ネットビジネスにおいて、

色々なコンテンツを発信していきますが

 

 

ブログ記事

メールマガジン

プレゼント

商品

Etc…

 

 

その際、コンテンツ毎に

『タイトル』

というものを付けます。

 

 

このタイトルですが、実は

収益を決める最も重要な要素の一つとして捉えることができます。

 

 

このタイトルの付け方を正しく変えることによって、

読者さんの数は数倍に上がり、

その結果売り上げも2~3倍に上がります。

 

 

しかしコンテンツに意識しすぎて

タイトル付けをおろそかにしてしまった場合

 

 

誰からも開かれない

誰からも興味を持ってもらえない

 

 

そんなメルマガ、ブログができあがってしまいます。

 

 

タイトルは、いわば

『読者さんにコンテンツを開いてもらうための入り口』

であり、

『コンテンツの必須条件』

です。 

 

 

 絶対にやってはいけないタイトルの付け方

 

このタイトルの付け方ですが、

多くの人が勘違いしてやってしまうのが

『単なる記事の要約』

になってしまうことです。

 

 

これは気をつけないと本当にやってしまうことで

 

 

タイトルを単なる記事の要約にしてしまった場合、

どうしても浅はかな内容に見えてしまいます。

 

 

例えば、その場で100円を買う方法をまとめた

記事の場合、タイトルは

『100円をその場で稼ぐ方法!』

と付けてしまうと思います。

 

 

それを

『爪を切ることよりあっという間の作業でチキンクリスプを食べる方法』

に変えてみたらどうでしょうか?

 

 

かなり好奇心を刺激されて

記事を開いてもらえると思います。

 

 

タイトルを記事の要約にしてしまった場合、

インパクトがなくなってしまいます。

それぞれ入れるべき『要素』というものがあります。

 

 読者さんにコンテンツを100%開いてもらえる4つの要素

 

この要素をまんべんなく入れるだけで、

まだ会ったことのない読者さんを

あなたのコンテンツへと強制的に引き込むことができます。

 

 

メルマガの開封率を100%にすることだって可能だし、

Google検索からその文字を見ただけであなたのブログに入ってくるようになります。

 

 

入れるべき要素は4つあります。

 

 

・興味性

・具体性

・反社会性

・ベネフィット

 

 

それぞれ見ていきましょう。

 

 

 

 

【興味性】

 

興味性とは、

読み手の興味を引きつける言葉です。

 

 

例えば

『○○法』

 

 

と書くだけで、○○が気になってクリックされるし

 

 

『シマエナガ法』

 

 

と言われるだけで、シマエナガの単語が気になります。

 

 

ここには、興味が沸くような言葉や

欠陥言葉を入れてあげるといいです。

 

 

 

 

【具体性】

 

 

具体性とは、具体的な事例

統計的な数字を入れることです。

 

 

例えば

『98.2%の女性が平均して2.5kg以上痩せたダイエット法』

 

 

という風に書くと、

かなり説得力のある方法に見えてきます。

 

 

日数や成功数、

成功事例、などを入れていきましょう。

 

 

 

 

【反社会性】

 

反社会性とは、

読み手の興味を極端まで引きつける言葉です。

 

 

『食べるほど痩せるダイエット法』

 

 

と言われたら、『??』となりますよね。

 

 

普通、食べれば食べるほど太っていくはずなのに、

食べるほど痩せていくダイエット法ってなんなんだろう・・・

 

 

と、読者さんは気になりクリックします。

 

 

メチャクチャなことを言ってはいけませんが、

それでもある程度は面白いことを入れたほうがいいです。

 

 

『いままで一度も公開されていなかった~』

『誰も知らない~』

 

 

こういった言葉も、反社会性になります。

 

 

興味性ともリンクすることで、

クリック率が大きく変わってくるので

この要素は必ず入れていきましょう。

 

 

 

 

【ベネフィット】

 

 

ベネフィットとは、

読み手がその記事を読むことで手に入る未来

のことです。

 

 

痩せることを目標にしている女性は、

彼氏を作ることを夢見ているし

ビーチでビキニを着ることを考えているかもしれません。

 

 

読んでほしい読者さんが、

何を欲しがって自分の記事を読んでくれるのか

そこまで想像しながら、タイトルに組み入れていきましょう。

 

 

例えば

『ビーチで披露できる身体を手に入れるためのダイエット法』

『月100万を自動的に手に入れて、A5ランクの飛騨牛をドカ食いしちゃいましょう』

 

 

などなど。

 

 

ベネフィットを入れることで、

読み手はワクワクしながら記事を開いてくれます

 

 

 

 

【まとめ】

 

 

タイトルには、4つの要素を入れましょう。

・興味性

・具体性

・反社会性

・ベネフィット

 

 

1つだけでも入れると

効果抜群ですが、

4つ入れたら最高のタイトルになります。

 

 

誰にでも開いてもらえるようになるし、

ワクワクしながら開いてもらえます。

 

 

収益を決める最も大切な要素なので

どのタイトルにも、これらの要素を

入れていきましょう。

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は大学生の頃から月収で170万ほど稼いでいます

怪しいし、信じがたいし、
才能があったんじゃないかとも言われます。


でも、家庭環境は最悪だったし、
バイトでは仕事ができない人間だったし、
大学の成績も下から2番目の落ちこぼれでした。


そんな人間でも、ビジネスに出会って
ちょっとの間だけ真剣に取り組んでみたら
あっさりと人生逆転できました。


僕がいま使っているものでよければ
ビジネスの戦略をメルマガでお渡ししているので、
ぜひ楽しみながら読んでみてください。


〆特別ギフト付きメールストーリーを読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
↓↓このページをシェアして、明日の会話のネタにしてくれたら嬉しいです↓↓