こんにちは、ふっさんです。

 

映画、『心が叫びたがってるんだ』を観てきました。

 

なんで、ネットビジネスのブログで映画のレビュー??

と思ったかもしれませんが、

 

“情報を発信する立場の者として、

自分のフィルターを鍛えることは大切だ!”

 

と思ったからです。(ただの口実)

 

どんな作品からでもビジネスを学ぶことができるように、

フィルターを鍛える意味でレビューを書いていこうと思います。

 

 

結論からいうと、

『リアルな恋愛をアニメで楽しめる』

映画でした。

 

まあ、そんな絶賛系のレビューを書いたところで

ただの批評ブログで終わってしまうので

少しでもネットビジネスに活かせるよう、書いていきたいと思います(笑)

 

 

僕は普段、あまり二次元の映画を観ないのですが

(二次元はアニメという意味。三次元は実写)

 

この画像から見るに、

なにやら爽やかなラブストーリーが観れそうな予感だったので、

ワクワクしながら映画館に入っていきました。

 

やっぱり、タイトルというかキャッチコピーは重要です。

僕も、この画像でこのタイトルじゃなかったら映画館に入っていないです。

 

『心が叫びたがってるんだ』

↑何の話??

 

写真も、遠くに向かって叫んでいる少年少女達

ひとりは、右腕折れてるし。。

 

この写真を見ただけで、爽やかな青春ストーリーと

それぞれの登場人物のストーリーを知りたくなってしまいます。

 

僕は、ひたすら『何で腕を吊るしているんだろう?』ということが気になっていました。

 

こういった面から見ると、この写真やタイトルのキャッチは

集客装置として非常に優秀なわけです。

 

ネットビジネスにおいて、タイトルメイキングは死活問題です。

 

タイトル次第で、結果が大きく左右されてしまいます。

人間は、文章を見てそのコンテンツを開こうか決めるからです。

 

映画の制作者側も、この写真はすごく凝ったと思います。

お客さんが映画を観ようか観ないか決める最も重要なものだからですね。

 

そして、ここから映画の内容に入っていきます(ネタバレ注意)

 

映画のあらすじとしては、

もともと天真爛漫でおしゃべりだった少女が、

おしゃべりが原因でトラウマを背負ってしまい

それが原因で言葉を発するとお腹が痛くなる魔法をかけられてしまった

というもので

 

そんな少女と、普通の高校生である少年、野球部の元キャプテン、チアリーダーの少女

が主導になって『地域ふれあい交流会』をミュージカルで成功させよう!とする物語でした。

 

 

この物語のテーマは、『言いたいことを言おう!』

であると感じました。

 

登場人物は、言いたいことを直接その人に言うことに臆病になっている人が多くて

その最たる例として『何もしゃべらない女の子』が取り上げられます。

 

そして、そのヒロインがお腹が痛くなるのに

勇気を出して言いたいことを言っていくのを見て、

それに感化された人達が変わっていくという物語です。

 

 

分析に入ります!

このストーリーから読み取れることは、

『感動を与えることによって協力してくれる人が集まってくる』

ということです。

 

ヒロインの女の子は言葉を出せないのですが、

そんな子がしゃべれないのを我慢して言いたいことを言葉にするのを見て、

みんな感動して付いていきます。

 

最終的にはバラバラだったクラスがひとつにまとまって

ふれあい交流会が大成功するのですが、

それもすべて、ヒロインが『感動』を与えたからです。

 

ネットビジネスでも同じことが言えて、

人が集まってくるときの条件は2つあります。

 

ひとつが、『見返りがあると感じたとき』

そしてもうひとつが、『感動させられたとき』

です。

 

前者は打算的な付き合いになってしまいますが、

後者は仲間になるケースが多いです。

 

要するに、熱烈なファンになってくれるということです。

 

もしあなたが文章で人を感動させることができたなら、

その人はずっとあなたに付いていきます。

 

そしたらあとはもう、あなたの夢を叶える手伝いを

その人に手伝ってもらえばいいだけです。

 

『感動を与えると人は付いてくる』

ということをストーリーから学べました。

 

 

 

そしてここからが本気のレビューなのですが・・・

 

 

僕は、二次元アニメ映画を観るときに『あること』に注目します。

 

おそらくこれは、ドラマやアニメを視聴する人の

半分以上が無意識に注目している

最重要事項だと思うのですが

 

今回の映画は、その点に関していえば100点満点でした。

 

それは

『不自然さがないか』

ということです。

 

特に恋愛系のストーリーの場合、

僕は『リアリティ』を非常に重視します。

 

・正しい場所で告白しているか

・正しいストーリーで展開されているか

・正しい行為をしているか

・正しい

特に、告白をするときの台詞とか、

抱き着いたりキスをしたりするシーン。

 

ここは特に集中して見ています。

そして、リアルであればあるほど萌(燃)えていきます。

 

 

ドラマや二次元アニメにありがちなことで、

“どう考えてもその状況はありえない”

というシーンがあります。

 

CGが入っているとかそんなんじゃなくて、

“その状況でそうなる!?”

といったシチュエーションに遭遇することがあります。

 

最近の映画では、ジュラシックワールドで

恐竜でもみくちゃにされている混乱の中で

キスをするシーンがありましたが

 

そういうシーンを見ると、

全身がゾワゾワする感覚に襲われるんです。

 

見ているこっちが恥ずかしい。

 

映画を観ているとどんどん感情移入してしまいますが、

その物語の登場人物が明らかに不自然な行動を取ると

『はぁ!?』

となって現実に引き戻されてしまうのです。

 

 

映画を観るときは、

 

 

ちゃんと、リアルな恋愛表現ができているか

 

↑これを強く重視します。

 

そして、今回の映画ではそれが100点満点でした。

不自然さが何一つなく、クライマックスも『あり得る』展開でした。

 

台詞のひとつひとつから、不自然さが微塵も感じられなかったです。

純粋にドキドキして、興奮を覚える作品でした。

 

 

で、これだとただレビューしているだけなので、

これがネットビジネスの何に役立つのかというとを解説していきます。

 

これは、

『ストーリー』の提示において役立ちます。

 

ネットビジネスにおいて、物事を解説するときは文章を用いて

ストーリー調にすると伝わりやすくなります。

 

これがストーリーを用いなかった場合、

非常に淡白でつまらない文章になってしまうため、

読者はどんどん離れていってしまいます。

 

ストーリーを利用した場合は、

説明が非常にわかりやすくなるたm

読者はドンドンファンになって付いてきてくれるようになります。

 

そして、そのストーリーを書くときに、

『不自然さを失くす』

ということが重要になってくるのです。

 

よく、セールスレターやLPなどで

『1日3分の作業で~~~』

という謳い文句がありますが

 

ああいった文章の成約率って、非常に低いらしいです。

 

入ってくるお客さんも質の低い人ばかりで、

行動を起こさないので損害が発生することが多いとか。

 

 

なぜなら、そこには『リアリティ』がないからです。

 

・片手間で稼げる

 

↑こういった謳い文句は、

普通の人でも”不可能”だということに気付くはずです。

 

そこに『不自然さ』を覚えるため、

絶対に登録しようとは思わないのです。

 

それよりもむしろ、

『元々貧乏だった人間が、

バイトとアフィリエイトの両立で2ヶ月で大逆転を果たした』

と言ったほうがリアリティが増すのです。

 

そのリアルな話にワクワクするようなワードを織り交ぜるからこそ、

人はテンションが高まって付いてくるのです。

 

こう言った意味で、

この映画は『萌え要素』と『リアリティ』をうまく調和した

素晴らしい二次元作品でした。

 

まだ映画を観ていない人は、ぜひ観てみてくださいね。

前作を見ていない人でも非常にオススメできる作品です。

 

それでは!

 

 

P.S.

 

はじめてブログで『あらすじ』

というものを書いてみましたが、

なかなか難しいものでした。

 

もっと精進して文章力を高めていきたいと思います。

 

ストーリーライティングを極めたら

文章の世界では敵なしになると思うので

 

これからは物語を書いていく癖を付けていくべきです。

 

論文よりも小説のほうが読まれるし、

面白がって最後まで読んでくれる可能性が高いからです。

 

コピーライティングよりもストーリー

↑これを重視していきましょう♪

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)