僕は「バイトを辞めたいけど辞められない」人間でした。

 

バイト先の仲間は大学の友達で、バックレることもできないし、嫌われるのが怖かったし、お金もなかったから生活できるのか不安だった。

 

もっと言えば、バイトを辞めることで「ゆとり」「根性無し」と罵られることが嫌でした。

 

 

ただ、勇気を振り絞って辞めてからというもの、「バイトを辞める勇気がない」というのは、致命的な考え方だと気付きます。

 

バイトを辞めるときって、社会にでてからだと「退職」と似たようなものだと思うんですよ。もちろん、会社に入って社会に属しているというのは、バイトとは比べ物にならないくらい背負っているものも違うし、訪れるリスクも違います。

 

でもだからこそ、「バイトすら辞められない」というのは致命的なほど勇気が足りないんです。

 

バイトを辞めるよりも、会社を辞めるほうが大量の勇気が必要です。感覚的には10倍くらい、襲ってくる恐怖は大きいです。

 

 

成功の定義を「毎日楽しく、充実した人生を送ること」としましょう。自分の好きなことに生き、好きな場所に行って好きなものを食べて、好きな人とだけ充実した時間を過ごす。

 

その成功の定義に則れば、就職して40数年を会社に縛られ続けるのは充実した生活とは言えません。(何度も言っている通り、好きな仕事をしていたら話は別です。好きな仕事に就けるかはほとんど博打ですが。。)

 

じゃあ、40数年の中で、どこかで自分でスキルを付けて「独立」をする必要があります。独立できるほどのスキルを身に付ける、もしくは仕組みを所持するって、生半可なことじゃないです。

 

独立した仕組みを作るのにも最低1年、要領が良い人でも最低半年はかかります。作ってしまえばあとは自由ですが、働きながらそれをやるのは困難なことが多いです。

 

ましてや、子供もいるかもしれない、ローンを組んでいるかもしれない、社会保険や税金を払わなくちゃいけない・・・。という状態だったら、ますます独立への道は閉ざされます。

 

 

人間には「ホメオタシス」と言って、環境を一定に保ち続ける本能があります。ましてや、日本人は独立志向がないのでその傾向は強く、会社や周りに洗脳される場合もあるので会社に残り続ける可能性は高いです。

 

こうなれば、「充実した人生」を送るなんてのはほとんど不可能に近く、成功するなんてことは夢物語に近くなってしまいます。

 

 

じゃあ、バイトをやっているという、会社員よりは比較的多くの時間がある中で「スキルを身に付ける」「仕組みを作る」ということをやっていないというのは、その「充実した人生」を放棄していることのあらわれです。

 

ましてや、バイトを辞めるわけでもなく、現状維持でその環境にしがみつこうとしているのは、束縛力の弱いホメオタシスにがんじがらめにされているということであり、より強力な束縛に対して抵抗できない状態であることの証明です。

 

 

色々と難しいことを書きましたが、もし大学生なら理解してください。社会人なら勉強不足です。言いたいことをまとめます。

 

 

「バイトを辞めたいけど辞められない」という状態は、非常にマズイ状態です。いつかどこかで成功がやってくる、自由になれると思っているのなら、それは失敗に向かって一直線に進んでいるということを自覚してください。

 

大学が終わる、引っ越す、○○が辞めるまで待つ。というのも良い選択かもしれないです。でも、そうやって他人や環境に頼って生きるのは決して主体的な人生とは言えません。

 

 

まだ20数年しか生きていない若者だけど、確信していることがあります。

 

「他力本願のやつは失敗する」

 

何十人もビジネスを指導してきた僕から言わせてみれば、間違いなくこれは真理です。主体的に動かないやつは失敗する。人生での成功なんてあり得ないと、そう思います。

 

 

もちろん、誰かのもとでいまやっているバイトみたいに働き続けるのも全然ありですよ。言いたいことを言わず、やりたいこともやらず、耐え忍んでつまらない人生を40年間も送るのならそれでもいいです。

 

やむを得ない事情があるのなら仕方ないです。でも、絶対どこかに別の方法はあるし、お金を稼ぐ方法ならバイト以外にも無数に存在します。

 

見えていないだけで勉強不足なだけです。そうじゃなければそれを探す勇気がないか、始める勇気がないかのどちらかです。

 

 

バイトを辞めたいって思ってるなら、いますぐ辞めてください。辞められないなら、辞められる努力をしてください。その努力すらやらずにただただ時間を浪費するのはまじで時間のムダです。

 

現状を嘆いている暇があったら行動してください。自分から動かないのに現状は変わらないです。

 

見ている世界を変えてやりましょう。いじめてきた先輩、上司をギャフンと言わせてやりましょう。そしてたった一回きりの人生、思いっきり楽しんでください。労働から解放されて、毎日好きなことをして生きるんです。そのほうが人生100倍楽しいですよ。

 

 

この記事を読んでもし議論したいと思ったならコメントください。共感してくれたらシェアしてください。価値観は多様だけど、僕はこういう考えです。

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)