今回は、Twitterでリストを取る方法を解説します。

 

2000万人規模のSNSであるTwitterで、

自由にリストを取ることができるようになれば

 

あなたのリスト取りマーケティングにも大きな拍車がかかると思います。

 

今回紹介するTwitterの方法は、

ネットビジネスの醍醐味である「自動化」からは程遠く、

「楽にいく」ようなものではありません。

 

これから紹介する方法はつらい単純作業の繰り返しですが、

誰でも簡単にできる非常に即効性の高いノウハウです。

 

これを実践するだけで1日100リストも可能です・・・(1日潰れますが)

 

まあ、3日潰しても300リスト。

100万円を稼ぐには十分な数なので、やってみるのもありかもしれません。

 

僕は1日10分ほどだけやって、1リストほど獲得しています笑

 

どれくらいやるかもあなたの自由なので、

このノウハウは知っておいて損はありません。

 

それでは、早速解説に移ります。

 

 

【Twitter空襲でリストガバガバ】

 

そのノウハウの名前は、「Twitter空襲」といいます。

 

たくさんの爆撃機(アカウント)

で大量の人に爆弾を落とすことから名づけられました。

 

もう察しの方もいると思いますが、

これはアカウントを20個以上作り、

ひたすらフォローするという手法です。

 

非常に地味で単純な作業ですが、

効果は抜群です。

 

試しに、3個ほどアカウントを作って

上限いっぱいにフォローしてみると・・・

 

500×3=1500

 

1500人の人にアプローチすることができます。

これだけでリストが5個くらい入ってきます。

(所要時間1時間)

 

さらに、これを1日3回行った場合

所要時間3時間で、15リスト入ってくる計算になります。

 

これを24時間やったら・・・

想像はつくと思いますが、多分倒れるのでやめておきましょう笑

 

 

このように、Twitter空襲を使えば

リストをすぐに増やすことができ、自分のビジネスを加速させることができます。

 

僕はアルバイトを雇って、Twitter空襲を行ったことがあります。

2フォローで1円という契約を結び、2000フォローさせれば大体1時間弱です。

 

2000フォローもさせれば10リスト以上入ってくるので、

1リストの単価が900(成約率7%の9800円の商品+バックエンド)

だったので、9000円ほど入ります。

 

バイト代1000円を払えば8000円ほど儲かる計算になりますね。

 

このようなこともできます。

周りでお金に困っている人がいたらやらせてみるのもひとつの手だと思います。

 

このように、単純作業でも大きなビジネス効果をもたらすことがありますので、

ぜひTwitter空襲を試してみてください。

 

今日はかなり有料級の情報を話しましたね。

 

でも、実践してはじめて有料級の情報になってきますので、

必ず実践してください。

 

ありがとうございました。

 

 

 

Amazonランキング1位の書籍を読めます


僕は大学生の頃から月収で500万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つの書籍にまとめてみました。

電子書籍は、Amazonランキングの
「起業家」カテゴリーで1位になれたので、
メルマガのなか限定でその書籍を公開しています。

ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

電子書籍「経済的自立を達成しよう」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が役に立つ!面白い!と思われたなら、
SNSかブログでシェアしていただけると喜びます。