリ言われたんですけど、

ビジネスパートナーいわく、

むかしのふっさんもそんな感じだったみたいです。

 

 

 

・・・まあ、こういうことなんですよね。

 

 

エネルギーを求めて良い環境で

作業をやろうとしてみたり

 

良い物を食べてエネルギーを

上げようとしてみたり

 

エネルギーが高い人に会って

エネルギーを分け与えてもらおうとしたり

 

 

そういうことをやっている時点で、

すでに「エネルギー不足」なんですよね。

 

エネルギー不足になっていると

 

やる気が出ない。

作業ができない。

前に進まない。

停滞は後退するのみ。

 

つまり、失敗するってことです。

 

 

えねるぎー、えねるぎー言って

色んな活動をしている人をよく見ますが

 

そんなことするより、

目的がハッキリとしていて

ハングリー精神を持っている人のほうが

圧倒的に行動力が高くなると思います。

 

ぶっちゃけ、僕はいまの高級マンションよりも

家賃1万7000円のシェアハウスにいたときのほうが

エネルギーは比べものにならないくらい高かった。

 

六本木ヒルズの最上階の巨大な事務所より、

街中の小さなガレージのほうが

エネルギーに満ち溢れているのと同じことだと思います。

 

 

まあ、僕はくしくもビジネスパートナーから

エネルギーを分け与えてもらったわけですが

 

しばらく忘れていたなーと。この感覚。

 

 

いまは自由だしなんでも手に入るから、

好きな時間に起きて好きな時間に作業して

美味しいものをなんでも食べれる生活をしてるけど

 

1年前の、借金して高額教材を買って、

寝落ちするほどパソコンに向かって

安いカップ麺を食べて過ごしていた頃の感覚。

 

あの感覚こそが、成功に連れていってくれる

最高の栄養剤だという風に思いました。

 

 

だから、まあ、最後まとまらなかったけど

エネルギーとか関係ないよって話です。

 

目的と手段。そしてハングリー精神。

 

これを持って成功まで突き進んでいきましょう。

自戒を込めて。

 

 

P.S.

 

最近、お金を気にせず美味しいものを

食べられるようになったんですけど

 

ちょっと太ってきたので本格的に摂生したいと思います。

(まじでエネルギー低い。笑)

 

家から徒歩1分の焼き鳥屋さん。

 

つくね革命が起こりました。

食べた瞬間に旨味成分が伴った肉汁が溢れてきて、

友達と言葉を失ってしまいました。

 

店に来た人には絶対に出す料理らしいですが、

やっぱりひとつでもお客の心を掴むものがあったら

リピーターは獲得できますよね。

このつくねのせいで何回も行くハメになりそうです。笑

 

のどぐろと獺祭(だっさい)。

やっぱり獺祭はおいしいですね。。

ジュース飲んでるような感覚でグビグビ行けます。

 

のどぐろは金沢で食べたことあったけど、

鶏の刺身みたいでこれまた美味でした。

 

サーモンハラス焼き。付いているのが鮭の鼻骨らしいです。

トロトロで酒のつまみには持ってこいでしたね。。

 

 

東京では友人と作業をしていたのですが、

作業→飲み→作業→飲み

を繰り返して至福の時間でした。

 

やっぱり仕事の話をしながら

気の許せる人と飲むって最高ですね。

 

これからはこういう時間を

もっと大切にしていきたいと思います。

 

 

P.P.S.

 

この記事について動画撮りました。

【極論】自己啓発とかいらねーんじゃないかな

 

目的と手段があれば、自己啓発とかいらんとです。笑

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が役に立つ!面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。