ローンチ 画像

 

こんにちは!

 

 

ここでは、4通目のプロダクトローンチ(ステップメール)の書き方を紹介します。

 

 

4通目のプロダクトローンチですが、

前回アンケートを取った際に、ニーズというのがわかったと思います。

 

 

そのニーズに沿った内容を教えてあげるのがベストです。

 

 

かなり高レベルなメールマガジンは、

アンケートに答えてもらった時点でメールマガジンが分岐します。

 

 

例えば3通目のアンケートで

『運動が好きで、5kg以上痩せたい』

と答えた人と

『運動が嫌いで、ちょっとだけ痩せたい』

と答えた人がいるとします。

 

 

メールマガジンは

 

 

・運動が好きで5kg痩せたい人⇒1週間で動きまくって5kg痩せる方法

 

・運動が嫌いで2~3kg痩せたい人⇒寝ながら痩せれるダイエット法

 

 

という風に、分岐します。

 

 

 

 

優秀なメルマガ配信スタンドは、

クリック率によってそれぞれのメールアドレスに

ポイントを割り振ることができます。

 

 

アンケートに回答したらポイントを割り振り、

そのポイントに応じてメールマガジンを分岐させることができます。

 

 

これはかなり難しい応用テクニックなので、

使える人だけ使いましょう。

 

 

 

 

では、4通目のステップメールの書き方を解説します。

 

 

4通目では、あなたのテーマに沿った内容を発信していきましょう。

 

 

1通目よりも2通目よりも具体的なテーマの内容を発信します。

 

 

僕は不労所得システムを作らせるというメールマガジンなので、

実際に簡単な方法で5000~10000円の不労所得を作ってもらっています。

 

 

このとき、動画や音声などで解説するとわかりやすいかもです。

 

 

文章にするとちょっと長いし、

違うページに飛ばしてもメルマガに帰ってこなくなるからです。

 

 

 

そして、具体的な内容を発信したら、

必ずやるべきことがあります。

 

 

それが

『有料商品について軽く触れる』

ということです。

 

 

自分が7日目に販売する商品について軽く触れましょう。

 

 

例えば

『ちょっと、本気で痩せたいという人に向けて

プレゼントを作っているんですが・・・

いま全力で作成中です』

 

 

こんな風に、

プレゼントか企画か

用意している途中である

 

 

ということを伝えましょう

(ステップメールなので当然用意されているわけですが)

 

 

こうすることで、読者さんの期待が膨らみます。

 

 

この読者さんの期待を膨らます

という作業が、プロダクトローンチの一番の醍醐味です。

 

 

ここでは

『軽く触れる』

だけにしておきましょう。

 

 

ガッツリ触れてしまったら

『売り込みだ!』

と思われて去られてしまう可能性があります。

 

 

4通目の段階では

『公開しようかどうか迷っている』

くらい、やんわりと言っておきましょう。

 

 

 

 

しっかりと情報発信をした上で読者さんに価値を感じさせ

信頼関係をさらに築き

そして、商品をほのめかす

 

 

これが、4通目のステップメールの役割です。

 

 

それでは、おつかれさまでした!

ブログランキングに参加しています。
読んでくれた証拠にぽちっとクリックしてくれると喜びます!嬉しいです♪
  ↓↓↓

大学生 ブログランキングへ

LP仮

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は大学生の頃から月収で170万ほど稼いでいます

怪しいし、信じがたいし、
才能があったんじゃないかとも言われます。


でも、家庭環境は最悪だったし、
バイトでは仕事ができない人間だったし、
大学の成績も下から2番目の落ちこぼれでした。


そんな人間でも、ビジネスに出会って
ちょっとの間だけ真剣に取り組んでみたら
あっさりと人生逆転できました。


僕がいま使っているものでよければ
ビジネスの戦略をメルマガでお渡ししているので、
ぜひ楽しみながら読んでみてください。


〆特別ギフト付きメールストーリーを読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓↓このページをシェアして、明日の会話のネタにしてくれたら嬉しいです↓↓