プロダクトローンチ オファー・リスクリバーサル

プロダクトローンチ(ステップメール)の

7通目の書き方を解説していこうと思います。

 

 

プロダクトローンチの7通目は、

『オファー&リスクリバーサル』です。

 

 

6通目で、商品を販売するということを暴露しました。

 (6通目の書き方はコチラ)

 

7通目では、実際にその商品がどういうことなのかということを

セミセールスレターに載せて送ります。

 

 

セミセールスレターを送ることで、

いままでぼんやりとしか見えてこなかった商品像が

ハッキリと具体化されて見えてきます。

 

 

このとき、読者さんの期待は最高潮に達していて

『早く受付を開始してほしい』

という感情にまで持っていきます。

 

 

実際に売ろうと思っている商品の、

かなり事細かい部分までしっかりと入れていきましょう。

 

 

より具体的に書くことで、

読者さんは商品を欲しいと思うようになります。

 

 

 

 

説明するより見てもらったほうが早いので、

セミセールスレターを実際に見ていきましょう。

 

https://drive.google.com/file/d/0ByfdCAbn5etCLU80eUZESkdxMlk/view

 

↑こちらが実際に僕が書いたセミセールスレターです。

 

 

このように、ランディングページのように

セミセールスレターを書きます

(僕は昔、予算不足のためグーグルドライブにアップしていました)

 

 

商品の詳細をこと細かに書いていきます。

 

 

書く内容は以下の点です。

 

 

・商品の価格

・内容

・先着購入特典

・リスク排除

 

 

ひとつひとつ、細かい点を見ていきます。

 

 

全ての要素をしっかりと埋め込むことで、

成約率が大きく変わってくるので

ここは力を入れて書いていきましょう。

 

 

 

 

【商品の価格】

 

 

商品の価格は、ここでは発表しません。

 

 

でも、ぼんやりとした価格設定は行います。

 

 

価格の設定方法は、二重価格です。

 

 

高等テクニックですが、例えば

『この商材を作るのに20万円以上の投資と、

150時間以上の時間を費やしました』

『でも、商品は誰でも受け取れる価格にしたいと思います』

 

 

こうすることによって、

商品に付加価値を付けます。

 

 

これは正直に言っていいです。

誰しも、商品開発に100時間以上は費やしているはずですから

(ローンチの作成やメルマガの作成、商品の作成全て含めて)

 

 

20万円以上の投資

と言っていますが、実際に投資をしていなくてもいいです。

 

 

自分の時給を1000円と設定して、

200時間以上商品開発に費やしていれば

そういうことになりますから。

 

 

実績の盛り方と一緒です。

参考記事はコチラ⇒(ネットビジネスにおける実績の盛り方)

 

 

 

 

【内容】

 

 

商品内容を具体的に書いていきます。

 

 

ブレット形式で書いていきましょう

 

 

ブレットとは、箇条書きのことです。

 

 

例えば、5kg痩せる方法を売るとしたら

 

 

・たった5分の努力で700g痩せる方法!

・誰も知らない、ダイエットでやってはいけない20のコト!

・食べるだけで痩せていく食べ物7選

・30分の努力で一気に2kg痩せる、ランドクルーザー法!

 

 

このように、書き出していきます。

 

 

書く文章は全て、タイトルの付け方と同じです。

参考記事⇒(タイトルの付け方)

 

 

興味の出るもの、

具体的な数字などを織り込みながら

 

 

ブレット形式で

商品内容を載せていきましょう。

 

 

ブレット形式にすることで、

商品のボリュームを上げる効果があります。

 

 

挙げられるだけの要素を挙げていきましょう。

 

 

ここは読者さんが内容とボリュームを確認できる

唯一の部分なので、できるだけ多いほうがいいです。

 

 

 

 

【商品の受付期間】

 

 

忘れてはいけないのが、商品の受付期間です。

 

 

読者さんにはすぐに行動してもらいたいので、

商品には受付期間を設けます。

 

 

3日間のみの募集

という風に入れましょう。

 

 

また、すぐに行動してもらうために、

受付開始時間も宣言しておきます。

 

 

【先着購入特典】

 

 

商品を売るときに、

必ず必要なことが

『お客さんにいますぐ行動してもらう』

ということです。

 

 

プロダクトローンチは感情を高める技術です。

 

 

いくら優秀なコピーが書けても、

お客さんが商品を欲しいと思っても

 

 

ちょっとでも時間を空けてしまった場合

その感情は冷めて、

商品を欲しいとは思わなくなってしまいます。

 

 

だから、商品は公開したら

すぐに買ってもらう(行動してもらう)必要があります。

 

 

そのために入れる要素が

『先着購入特典』

です。

 

 

先着で購入されたお客さんには、

何か追加の特典をあげましょう。

 

 

この業界では、先着購入特典を

とても豪華にしている場合が多いです。

 

 

iPodをプレゼントしたり

書籍をプレゼントしたり

 

 

そうすることによって、

参加者がどんどん増えるからです。

 

 

迷っている人も、

その特典のおかげですぐに行動します。

 

 

先着購入特典を作って、

その要素を入れてあげましょう。

 

 

 

 

【リスク排除(リスクリバーサル)】

 

 

オファーまたはセールスレターで

最も重要な要素です。

 

 

リスクリバーサルについては、

別の記事で詳しく解説しているので、

そちらを熟読してください。

 

 

リスクリバーサルについて

 

 

読んでいただけましたか?

 

 

リスク排除を入れることで、

読者さんは安心して商品を購入することができます。

 

 

商品を購入する際に、

様々なブロックがかかります。

 

 

中身の見えない情報商材だとなおさらです。

 

 

「騙されたらどうしよう」

「お金が無駄になったらどうしよう」

「お金を払う価値はあるのか」

「この人を信用していいのか」

 

 

などなど、様々なフィルターがかかってしまいます。

 

 

そのブロックを全て排除するのが

「リスク排除」です。

 

 

最も効果的な方法として

『全額返金保証』

が挙げられます。

 

 

これは、販売者であるあなたも悩みどころだと思います。

 

 

全額返金保証は、なかなか入れるのは勇気がいりますよね。

 

 

でも、僕がいままで商品を販売してきて、

返金を受けたことは一度もありません。

 

 

さらにいうと、僕の知っている人で

返金をくらった人は1人もいません。

 

 

それくらい、返金というのは面倒くさい手続きが必要だし

販売者と争うことのほうがブロックが大きいからです。

 

 

あなたはいままで、商品を購入して

返品・返金をしたことが何回ありますか??

 

 

おそらく、ないと思います。

(商品によほどの欠陥・故障があった場合以外は)

 

 

おそらく、あなたから商品を買ってくれた人で

返金してくれと言ってくる人は、

天文学的な数値でしか現れないでしょう。

 

 

返金してくれと言われたら、返金するまでです。

 

 

どうせ原価0ですから。

 

 

全額返金保証を入れないことのデメリットのほうが大きすぎます。

 

 

全額返金保証は、入れることを強くオススメします。

 

 

 

 

【まとめ】

 

 

プロダクトローンチの7通目、

オファー・リスク排除についての解説は以上になります。

 

 

次回は、いよいよセールスレターの書き方になります。

 

 

これまでのローンチでほとんど勝負は決まってきます。

セールスレターは後押しに過ぎないです。

 

 

プロダクトローンチを作成する場合は

これまでのローンチの書き方をしっかりとおさらいして

 

 

成約率10%を超える最強のローンチを作ってください。

 

 

ありがとうございました。

 

 

ふっさん

 

 

ブログランキングに参加しています。
読んでくれた証拠にぽちっとクリックしてくれると喜びます!嬉しいです♪
  ↓↓↓

大学生 ブログランキングへ

メルマガはコチラ↓↓大学生 ネットビジネス

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大学の勉強もバイトの仕事もできなかった僕がビジネス飽和期に挑戦し、

月120万円を自動で稼げるようになった過程を今だけ無料で公開しています。


2年の歳月で得たスキルと100万円分の知識を、経験談と一緒にまとめてみました。

僕がやっているビジネスを無料で学べるので興味があればどうぞ。


人生を思い通りにデザインするメルマガʕ•̫͡•ʔ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓↓このページをシェアして、明日の会話のネタにしてくれたら嬉しいです↓↓