プロダクトローンチ 画像

 

プロダクトローンチの1通目は、

読者さんと距離を縮めるためのメールを送るといいです。

 

 

この1通目のメールを読んで

読者さんはこれからも

・メールを読んでいこうか

・読まなくなるか決めます。

 

 

第一印象を決める最も重要な部分です。

 

 

書くべきポイントは3つです。

 

 

①自分がどういう人物なのか

 

②自分が何をしているのか

 

③これからどういう情報を発信していくのか

 

 

 

 

プロダクトローンチの1通目は、できるだけ自己開示をしていきます。

それぞれ、自分の文章で書いていきましょう。

 

 

メルマガの読者さんが自分を信じてくれて、

尚且つ好きになってくれるような

そんな文章を書くといいです。

 

 

また、文章を書く際は当然ですが

『ターゲット』

を意識しましょう。

 

 

例えば、大学生をターゲットにしているのなら、

自分の大学時代or大学生活の話

 

 

主婦層をターゲットにしているなら、

自分が主婦と関わってきた結果など

 

 

 

 

ターゲットに合わせて、プロフィールを変えていくのが基本となります。

 

 

①自分がどういう人物なのか

 

 

ここでは、自分の生い立ちやこれまでの道のりなど

 

 

できるだけ具体的に面白おかしく書いていきましょう。

 

 

ステップメール(プロダクトローンチ)の一通目は、

いわば読者を『掴む』ためのものです。

 

 

面白い情報を発信していると感じるからこそ、

読者さんは2通目のメールも読んでくれます。

 

 

『僕は、ド田舎で生まれて毎日部活(武道)ばかりしていました。

高校では国体に行ったりして、部活が終わって猛勉強して

そこそこの国立大学に入れました。

でも、そこで出会ったのは退屈な大学生活と・・・』

 

 

という風に、ストーリー風に書いていくと

読者さんも読みやすいです。

 

 

 

 

②自分が何をしているのか

 

 

ここも、かなり具体的に書く必要があります。

 

 

ビジネスをしているなら、どんなビジネスをしているのか?

 

 

ネットビジネスをしているのなら、どのネットビジネスをしているのか?

 

 

アフィリエイトをしているなら、ブログかメルマガか?

 

 

などなど、事細かに書いていきましょう。

 

 

上級者は、そのことを無料レポートにまとめて

用語の解説をしていきながら

読者さんとの距離を近づけています。

 

 

 

 

③これからどういう情報を発信していくのか

 

 

これから、自分のメールマガジンでどういう情報を

発信していくのか書いていくといいです。

 

 

ここで重要なのは、

・どれくらいの期間で

・どんな内容を発信して、

・その結果どうなるのか?

 

 

ということです。

 

 

ex):これから稼ぐ方法を発信していきます。

 

より

 

ex):これから14日間に渡って、

トレンドアフィリエイトのノウハウを毎日送ります。

14日後、あなたは月収10万円を達成できるほどの

ノウハウが頭にインストールされることになります。

 

こっちのほうが、

毎日読んでいこうと思えますよね?

 

 

コピーライティングを意識して、

どの文章もできるだけ具体的に書いていくといいです。

 

 

 

 

1通目は、メールマガジンを読まれるか読まれないかを

決める最も重要な部分なので、

気合いを入れて書いていきましょう。

 

 

1通目は以上です。おつかれさまでした!

 
ブログランキングに参加しています。
読んでくれた証拠にぽちっとクリックしてくれると喜びます!嬉しいです♪
  ↓↓↓

大学生 ブログランキングへ

 

大学生活 余裕

大学生のためのメルマガ、やってます。

□学生でも月10万の不労所得を作る方法□

~2万円級のPDF付き無料講座を見学~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は大学生の頃から月収で170万ほど稼いでいます

怪しいし、信じがたいし、
才能があったんじゃないかとも言われます。


でも、家庭環境は最悪だったし、
バイトでは仕事ができない人間だったし、
大学の成績も下から2番目の落ちこぼれでした。


そんな人間でも、ビジネスに出会って
ちょっとの間だけ真剣に取り組んでみたら
あっさりと人生逆転できました。


僕がいま使っているものでよければ
ビジネスの戦略をメルマガでお渡ししているので、
ぜひ楽しみながら読んでみてください。


〆特別ギフト付きメールストーリーを読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓↓このページをシェアして、明日の会話のネタにしてくれたら嬉しいです↓↓