どうも、ふっさんです。

 

 

いやー、腹八分って大事ですね。

 

 

僕はお昼になったら

カフェに出かけるのですが

 

カフェに行く途中の店で

バクバク外食してたんですよね。

 

 

で、そのときは1000円とか

躊躇なく使うから、

毎回お腹いっぱいになるんですよ。

 

お腹いっぱいになった状態でカフェに行くと、

まあ~眠くなってしまいます。

 

 

眠くなって集中できずに

ダラダラと仕事をしていると

気付いたら夕方になっていて

 

そこで切り上げて帰ったら、

夜ご飯もまた外食しちゃうので

お腹いっぱいになって眠くなります。

 

そして気付いたら寝る時間になってるという、

超生産性の悪い毎日を過ごしてました。

 

 

で、これはあかんと思って、

外食を1000円以上のものから

「300円の牛丼」に変更してみたんですよ。

 

 

有名な牛丼のチェーン店です。

 

久しぶりに食べたんですけど、まあうまい。

 

 

そして何に感動したかって、

ご飯が出てくるスピードが速すぎます。

 

食券買っておばちゃんに渡して、

席に座ってリュックをおろしたら

もう目の前に牛丼があるんですよ。笑

 

量もそんなになので、

店に入ってから食べ終わるまで、

わずか10分とかです。笑

(多分全力出せば5分切る)

 

店のなかには忙しそうなサラリーマンが

ズラリと並んでいて、入ったときには

「あー、時間かかるかなぁ」

と思ったんですけど

 

さすがチェーン店だけあって回転が速いですね。

 

忙しい人達はいつも昼飯を

あそこで食べて時間を節約してると思います。

 

 

で、300円程度の牛丼なので、

量も良い感じにキープされていて

全部食べ切ってもお腹いっぱいにならないです。

 

ただ、満腹感はあるんです。

お腹いっぱいになって苦しくなることが

ほとんど無くなるって感じです。

 

 

パパっと食べてパパっと出て、

そのままカフェに入って作業開始です。

 

実にスムーズに作業に入れます。

 

 

いやー、これでまた生産性上がったなぁ。

何回連続で牛丼食べれるか見物だけど。

 

 

よく、経営者のドキュメンタリーかなんかで、

お金持ちなのに食事が

質素みたいなのあるじゃないですか。

 

 

あれを見て、

「あぁ、やっぱりハングリー精神を忘れちゃダメなんだな」

っていう解釈をしちゃうんですけど

多分それは間違っていて

 

経営者は時間を超大切にするから、

必然的に「早く出てくる」食事に

しているのが正しい解釈だと思いました。

 

多分、早く出てきて美味しいものがあれば

値段とか関係なく注文すると思います。

 

 

以上、300円の牛丼を食べて思ったことでした。

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)