今日は、インバルブメント効果について解説していきたいと思います。

 

 

インバルブメント(involvement)とは、

『巻き込む』

という意味で

 

 

ネットビジネスにおいて

読者さんに行動を起こしてもらい、

商品の成約率を上げるためのテクニックです。

 

 

少し難しい概念ですが、

このテクニックをコピーライティングに盛り込むことで

成約率が数%上昇するといわれています。

 

 

成約率がちょっとでも上がるだけで、

月の売り上げが数十万円変わってきます。

 

 

読者が100人いたら5~6万円変わるし、

1000人いたら50万~60万変わります。

 

 【インバルブメント効果をわかりやすく解説】

 

一言で説明すると

 

 

インバルブメント=参加したものに人は愛着を覚える

 

 

です。

 

 

 

人間は、自分が参加したコミュニティや企画には、

愛着を覚えるようにできています。

 

 

この心理を利用したテクニックが

『インバルブメント効果』

です。

 

 

日々のメールマガジンやブログなどで、

読み手を無意識のうちに何かしらの企画に参加させます。

 

 

かなり高度な技になってきますが、

使いこなすだけで成約率が上がるので、使わないだけ損ですよね?

 

 

そんな難しいテクニックですが、

使い方があります。

 

 

①巻き込んだ前提で話をする

ex:玄関に鏡を置いたら運気が下がるという

話がありますけど、もう玄関から鏡を取り除きましたよね?

 

 

付加疑問文で話しかけるようにします。

 

 

~ですよね?

~したいからこのページを開いたんですよね?

 

 

このようにして書くことで、

読者は頭の中で無意識に『うん、うん』と

相槌を打っていきます。

 

 

すると最終的に

この商品を買いますよね?

と言われたら

『うん』

と答えてしまうのです。

 

 

 

②第三者にツッコミを入れる形で使う

 

 

例えば

 

『この商品は、7万円です。』

『高いと思いましたよね?でも、~~』

 

 

というように続けていきます。

 

 

読者さんの気持ちを先読みしていき、

ツッコミを入れていきます。

 

 

こうすることによって、

『そう、そう』

と、更に相槌を手に入れることができます。

 

 

 【まとめ】

 

以上で、インバルブメントの使い方の解説は終わりです。

 

 

テクニックは付け焼刃で使ってもあまり意味はありませんが、

セールスレターの流れや

ターゲットのリサーチをしっかりとしていると

 

 

爆発的に効果を発揮することがあります。

 

 

ターゲットの心理を汲み取って、

その上でインバルブメント効果を積極的にいきましょう。

 

 

成約率が1%でも上がっていただけたら嬉しいです。

 

 

ありがとうございました。

 

ふっさん

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は大学生の頃から月収で170万ほど稼いでいます

怪しいし、信じがたいし、
才能があったんじゃないかとも言われます。


でも、家庭環境は最悪だったし、
バイトでは仕事ができない人間だったし、
大学の成績も下から2番目の落ちこぼれでした。


そんな人間でも、ビジネスに出会って
ちょっとの間だけ真剣に取り組んでみたら
あっさりと人生逆転できました。


僕がいま使っているものでよければ
ビジネスの戦略をメルマガでお渡ししているので、
ぜひ楽しみながら読んでみてください。


〆特別ギフト付きメールストーリーを読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓↓このページをシェアして、明日の会話のネタにしてくれたら嬉しいです↓↓