人にモノを売るときは、ひたすら相手の興味を搔き立てる必要があります。

 

洗濯機にまったく興味がない人に洗濯機を売っても絶対買わないですよね。

 

興味を搔き立てないうちに商品を販売するのは、

ネット上では自殺行為だと思ってください。

 

タバコを吸わない人に灰皿を売るようなものです。

 

だから、あなたが商品を売ろうと思ったらまず最初に、

読者さんの興味レベルを上げていく必要があります。

 

この興味のレベルには5段階くらいあって

 

A・・・めちゃめちゃ興味があり、投資を惜しまない人

B・・・興味はあって、渋る人

C・・・興味はあるが、知識がない人

D・・・興味があることを自覚していない人

E・・・まったく興味がない人

 

このように、5つの段階に分かれます。

 

商品を売ろうと思ったら、Aの人には簡単に売れます。

Aの人はどういう人かというと

「もうバリバリでビジネスしたくて、お金も用意してます!!」

というような人です。

 

基本的に、こういう人はなかなか見つけることができません。

Aのような人はすぐに方法を見つけてしまうから、

他の人に取られている可能性が非常に高いです。

 

次に、Bの人。これは結構います。

あなたのブログやメルマガを読んでくれる人は、Bの人が多いです。

 

誰かに背中を押してもらいたい状態なので

しっかりとしたコピーライティングの技術とセールスの力があれば

あっさりと売ることは可能です。

 

問題は、CとDの人です。

 

Cの人は、華やかな世界に興味があるけど、まったくその世界について詳しくない状態です。

 

例えばF1レースなどをイメージしてもらえばわかると思います。

F1レースを見てもまったく凄さがわかりませんよね。

 

でも、F1にある程度関わって実際に乗ってみたりしたら、

その凄さがハッキリとわかるはずです。

 

ある程度その分野について知識がないと、

いくら実績を見せてもなんも興味をそそられないのです。

 

「乗馬やってみない?」

といきなり誘われても行くかどうか迷いますが

「乗馬はダイエット効果もあって、お金もあまりかからないよ」

と言われたら行く気になりますよね?

 

興味が多少あるけど、その分野に対する知識がない人は、

興味がさらに膨らむような知識を与えてあげればいいです。

 

人間は、知らないものに対して行動することを恐怖するようプログラムされてあります。

「死」はその最たる例ですね。

 

わからないものは怖くて実行することをためらいます。

だから、その分野について知識を与えるだけでも行動するかしないか決まってきます。

 

 

C以下の人には、できるだけ知識を与えてあげましょう。

有料級の情報でもバンバン与えることが必要です。

 

不透明な商品、買うまでのお楽しみ・・・

というようなものより、

中身が完全にわかっていて、大体の内容まで予想できてしまう・・・

こういう物のほうが良いです。

 

中身を全部見せても、実物以上に価値を高く見せるのは

コピーライティングの技術です。

 

コピーの力で商品の価値を底上げしてあげましょう。

 

基本的に、知識を与えたらD→Cに、C→Dにランクが上がります。

興味がなくても良い情報を与えられたら自然と興味が沸いてきます。

 

Dの人で、興味があるという自覚がないというのは、例えば

「ネットビジネス」

に興味はなくても

「お金儲け」

には興味があるという状態です。

 

ネットビジネス=お金を稼げる

という状態に持っていけば、自然とランクはCに上がっていきます。

 

このように、興味の5段階説をしっかりと理解して

相手に興味を持たせれば、大抵どんなものでも売れていきます。

 

このことをしっかりと理解してビジネスをしていきましょう。

 

ありがとうございました。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は大学生の頃から月収で170万ほど稼いでいます

怪しいし、信じがたいし、
才能があったんじゃないかとも言われます。


でも、家庭環境は最悪だったし、
バイトでは仕事ができない人間だったし、
大学の成績も下から2番目の落ちこぼれでした。


そんな人間でも、ビジネスに出会って
ちょっとの間だけ真剣に取り組んでみたら
あっさりと人生逆転できました。


僕がいま使っているものでよければ
ビジネスの戦略をメルマガでお渡ししているので、
ぜひ楽しみながら読んでみてください。


〆特別ギフト付きメールストーリーを読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓↓このページをシェアして、明日の会話のネタにしてくれたら嬉しいです↓↓