exit_org_gll

 

僕のブログやメルマガ読んでくれている人で、

「バイトを辞めるにはどうしたらいいか」という質問をよくもらいます。

 

僕自身、自分でお金を稼いで

ブラック居酒屋バイトを辞めた経験から、

そういった質問をもらうことが多いです。

 

僕のようにまだ影響力が少ない人にも

そういう現状が届くってことは、

やっぱりまだまだブラックなバイトは

無くなってないんだなって印象です。

 

温野菜とか和民とか電通とか、

人を酷使させる企業って話題に絶えないけど、

表に出ていないだけで

まだまだ苦しんでいる人は絶対にいる。

 

しかも、それを叫ぶことができない人だっています。

 

実際、僕の元バイト先では、個人のTwitterやSNSを

社員がフォローして管理していたし、

ブロックしたらブロックしたで目を付けられていました。

 

友達と遊んでいるときにもLINEが来て、

前回の仕事の反省点を書かされたり、

いま忙しいから来てくれないかって言われたり、

 

Twitterで愚痴をつぶやくことも、

LINEで悪口を言うことも禁止されている状態です。

 

 

僕の場合はゆるかったのですが、

おそらく僕にメールがくるってことは、

 

プライベートすらも監視されて、

そういうことを声に出すことが

できていない人がいるんじゃないかと。

 

 

それって相当な苦しみだと思うので、

今回、そういった人達のために

「バイトを辞める方法」についてまとめてみました。

バイトを辞めるための方法とは?

 

ネット上を調べてみると、

なんか「辞めたいって言うタイミング」だとか

「辞めるためのテクニック」だとか書いてありますが、

そんなの微塵も役に立たないんですよ。

 

辞めるって言ったって

そのほとんどが何かしらの事情があって

「辞められない」んだと思うんです。

 

辞められたらみんな辞めてるし、

それを勇気がないだとか簡単じゃんとか言うのは間違っている。

 

テクニックばっか解説して

本質を言ってないのも意味わからんです。

 

僕が有効だと思うのは、

まずは辞められない理由を理解して、

そのうえで辞められない要素を

ひとつずつ潰していくことです。

 

その中でブラックな部分が解消されて

安心して辞められる状態になっているかもしれないし、

もしかしたら辞めなく済むかもしれません。

 

現状、それが最も有効なアプローチだと思ってます。

 

 

いくつか要素があると思いますが、

僕が思いつく限り原因を挙げていき、

ひとつずつその要因を潰すという作業を行っていきます。

 

バイト仲間に悪く言われそうで辞められない

 

僕のバイト先は居酒屋だったからか、

仲間意識がすごく強かったです。

 

僕自身、それは良いことだと思ってたし、

楽しい思い出もいっぱい作れました。

 

でも、

バイトを辞めるということ=その仲間を失う

ということです。

 

これはもう、避けられない事実だし、

仲間を失うことによる損失が嫌で

辞められないって人も多いと思います。

 

ただ、その点は天秤にかけるしかありません。

 

・バイトを辞めて自由を手に入れるか

・バイト仲間を失わないように我慢して続けるか

 

この2つに1つです。

 

両方手に入れることなんて

真っ当に辞める以外難しいので、

苦渋の決断だけど選ぶようにしましょう。

 

何かを選ぶってことは、何かを捨てるってことです。

 

逆に、バイトを辞めることで

新しい仲間ができるってこともあります。

 

自分にとって何が一番大切なのか選んだら、

どちらかを捨てる覚悟で選びましょう。

 

 

また、親しい友達だから辞めたら弾かれそう

っていう人がいますが

 

そもそもそんな圧力かけてくるような友達なら

いらないのでそのときは遠慮なく辞めてしまいましょう。

 

僕は大学でかなり多くの友達を作りましたが、

卒業するときにはたった4人程度しか

仲の良い友達はいなかったです。

 

ほとんどの友達はあなたの人生に

なんの影響ももたらしません。

 

バイトを辞めてもこれまで通り

接してくれる人が本当の友達です。

 

辞めたら自分に負けた気がする

 

これは僕も結構悩まされたことですが、

例えばバイトで辛い目に遭って辞めたいと思ったときに、

「ここで辞めたら自分に負けたことになる」

っていう気持ちですね。わかります。

 

いつの間にかこういう考え方になってるんですよね。

 

これは義務教育の糞みたいな

教育のひとつなので気にすることはないです。

 

もちろん、色んなことが続かずに

コロコロ選択肢を変えるってのもダメですが、

我慢して続けているようなら辞めたほうがいいです。

 

 

だからこの考え方って、一長一短なんですよ。

 

守ることで長く続けることはでき、

結果が出るかもしれませんが

 

裏を取ってしまえば

「成果が出ないものをダラダラ続ける」ことにもなる。

 

辞めたら自分に負けた気がするっていうのは、

自分に厳しい証拠です。

 

ただ、それで身を滅ぼす人もいます。

大学生活を4年間バイトに捧げて

エントリーシートに何も書けなかったとかね。

 

自分に負けたんじゃなくて、

現状に甘んじてるって考え方もできます。

 

どっちを選ぶかもう一度考えてみてください。

 

次のバイト先が見つかるか不安

 

これは、もうタウンワークを手に取って

面接にGOです。

 

ダブルワークができないって人は、

とりあえず働きながらでも面接してみて、

良いところを見つけたときに

いまの場所を辞めればいいです。

 

いまの時代、次の働き場所が見つからないなんて

ほとんどの場合起こりません。

 

いまより良い条件が見つからないというのなら、

いまのバイト先が一番良い環境ってことです。

 

その場合は、「バイトをしない」

って選択しか残ってないので、仕方ないです。

 

経済的事情で辞められない

 

多分、これが一番大きな原因

なんじゃないかと思います。

 

僕自身、大学の学費や家賃、

光熱費や食事代を合わせると、

とてもバイトをやらなかったら

生活していけない状態でした。

 

生活するためにバイトをする→眠くなる→学費払ってるのに大学に集中できない

っていう意味わからない状態になってて、

なんのためにバイトしているのかわからなかったです。

 

とにかく、お金のために働いて辞められないってのは

最悪の結果を生むことにもなってしまうので、

 

経済的に困難な場合があったら

まずはバイト以外の収入を確保しましょう。

 

いまの時代、色んな方法でお金を稼げて、

毎日ブログを書くだけだったり、

不用品を販売するだけでも

お金稼げるんですよ。

 

特に、バイトの平均的な給料の

月収10万なんてのは、

決して到達できない範囲じゃないんです。

 

まずは自分で情報を集めて、

打開策はないか考えてみてください。

 

 

実際、僕がバイトを辞めることができたのも

「経済的に余裕ができたから」なんです。

 

バイトを辞めたい一心でビジネスに挑戦し、

気付いたら店長の給料すら超えていました。

 

いま考えると、あれだけ偉そうなこと言ってたのに

自分より稼げてないって、

本当に世の中固定観念でガチガチなんだなって思いました。

 

何も、お金を稼ぐために

労働をしなくちゃいけないってわけでもないです。

 

まずはそこの固定概念をぶっ壊してください。

 

自分が辞められない理由を理解する

 

これはコンサルティングの常套手段ですが、

「〇〇できない理由」ってのを思いつく限り挙げてください。

 

今回でいうと、バイトを辞められない原因ってのを

あらゆる方向から掘り下げてみるんです。

 

・人間関係

・お金

・上司

・友達

・生活

・マインド

・プライド

・不安

 

などなど、色んな要素があると思うんです。

そして、それらの原因をひとつずつ潰していく。

 

これが一番成功しやすいやり方です。

 

「辞めます」の一言を言えば辞められるのは確かですが、

それができないからバイトってのは手強いんです。

 

その大変さを見つめて、

少しでも前に進むために

このワークはやっておいてくださいね。

 

あなたが無事に自由を手に入れられることを祈っています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大学の勉強もバイトの仕事もできなかった僕がビジネス飽和期に挑戦し、

月120万円を自動で稼げるようになった過程を今だけ無料で公開しています。


2年の歳月で得たスキルと100万円分の知識を、経験談と一緒にまとめてみました。

僕がやっているビジネスを無料で学べるので興味があればどうぞ。


人生を思い通りにデザインするメルマガʕ•̫͡•ʔ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓↓このページをシェアして、明日の会話のネタにしてくれたら嬉しいです↓↓