こんにちは、ふっさんです。

 

 

先日、ようやく東京に引っ越したんですけど

家具とか全部新しく買ったせいで、

家に「段ボールの山」が出来上がっていました。

 

⇒(写真撮るの忘れたー。。)

 

段ボールって、資源ごみの日に

出さないといけないんです。

 

でも、資源ごみの日って一週間に1回くらいしかなくて、

その日まで待たないといけないのがめんどくさかったんですね。

 

そこで、僕の友達が強くオススメしている

「ダンちゃん」って商品を買ってみたんです。

 

名前が可愛いくて、見た目は安物のカッターに見えるけど

 

使ってみたらまじで神アイテムでした。

(その友人は、ダンちゃんが2017年度買ってよかったものランキング1位だそうです笑)

 

もうダンちゃん無しでは

生きていけないってくらい便利だし、

これが無かったら大量の時間と

労力を消費してたと思います。

 

 

どんなアイテムかっていうと、

「ダンボールをめっちゃ切りやすいナイフ」

です。

 

 

ダンボールをカッターとかハサミで切ろうと思うと、

かなり力が要るじゃないですか。

 

切り刻もうと思って力を入れて、

つい勢い余って自分の身体を刻んじゃった経験はあると思います。

(僕も引っ越し作業中に左手が血塗れになったことがありました)

 

それが、ダンちゃんを使うと

「超切りやすい」どころか、

勢い余ってしまっても自分の身体は切れません。

 

だから思い切りズバズバダンボールを切り裂くことができるし、

溜まったダンボールも細かく切り裂いて燃えるごみで出すことができる。

 

 

僕はAmazonのヘビーユーザーで、

ちょっと欲しい商品あったら即注文してしまうので、

そのたびにダンボールが積もり積もっていき

毎回処理するのが面倒くさいんですよ。

 

ダンボールってめちゃめちゃに

エネルギーを消耗してくるんですよ。

 

 

ダンボールは外見が「ゴミ」だし、

部屋に置いているだけで

どんどん力を吸い取っていってしまいます。

 

だから、洋服とかダンボールに詰めたり

ゴミ箱をダンボールにしてる人は無気力な人が多いです。

 

もちろん、部屋のなかにダンボールがあるって最悪の状態で、

その状態で仕事をしても身が入らないしクオリティも伸びないんですよね。

 

かといって資源ごみの日がくるまで捨てられないし、

適当に破いて袋に入れようと思ったら

袋がどんどん少なくなっていくし

カッターで切ろうと思ったら危ないしで。

 

ダンボールって、便利な反面すごくめんどうくさいのですが、

そんな悩みがダンちゃんで一発解決でしたね。

 

ダンちゃんは400円で手に入るので、

ダンボールが増えて困っている人はぜひ手にしてみてください。

 

 

P.S.

 

新しい家の机周りはこんな感じになりました。

シンプルイズザベスト。モニターは使わず、iPadで代用です。

 

 

iPadを使えばモニター2つ使えるのでオススメです。

Duetディスプレイを使って作業効率を急上昇させてみた

 

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)